| ホーム |
■毎週なるべくリアルタイムで見たほうがいいアニメとか
男爵・アニメモ | 2009/06/19 23:57
4月くらいに書いたんだけど、イマイチまとまらなかった草稿をいまさら処分してみるの巻。


■こんなアニメは、毎週なるべくリアルタイムで見たほうがいい!

(1) 話題のアニメ。飲み会とかで話題になるから。……マクロスFとか。いまだとけいおん!かなぁ。

(2) 1話完結の日常アニメ。とくに1年もの。パターンものをまとめて見るのはちょっとキツイから定期的にみとこうぜ。

(3) ネタバレ要注意の次回がワクワクドキドキなアニメ。……コードギアスとか

(4) 毎回もりだくさんの内容。濃い。こんなもんまとめてみたらすぐお腹いっぱいになる。……グレンラガンとか

(5) まとめて見るなんてもったいない! 毎回2,3回はみちゃう! 次週が待ちきれないだけで 生 き る 理 由 になるレベル。……電脳コイルとかefとか。


逆に、まとめてみたほうがいいアニメというと、

・設定がめんどくさい。
・伏線が多すぎる。
・登場人物が多い。忘れたころにでてくる登場人物。
・同時期に似たようなア二メがやっててなんか混ざる。
→こんな面倒なのみてる場合じゃない!

ぶっちゃけヒロイックエイジみたいなやつ。……まとめてみたら良作だと思う。

まあ理想は、両方の観方をしても大丈夫なアニメだけど。リアルタイムで観てよし! そのあとまとめて見てよし! むしろ再発見が! とかそういうの。個人的にはXENOGLOSSIAとかバッカーノ。



……何? まとめて見ないと続きが気になるから嫌……?

そ こ が い い ん じ ゃ な い か。

ここでおわりかー!次どーなるんだー!っていうワクワク感を抱えながら予想して想像して妄想して痛くて熱くて苦しくて悲しくて辛くて待ちきれなくてまた見返して、作品との一体感を感じて過ごすその1週間の待ち遠しさが!

タグ:電脳コイル ef コードギアス グレンラガン | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
<ジャンル:アニメ・コミック / テーマ:アニメ
■螺厳篇1回目
男爵・アニメモ | 2009/04/29 23:48
螺厳篇
先週土曜土曜公開当日、休日出社でカラオケいけなかったので、帰りにグレンラガンみてきたんですよ。

まとめて観るもんじゃないわ、グレンラガン。つかれる。前半から集中しすぎると身が持たない。ちょっと風邪気味だったこともあり、螺旋力を吸い取られまくりました。

体調のいいときに観に行ったほうがいいです。ほんとに。


以下、ネタバレ感想。
▽続きを読む

タグ:グレンラガン | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
■続く世界
男爵・お買い物 音'08 | 2008/09/16 23:20
こんな十倍返しは反則である。また謀ったなmegrock!

続く世界

『天元突破グレンラガン』の放映終了から1年。その間、再放送もDVDやムック本が発売されそれなりに展開したものの、そのまま新しいアニメの陰に消えてゆくのか、あれほどの作品にもかかわらず、と虚しさにも似た寂しい思いを抱えながら「空色デイズ」「happily ever after」をカラオケで歌ってきたのである。

そんなとき「紅蓮篇」としてグレンラガンは帰ってきた。それは期待以上の待ち遠しいものに違いなかった。そう、グレンラガンはよみがえったのだ、“この痛みも、その温もりも”いっしょに。

そんな状態でこんな歌聞かされたら、そりゃあ突き刺さりまくりますよ? 心に! ドリルのように! ……理屈じゃねぇんだよなぁ。「紅蓮篇」を見たから「続く世界」が心に沁みる。「続く世界」を聴いたから「紅蓮篇」が心に残る。それがつまり、主題歌なんだよ。

映画本編での使われ方にはやはり不満が残るが、どちらかというとダイジェストな予告篇でこそ生きる歌なのかもしれない。

タグ:megrock グレンラガン | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
■劇場版 天元突破グレンラガン 紅蓮篇
男爵・アニメモ | 2008/09/13 20:29
劇場版 天元突破グレンラガン 紅蓮篇

男の朝はグレンラガンで始まる――

思いつきだけのフレーズで書き始めてしまってすごく反省しているが、今日は早起きしてグレンラガン観てきた。アニキ! お帰りなさい!(号泣)

イデとかトップとかエヴァとか「総集篇劇場版」はいろいろ見てきたけど、こんな強引にまとめやがったのは初めてだ!! 4~6話あたりはまあそうなるよなって感じだったけど、後半は……! とにかく期待以上すぎる。ああ、たしかに十倍返しみせてもらったぞ!!

