| ホーム |
■冨樫義博/HUNTER×HUNTER(24)
男爵・お買い物 本 | 2007/10/05 00:56

世の中には、この目で実際見ないと信じられないようなことが、いっぱいあるんだ。

(『ふしぎな海のナディア』第32話より)

わたしは、幽霊は信じない。だが、小説より奇なる事実は、確かに存在する……らしい。
(『エル・カザド』第18話より)

そんなに知りたいなら教えてやるわ。でもお前は信じない。きっとわたしがおかしなことを言っているとしか…。
(『電脳コイル』第16話より)


わたしはまだ、信じていない。
冨樫義博/HUNTER×HUNTER(24)
はたして、「1年半待ってた甲斐があった!!」のか、それとも「1年半待ったのにこの程度かよ!!」ということになるのか……。

■参照:HUNTER×HUNTER 休載リスト ~hunter.noihjp.com~

冨樫義博/HUNTER×HUNTER(24) 冨樫義博/HUNTER×HUNTER(24)
連載再開。
この24巻は休載前13話を全て収録!そしてバトルの続きはWJ45号から!!



編集部、完全に開き直りました。

連載再開とか、休載とか、一番悪いのはまあアレですけどおいといて、編集側の力が足りてない面だってあったはず…。いままで職務をはたしていなかったのに、よくもまあこんなアオリをかけたものです。……いや、同情の余地はありまくりですが!


まあ、休載せずに毎週載ってるほうがいいかというと、そうとは限らないのがあるんじゃないかなぁ…。

ほら、あの○○○○編が終わったあとに、しばらく休みをとって話ちゃんと考えてりゃ、今あんなグダグダにならずにすんだ気がする、そんな作品に心当たりはありませんか…。

タグ:HUNTER×HUNTER ナディア エル・カザド 電脳コイル | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
<ジャンル:アニメ・コミック / テーマ:ハンター
■エル・カザド オリジナル・サウンドトラック2
男爵・お買い物 音'07 | 2007/10/04 23:38
夏だってのにアツアツすぎです! そんなに熱量を上げても、よろこぶのはマクスウェルの悪魔さんだけですよー!
エル・カザド オリジナル・サウンドトラック2
ギガンティック・フォーミュラ、アイドルマスターXENOGLOSSIA、電脳コイルと並ぶ、'07春・盗撮アニメの四天王の一角、『エル・カザド EL CAZADOR DE LA BRUJA』のサウンドトラック第2弾。

このサウンドトラック一番の目玉は、オリジナル・サウンドトラック1に収録されていた「el cazador」の日本語ヴァージョン、「cazador del amor」である。この曲、それまで本編でまったく流れてなかったに、いきなりこのサントラCDのCMで流れてびっくりした。…いつになったら使われるのかと思っていたが…。

てなわけで、「cazador del amor」を聴きまくっているわけですが、「el cazador」を聴きまくっていた時間が長かったせいか、そっちの歌詞が染み付いてしまっている。

アァレスタァナー イメンテイソレキィタァ~ アソレミトォレェ~ イメンテアキィタァ~~

テレビ東京アニメーション『エル・カザド』オリジナルサウンドトラック 2/ アニメサントラ (音楽: 梶浦由記)

タグ:エル・カザド savage_genius FictionJunction XENOGLOSSIA ギガンティック 電脳コイル | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
■エル・カザド オリジナル・サウンドトラック1
男爵・お買い物 音'07 | 2007/08/09 23:50
ギガンティック・フォーミュラ、アイドルマスターXENOGLOSSIAと並ぶ、'07春・盗撮アニメの一角、『エル・カザド EL CAZADOR DE LA BRUJA』のサウンドトラック。
エル・カザド オリジナル・サウンドトラック1
ほかの盗撮アニメと決定的に違うのは、どうみても犯罪!完全にアウト!!ということでしょうか。ギガンティックのは国家命令&軍事作戦で仕方なく…だし、アイドルのは(事後とはいえ)本人に容認されています。

ところがエル・カザドの変態ストーカーくんはモノホンです。真性の盗撮魔です。大っ嫌いといわれようが、もう視るのはやめてといわれようが、まったく聞き耳持ちません。なにせこいつは、オープニングから撮る気まんまん。ナレーションでまで注意が必要だ(18話)と言われる始末。ストーカーキャラ選手権でもあったら、優勝しそうなくらいの活躍ぶりです。

さて、盗撮トークはこれくらいにして、このサウンドトラック一番の目玉は、バトルシーンのテーマ、その名も「el cazador」が収録されていること。

個人的には、MADLAXのヤンマーニよりも好きだ。非常に残念ながら歌詞が載っていないのだが、きっとDAMならやってくれる!?

