| ホーム |
■男爵のアニメ人生におけるゼーガペインの重要性
男爵・アニメモ | 2010/09/09 23:33
 ゼーガペイン ビジュアルファンブック
 実を言えば。ゼーガペインという作品それ単体での評価となると、私の中では最高!ってほどではない。2000年代全体でベスト20に入るかどうかくらい、というところだ。

 だが、後々の男爵のアニメ人生における影響を考えると、その重要さたるや計り知れないものがある。

■仮想世界もの
 ヴァーチャル世界を扱った作品は、山のようにある。異世界モノのバリエーションとして、デジタルの世界に入り込む程度の話ならいくらでもあるだろう。
 その中で私にとって重要なチェックポイントとなったのは、夕方アニメにしてはハードSFすぎる『恐竜惑星』『ジーンダイバー』、社会との密着スタイルを極めた『ロックマンエグゼ』、そしてこの『ゼーガペイン』での大いなる痛みを経て、たどり着いたその先こそが『電脳コイル』なのである。
 そういう下地なしに『電脳コイル』にあれほどまでにハマり込めたかというと、はなはだ疑問なのである。

■記憶喪失もの
 これまた大なり小なりの症状はあるが、よくあるパターンだ。よくありすぎて、ただ「記憶喪失になりましたー」程度では、全然グッとこないところまで麻痺しているほどに。
 だが「記憶」がどれだけ大切なものか、近年のいくつかのアニメによってよみがえってきた。
 全ての過去を失くした街が舞台の『THEビッグオー』、記憶を捨て思い出の為に戦う『ガンスリンガー・ガール』、そして、忘れる痛み、忘れられる痛みがどういうものか再認識させてくれた『ゼーガペイン』。
 それらの積み重ねがあったからこそ、私が『ef - a tale of memories.』にあそこまで「素直に」感動できたのは間違いない。

■復元されし者
 ゼーガペイン放映当時「確かに棒だが、あれは良い棒だ」と言われたヒロインがいた。そのどこか拙いとも感じる喋り方に「ごく普通の女の子キャラなんだ」という印象を植えつけられ思い込まされた。それが一転あんなことになったものだから、完全にシテヤラレタおのれ孔明!と思ったものだ。2006年最大の衝撃のシーンであり、最も印象深いキャラクターとなった。
 時は流れて。翌年放送されたスケッチブックというアニメがある。今でこそ2007年最高のアニメと断言できるが、最初の印象こそたいしたことはなく、普通なら見続けることもなかったかもしれない。なのに見続けたのは、この作品全体を支配するほどのんびりした主人公の独白に、なにか気になる所を感じたからだったのだろう。次第にその声の虜となっていったわけだが、演じる声優の名を認識したのは、スケッチブック最終回EDと狂乱家族日記のエンディングに同じ名前があることに気づいた、2008年春のことである。
 それがもちろん、花澤香菜である。
 その時点ですでに印象深い名前になったのだが、直後のブルーレイ化計画のときにゼーガペインのキャストにその名を見つけたときの、私の驚きたるや! その瞬間に気になる声優ランキングの最上位に名を連ねることになるのだが、それはさておき。ゼーガペインを見ていなければ、スケッチブックを観続けていなかったかもしれない。

 こう考えると、感謝しても感謝しきれない。なぜならば2007年後半は完全に「電脳コイル」「efメモ」「スケッチブック」に支配されていたほどだったからだ。

「早く生まれておいで!
 世界はヒカリでいっぱいだよ!」(26話より)



 そう、それまで限られたジャンルのアニメしか見なかった私に、ゼーガペインが与えてくれたのは新しい世界への扉だったのだ。


 ……これくらい好きなんだから、ブルーレイ買ってもよかろーもん!?!

タグ:ゼーガペイン 電脳コイル ef スケッチブック | コメント(1) | Trackback(0) | pagetop↑
■タンスから落ちてきたら死ぬくらい重いアレ買っちまったの巻
男爵・お買い物 他 | 2010/09/08 23:53
先月の先月の日記「テレビとどいた」の後日談。


まあ、結局買ってしまったわけだが。

20100903-3.jpg

いいんだっ! どうせそのうち買わなきゃならなかったんだから! ちょっと早まっただけじゃよ!