というか、濃すぎるアバンだけでお腹いっぱいなんですけど!! でもアークは? アークはどうしたの!? なんか後半出番があるのか心配だ……。それと、あとあとロシウがただの嫌なヤツになっちゃうような? うん、多分今回一番割り食ったのはロシウ。まあ、トップ2のチコほどじゃないけど。といってもどうせ活躍するのは後だし、ロシウの背景についてそのときはフォローした方がいいのか。なにせ「螺巌篇」は来年公開(予定)なのだから!!

タグ:グレンラガン | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
■天の光はすべて星とか
男爵・アニメモ | 2008/08/22 23:48
(昨日のmixi日記より転載)
グレン団活動報告:「天の光はすべて星」復刊されますよ!

SF小説の話ね。グレンラガン最終回サブタイトルの、元ネタ小説が復刊されるんだって。あれ、読んではみたかったのですが、放映直後から古本の値段が上がり始め、放映前1500円→放映日3000円→翌週4000円……と、そこまで手を出したくないことになっていましたので、1年ほど復刊を待っていました。

GAINAXアニメ最終回のサブタイトルは、SF小説のタイトルが元ネタになっているのは――


星を継ぐもの 小松左京「果てしなき流れの果に」 テッド・チャン「あなたの人生の物語」

例)
ナディア:J・P・ホーガン「星を継ぐもの」
トップ1:小松左京「果てしなき流れの果に」
ゲリオン:ハーラン・エリスン「世界の中心で愛を叫んだけもの」
トップ2:テッド・チャン「あなたの人生の物語」


――ある程度有名な話ですが、アニメが面白かったからといって、その小説が面白いかというと別問題。例えば「星を継ぐもの」は内容的にもナディアに関係が深いし(むしろマクロスとかぶってる)かなりお気に入りなのですが、他のはちょっとイマイチ。「世界の中心で~」はあまり印象にないけど好きじゃなかった。「わたしの人生の物語」あたりは初見じゃよくわからなかったから再読してみようとか。さて「天の光は全て星」は果たしてどうかしら……?

ちなみに、GAINAXアニメに限ったことではなく、グラヴィオンの「重力が衰えるとき」とかSF小説から持ってきてるのはいろいろあるけど、すぐには思いつかないし、そもそもそんな詳しくないからこれ以上広げないようにしよう。

それにしても、「成恵の世界」の元ネタが「非(ナル)Aの世界」だって聞いた時にはびっくりしたなあ……。気づかないもんですね。

タグ:グレンラガン GAINAX Hogan | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
■別冊付き 電撃コミックガオ発売10月号
男爵・お買い物 本 | 2007/09/11 23:59

森小太郎先生が描くコミック版『天元突破グレンラガン』が掲載中の月刊電撃コミックガオ!10月号に「グレンラガン」の別冊が付いてくる!
その名も「天元突破グレンラガン プレミアムブック別冊付録たぁナマイキな!!」

地上世界を賭けて螺旋王と戦った第1・2部をクローズアップし、第15話までのストーリーダイジェストや、第1部のクライマックス「第8話 あばよ、ダチ公」のアフレコ台本を収録!
そして、コミック版を連載中の森小太郎先生ほか豪華ゲスト作家まだらさい先生、光崎瑠衣先生、有子瑶一先生、佐藤ショウジ先生ら4名によるイラストアンソロジーを収録!

「天元突破グレンラガン」グレン団メールマガジン VOL.26[2007.9.1]より引用



てなわけで買ってきた。
別冊付き 電撃コミックガオ発売10月号 天元突破グレンラガン プレミアムブック別冊付録たぁナマイキな!!
すごく重かったです。物理的な意味で。

タグ:グレンラガン | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
■天元突破グレンラガン[基礎工事編]BASIC DRILL
男爵・お買い物 本 | 2007/08/22 01:11
これがッ!基本の工法すべてが集約されているという幻の秘伝の書だ!!!
天元突破グレンラガン[基礎工事編]BASIC DRILL
厚い!!!なんという厚さ! 前半15話分で250ページを越える分量! 今までこんなアニメムックがあっただろうか!? ゲッターロボ大全だって230ページくらいだったぞ!

メインの内容は、グレンラガンの世界を詰め込んだ「第1章 キーワード・ドリル」(カラー30ページ!)、1~15話を解説しまくる「第2章 ストーリー・ドリル」(カラー60ページ!!)、設定資料を詰め込んだ「第3章 メイキング・ドリル」(モノクロ80ページ!!!)の三章だて。

各章の合間の「Drill Talk Session」も興味深い。


■Drill Talk Session#1 今石洋之×鶴巻和哉
グレンラガンの監督と、トップ2!の監督の対談ッ!!