タグ:エル・カザド FictionJunction XENOGLOSSIA ギガンティック ヴァイオリン | コメント(0) | Trackback(1) | pagetop↑
■残酷よ希望となれ
男爵・お買い物 音'07 | 2007/08/08 23:55
エル・カザド、ギガンティック・フォーミュラと並ぶ、'07春・盗撮アニメの一角、『アイドルマスターXENOGLOSSIA』の2ndオープニングテーマ。
残酷よ希望となれ
ほかの盗撮アニメと決定的に違うのは、被害者が盗撮されて喜んでいるという点です。なお、その盗撮されて喜ぶ少女が主人公です。

1stオープニングテーマの「微熱S.O.S!!」は、一部の隙も無いオープニングアニメーションともあいまって、このアイドルロボットアニメ・アイドルマスターにはこの歌しか考えられない!といっていいほどの絶対無敵ソングでした。

だがしかし、中盤にかけての展開は、盗まれた過去を探し続けて悪夢がよみがえり(わたしだけのものです…!)、砕かれた夢を拾い集め地獄を見る(あれから家にも戻っていないわ。おそらく、もう二度と…)という、ハードな展開に。

そんな脇役たちを尻目に、主人公だけは無邪気に戦いつづけ&盗撮されつづけ、「笑顔で勝つけど 笑顔はほんとに正しいの?」という状態でも、「微熱S.O.S!!」は流れつづけました。

しかし、15話のラストで主人公の笑顔に決定的な影が指します。自分だけを撮影してくれていると思っていた盗撮魔が、実は他の女も撮っていた…!
その重大な局面の変化によって、オープニングも変わります。16話…17話…着実に破滅に近づいていくストーリにあわせるように、この新オープニングが登場するのです。
そう、盗撮こそが、このアニメのストーリーの流れを左右しているのです。盗撮がターニングポイントになってオープニングが変わるアニメなんて、前代未聞です。

このまま、残酷な天使のように神話になってしまうのか。それとも、やっぱ笑顔が正しいのか…。個人的には、最終回で「微熱S.O.S!!」が流れるラストを期待しています。

▼参考記事
TVアニメ『アイドルマスターXENOGLOSSIA』キャラクターソングアルバムの全貌を発表!!

タグ:XENOGLOSSIA エル・カザド ギガンティック | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
<ジャンル:アニメ・コミック / テーマ:アイドルマスター XENOGLOSSIA
■エル・カザド 第14話「メイプルリーフ」にて、引用された言葉のまとめ
男爵・アニメモ | 2007/07/11 23:59
ただでさえわかりにくいアニメなので、メモメモしておく(Wikipediaへのリンクつき)。これらの言葉がカットインされた意図は、まだいまいちわからないが、きっと、後になったらわかるに違いない。多分。おそらく。

『人間の運命は
  人間の手中にある』
   ジャン・ポール・サルトル

『時間は存在しない。
  存在するのは瞬間だけである』
   レーヴ・ニコラエヴィチ・トルストイ

『人は、障害に向き合った時、
  自らを発見する』
   アントローヌ・サン・テグジュペリ

『愛情にはひとつの法則しかない。
  それは愛する人を幸福にすることだ』
   マリ・アンリ・ベール(スタンダール)

『人生は複雑ではない。私達の方が複雑だ。
  人生は単純で、単純であることが正しいことなのだ』
   オスカー・ワイルド

タグ:エル・カザド | コメント(0) | Trackback(1) | pagetop↑
■光の行方
男爵・お買い物 音'07 | 2007/05/16 22:04
『エル・カザド』オープニングテーマ。「人の手によって創られた生命」とかいうセリフも出てくるから、ロボット関係なくもない。
彼女の能力は今もって、未知数。 遺言があったらどうぞ。
(オープニング初見の印象)曲も絵も、めっちゃMADLAXなのに、歌ってるのが FictionJunctionのYUUKAではないぞ……誰だ??どっかで聞いたことがあるのに~~……うおおお、savage geniusだとお?!