で? ゲームソフト何買っちまったかって? まあそれはおいおい別の日記で(予定)。最初に言っておくがACERじゃあない。まあ、それはさておき。




おやぁ?

テレビが壊れて衝動買いをしていたら、ブルーレイを視聴する環境が整ってしまった!どーしよう!
(↑カリオストロの銭形っぽく)

これは買うしかないフラグなのか? ブルーレイディスクというものを! あー、とりあえずエヴァ破のブルーレイでもレンタルしてくるかー。






……ん?

あれれー? ちょうどこんなところにブルーレイディスクが置いてあるよ?
(↑いつものバーローっぽく)

ちょっと再生してみるか!

20100903-2.jpg

タグ:ゼーガペイン | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
■「ファイアボール」新シリーズ制作決定
男爵・アニメモ | 2010/08/10 18:18
おおおおおおおお待ちしておりましたドロッセルお嬢様ぁぁぁあッ!!!!! 

「ファイアボール」新シリーズ制作決定 | ファイアボール・ブログ



なんたる僥倖!数奇!宿命! よし! もう、微妙なアニメに含まれる微量なロボット分に頼らなくていいんだ!!!!!!!

これで来年も生きていける! 例えそれがけいおんのない世界だろうとも!(涙) お父様、私は明日へ向かいます! 明日の笑顔のために! オープン ザ ゲートッ! オーバー ザ フューチャー ワーーー!!!!

……落ち着け。落ち着くんだ男爵。落ち着いて素数を数えるんだ。ひょっとしたら急に経営が悪化して計画打ち切りになるなんてこともあるかもしれないじゃないか。

あれ……ひょっとしたらこれは夢なんじゃなかろうか。こんなあまりにも都合のいいことがはたして現実なのだろうか。。。あまりにもロボット分が欠乏しすぎたために……そして残り二ヶ月を切ったけいおんライフに絶望する心が作り出した幻覚ではないのか……?

「ミテイル セカイヲ シンジルナ」



だが……夢を叶えるには、まず夢そのものがないといけない。その思いを忘れずに、ずっと思い続ける。それが夢を叶える第一歩!


男爵は いきていくきぼう をてにいれた!

タグ:ファイアボール けいおん コードギアス ef ゼーガペイン | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
<ジャンル:アニメ・コミック / テーマ:アニメ
■RED GARDEN 意外によかった
男爵・アニメモ | 2007/03/26 00:00

期待していなかったアニメを、なんか気になるから見続けていたら、終盤で想像以上に化けた──。ああ、気持ち悪いがイイ気持ちだ。

俺の選択は間違ってなかったんだ!──とりあえず今回は!今回だけは!

GONZOを全面的に見直した!今までロクな印象なかったし、アレとかアレとかで大コケしたGONZO2006年の最後を飾るにふさわしい、微妙な作品だと思っていたんだ、『RED GARDEN』は!

■参考:GONZO作品一覧
http://www.gonzo.co.jp/works/index.html

そしたら意外とよかったんだよ! なんかよくわからんが、よかった! なんか…ありがとう!

「意外とよかった」だけなので、最初から期待してみてたら、こんな気にはならなかったんだろうけど。

だって、序盤はホントに「オシャレ系ネガティブ不気味ホラー陰鬱アニメ」ってカンジで(プロモとかみてもらえば一目瞭然)、「完全に守備範囲外」だの「見てても気分良くない」だの言ってましたから。

それでも気になって見続けていたのは、何故だろう…好感の持てるキャラなんて一人も居なかったのに! あの他に類を見ないあまりに独特すぎるビジュアルが引っかかったのかな。

うーん、今なんとなく思ったのは、私の守備範囲であるロボットアニメの領域の、ちょい外側にローゼンメイデンとソルティレイがあって、そっち方向の延長線上に、RED GARDENが見えたんだと思う。抽象的だが、そんな印象。

でも、見続けるのはさすがに厳しくて(だって完全に守備範囲外なんだもん)……もう見切りをつけようと、7、8話くらいをみてたら、あのCMが流れたんだ。

■YouTube - RED GARDEN DVD CM集
http://www.youtube.com/watch?v=OoLv8td4DtM

RED GARDENを見ていた全員がぶっとんだと思う。私もぶっとびました。本編でお笑い要素なんて一切ないのに、こんなCM!?