(P054より)
今石 僕はずっとロボットものになっていないロボットものの作品がすごい嫌いだったんですよ。「これってロボットが出なくてもできたんじゃないの?」っていう疑問が湧いちゃう時点で、「もったいないな」と思うし。「ロボットがいなきゃこのストーリーは存在しなかった」っていう形にしないとダメだ、っていううのは最初の大テーマとしてあったんです。ただ、それをいくら言葉で言ってもダメなんですよ。


ロボフェチの私としては、気になるのはやはりこの部分。そうなんですよ! 私がいくらロボ好きでも、ただロボでてくりゃ観るってもんじゃないんですよ!

そうそう、島本ファンとしては、なんか嬉しいような、でもちょっとひっかかる発言が(笑)。

(P056より、カミナのアニキについて)
今石 僕のなかではもうちょっと島本和彦テイストだったんですよ。
鶴巻 空回りするやつ?
今石 そう、空回りしてる。けどカッコいい。「ダメだけどいい!」っていう。それが中島さんのほうで男度3倍増しにぐらいになったんだと思いますね。


なお、今石監督プロフィールにメダロット(絵コンテ、演出、作画監督、原画)とあったので、探してみた。
メダロットDVD(3)
……なかなか見つからないと思ったら、原画は第01話、[絵コンテ、演出、作画監督]って第14話だけじゃないか!(参考:作画@wiki - メダロット

……ん、14話?──って忍者屋敷の話じゃないか!!!
メダロット14話「忍びが通る」
ううむ、納得だ。この回のアクションのはじけっぷり、当時見ていた人なら「あの話か!」と思い出すだろう!(※個人的にはこの14話が、当時メダロットのDVDを買ったきっかけのひとつだったりします。)


■Drill Talk Session#2 中島かずき×榎戸洋司
グレンラガンのシリーズ構成と、トップ2!の脚本の人。なんか、最初の1ページちょい丸々ゲッタートークなんですけど!

(P132より)
榎戸 冒頭シーンがいいですよね! あの尋常じゃないゲッター線の多さが!(中略)
中島 もしかして、榎戸さんもゲッター者ですか?
榎戸 はい(笑)。


わたしもわたしも~~。


■Drill Talk Session#3 錦織敦史×貞本義行
グレンラガンとトップ2!のキャラクターデザインの対談。この組み合わせで気になったのは、やはり最初見たときからあのキャラ意識してるとみんな思ったであろう(笑)、カミナのデザインについて。

(236ページより)
錦織 悪い=不良なだけだとキャラクターとして魅力がないので、そこにちょっとミスマッチなタレ目と下まつ毛を入れよう、と。で、俺の引き出しでいくと、サンソンになっちゃうんですが(笑)
貞本 あはは(笑)。
錦織 もう、わかった上であえてやってるんですけど(笑)。むしろ、いわれたら光栄だな、くらいで。




■Drill Interview 天元突破グレンラガン メカニックデザイン 吉成曜インタビュー

あー!なんかこの雰囲気観たことあるー(←ほんとか?)と思ってたら、、、「忘却の旋律」の人なのか! グレンの頭頂部とかそれっぽい!?

■天元突破グレンラガン ディクショナリー Ver.1.1
最後の最後に来て、まだこんな隠し玉が!
ほかと比べると、その厚さが薄く見えるが、9ページにわたってびっしり情報が詰まっている。そうか、あのキャラの名前はそんなとこからきてたのか!!

そして、この本の最後を飾るのは…

■第八話 絵コンテ完全収録

絵コンテ用語解説もついていて、便利。でも、縮小のために細かい指示はほとんど読めませんけど!


アニメも本気なら、ムック本も本気だ! DSのゲームのほうはどうなのかな?

とりあえず、この基礎工事編を片手に、DVDをもう一度観るぞ!!

タグ:グレンラガン 島本和彦 アニメ本 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
<ジャンル:アニメ・コミック / テーマ:天元突破グレンラガン
■15話までのグレンラガンは、ゲッターロボでいうとGまで、最後はアークまでいく
男爵・アニメモ | 2007/07/18 01:00
Vol.4のコードギアス30ページ特集に続き、「オトナアニメVol.5」では、『天元突破グレンラガン』の30ページ大特集が組まれています。

その中の「シリーズ構成・脚本 中島かずきINTERVIEW」では、前半15話までの急展開について、以下のように語られていますが…。

後ろが詰まっていて、そんな悠長なことやってられないから!(中略)●●●は、『ゲッターロボG』のブライ帝王くらいの敵。最後は『ゲッターロボ アーク』までいきますから(笑)。



「ゲッターロボ アーク」と聞いて、期待より不安の方が大きいのは、私だけではないはずです。それにしても、「G」ってことは、まだ1/3ってことじゃないですか!?