今期の新曲、第一の本命。「光の行方」と「gravitation」が、個人的にツートップなのだが、ヴァイオリンによるボーナス加点、OPアニメの出来を踏まえると、こちらが一歩上とか、そんな気分。あと、発売が一週間おそくて、待ちきれない感とかも。

あまりに待ちきれずに、TVサイズのをプレーヤーに入れて聞いていたんだってば!

ヴォーカルとキーボードで始まるのがTVサイズ。それに対してノーマルサイズでは、コーラスにドラムが、そしてヴァイオリンが重なってくる前奏でスタート。

もうなんか素直にカッコイイ。とくにヴァイオリンとドラムが~~。個人的なsavage geniusベスト1は、これまで「Forever...」だったのだが(次点で「祈りの詩」と「いつか溶ける涙」)、それを超える可能性大。

▼参考
マクスウェルの悪魔 - Wikipedia
男爵メモ 2007年春の新番組チェックその2
男爵お買い物 風の結晶
男爵ベスト2005中編

タグ:savage_genius FictionJunction エル・カザド MADLAX ヴァイオリン | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
<ジャンル:アニメ・コミック / テーマ:エル・カザド
■romanesque
男爵・お買い物 音'07 | 2007/04/25 02:00
もっと正直言うと本命はオープニングのほう
エル・カザドのエンディングテーマ。独特な雰囲気にめちゃくちゃマッチしている。気がする。

正直いうと、あのステキ挿入歌をカップリングでいれてほしかった!(MADLAXのときみたいに)

タグ:FictionJunction エル・カザド | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
■2007年春の新番組チェックその2
男爵・アニメモ | 2007/04/09 00:57
その1の続き。日曜深夜から火曜夕方まで。


■ヒロイック・エイジ
地球は狙われている!
えっとどっちがキスダムで、どっちがヒロイックエイジだっけ? もっと、イメージしやすいタイトルつけて…。

オレの見分け方
日曜深夜でangelaで宇宙船で、どっかの惑星でキモチわるい生物が大量発生するほうが「ヒロイック・エイジ」。
火曜深夜でTWO-MIXで難破船で、地球でキモチわるい生物が大量発生するほうが「キスダム」。


■瀬戸の花嫁
セト違い
ふはははー スゴいぞー!カッコいいぞー!「にんぎょ」の語呂合わせから、ひとつの作品までふくらませたのはスゴいぞー! ガンガンウイング…?
乾かせば足になる…濡れると尾びれに…人魚の武器は超音波…って、そんなぶりっこ人魚設定、いつものまに世間的にスタンダードになったんだよ!


■エル・カザド
神秘の世界
MADLAXが帰ってきたよー。FictionJunction YUUKAが再び音楽担当、さらにsavage geniusがOP主題歌を!(はやくシムーンのゲームの歌でないかな)──音楽的には申し分ない。といっても、どうみてもロボでてこなさそうだし、女が拳銃うつなんて昨今のアニメでありふれた部分はプラスにもマイナスにもならないので、SFチックな部分に期待ですー。


■美少女戦麗舞パンシャーヌ

話題の特撮ドラマ。なぜこの時間帯に?! このあとはD-Grey.manって無理あるよその流れ!

いやあ、目が放せない作品ではあるんだけど、、、正直守備範囲外なんじゃーーー。いや、セレブナイトとか出てくるDVD買っちゃった私が言うのもなんだけど!


その3につづく…

タグ:番組チェック ヒロイック・エイジ キスダム angela savage_genius エル・カザド FictionJunction 瀬戸の花嫁 MADLAX | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
<ジャンル:アニメ・コミック / テーマ:今期スタートの新作アニメ
| ホーム |