つまり、こういう↓ことになるんですが。

まあ、「無理を通して、道理を蹴っ飛ばすんだよ!!それが俺たち、グレン団のやりかただろうが!(01話より)」と、カミナのアニキもいってますし…。

すごくよくわかりました。確かに、後ろ詰まりすぎです。

単純に考えて、これまでの密度のさらに倍でやらないと、てんで終わらないということですね!

…無理だろ。

と、誰もが思いそうですが、みなさん落ち着いてください。大丈夫です。

なぜなら、シモンのドリルは、天を突くドリルなのですから!(14話より)


(2007.07.22追記)

17話を観た。詰まりすぎだ! 普通のアニメの4話とか5話分は詰まってるぞ! 

「大丈夫ですか!ペース配分考えて!」「バカかあいつら!はやくやめさせろ!」(14話より)とかいいたくなるが、ほんとうにこのままいくというのか!?

…よし決めた!やっぱDVD買おう。

タグ:グレンラガン ゲッター GAINAX 番組チェック | コメント(0) | Trackback(1) | pagetop↑
<ジャンル:アニメ・コミック / テーマ:天元突破グレンラガン
■空色デイズ
男爵・お買い物 音'07 | 2007/06/27 23:58
最初はなんてことない、いつものGAINAXアニメのオープニングだなあ、という印象だった。

空色デイズ

だが、失った「かけがえのないもの」の大きさを実感・痛感していく9話、10話、11話……そして13話。それは空色デイズの2番の歌詞へとシンクロしていく──「その背中だけ追いかけて…」「あの日くれた言葉がいまでも…」──この歌の向こうには見える、あの男の背中が!!!

ソルティさんのオープニング以来、久々に見かけたと思ったら、、、meg rock貴様!はかったな!


そしてカップリングは、11話(8時51分くらいから)の挿入歌「happy ever after」。


脳内再生の準備はいいか!

最初に30年パンチを打っておけばよかった!!

さあ、みんなで叫べ、

涙の 30年パンチ 必殺!ギガ ドリル ブレイク!!!

タグ:グレンラガン megrock 島本和彦 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
<ジャンル:アニメ・コミック / テーマ:天元突破グレンラガン
■2007年春の新番組チェックその1
男爵・アニメモ | 2007/04/08 18:08
注目アーティスト揃い踏み!な4月新番組。ロボ多すぎ、コメディは期待薄(マイメロ以外)。守備範囲外のアニメでも、主題歌くらいはチェックするために、出来る限り見てみたよー。鬼太郎は別にいいや。

まずは日曜朝から。

■古代王者 恐竜キング Dキッズアドベンチャー
牙舞さまって呼ぼう。
春新番組ではないが、2月という中途半端な時期に始まったので、ついでにメモっておく。ゾロリの後番組らしい。カードが恐竜のムシキング。
オープニングテーマ『小さな僕らの大きなハート』がカッコイイ、、.6月発売予定?!待ちきれん! あと、絶対音感獣医マンガにでてきそうな、ちっちゃいトリケラの名前はガブ。


■天元突破グレンラガン
まだ4クール目見てない牙の後番組のロボットアニメ。ドリルでルンルン。
サンソンとかいうな。
1話とはいえ、他のアニメと比べてレベルが違いすぎるッ!! しかし資金は持つのか? 途中で総集編とか「島編」とかいれて、エネルギーを集中させるのか? あんなクオリティ、他のアニメ会社はついていかないぞ!
あと「グレンラガン」って10回いってみるよろし。言いづらいぞ!

───え、言えちゃいましたか、では「グレンラガン・グランガラン・グランバガン・アバデデグリマデ」って10回。。。

■おねがいマイメロディ すっきり♪
間違いなく今年も消滅の危機がおとずれるでしょう。
いきなり裁判。しょっぱなから前シリーズでの事件の責任を問うなんて、今年もやる気です。だからって2年連続で裁判スタート、、、大丈夫なのかあの国は。10分枠ですっきりになっても期待大。2話ではマイメロ臨死体験。早いよ。
なお、おまけの「ロビーとケロビー」はなんかロボットアニメでした。


■ハヤテのごとく!
どこへいくのかGARNET CROW
ようやく終わったメルへブンの後番組。オープニングテーマのタイトルも「ハヤテのごとく!」ちなみにKOTOKO。
えっと、原作読んでてそんなに好きでも嫌いでもないけど、▽□□▼■よりは好きだな。第一、×××××に比べりゃだんぜん面白カッコイイぜ!
半年ほど前はジャンプアニメがべらぼうにあったが、サンデーからのアニメ化も実は結構多い。あまり興味ないけど。


その2につづく…

タグ:番組チェック ICHIKO グレンラガン GAINAX マイメロ KOTOKO | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
<ジャンル:アニメ・コミック / テーマ:おねがいマイメロディ
| ホーム |