これと「クレオのハーモニカがついてくるのか!」「素晴らしい映像特典…素晴らしい封入特典…そして素晴らしいトレインの活躍…!まさに革命的なDVDだよ!!!」とかのせいで、GONZOの作品は、それ自体よりDVDのCMのほうが10倍面白いという印象を持ってしまった。

さすがにDVD買ってませんが、畑違いの人間に、最後まで見続けさせたあのCMの効果は、絶大でした。

でも……ようやく本編を楽しめるようになったのは、14話くらいからだし…。16話からの急展開から、それまでの人間関係が消化されてくるラストまでは、一気に観ちゃったんだけど…。それまでほツラいから、とても人に勧める気にはならない。

あくまでも最初の印象に比べて「意外とよかった」だけだから。最初から期待してみたら、期待はずれかもしれない。


ちなみに、私の中で「期待してなかったけど見続けてたら化けたアニメ」の最高峰は、やはりゼーガペイン。

タグ:RED_GARDEN GONZO ゼーガペイン 番組チェック | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
■ゼーガペイン ビジュアルファンブック
男爵・お買い物 本 | 2007/03/13 22:37
ようやくでましたよー。
ゼーガペイン ビジュアルファンブック

公式ページによると、3月上旬発売ということでしたが、11日の時点ではおいてなくて…。どうやら13日発売という情報をもとに、会社を定時帰りしてダッシュした次第。

夕方にアニメイト池袋店に行ったら、3冊しか置いてなくてー。あ、私が1冊買ったから残り2冊。…もし14日に買いに行ってたらなかったかもしれない。(まんがの森には4冊あったけど)

タグ:ゼーガペイン アニメ本 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
■ZEGAPAIN audio drama OUR LAST DAYS
男爵・お買い物 音'06 | 2006/11/21 01:36
全編、ある意味ホラー。
ちょ、クラゲせんせ!?…ああ、でもこの人が一番共感できる…。
吾輩は、ドラマCDは極力買わないようにしている。どうせ一度しか聴かないからだ。だが、「ゼーガペイン」という作品に敬意を表し、購入することとした。これはあくまで例外的な措置である。

…え、DVD? バンダイビジュアルのお高いDVDを?? 買いません。
全話録画しときゃよかった…。

ドラマCDとしてはよくある「本編の幕間」もので、意外な事実も判明する。他の多くのドラマCDと同様、本編を知らないと、全く楽しめないであろう。まあファンディスクのようなものだから、至極正当な仕様である。

本編では語られなかった、3つのエピソードが収録されている。1つめが過去のキョウちゃんとかルーシェンとかの話、2話目が衝撃の13話の裏話、そして3話目が「OUR LAST DAYS」である。

どれも「ゼーガペイン」らしいエピソードとしてまとめられている。やはり、エンディングテーマが流れてくる部分は、寒気がするほどいい。

ドラマCDもいいかも…そうだ、ガン×ソードのCDも買おうかな…。

そうそう、ゲームは気になるけど、多分買わないです。だってXBOX360なんて…(PS3買うくらいならこっちを買いますが。防衛軍とかでるし)。

タグ:ゼーガペイン | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
■松井優征/魔人探偵脳噛ネウロ(8)
男爵・お買い物 本 | 2006/10/19 00:12
望月社長がハマっているゲーム、「殺人兵器 丸ロボ」にも興味シンシンです。
ザボーガー言うな
この巻では、これまで伏線張りまくってきた「電人HAL篇」が本格始動。人工知能というロボ属性が、男爵のロボ魂をずきゅんずきゅんですぞ。

知能を創り出すということは…
生物そのものを創り出す事に似る

双方とも0から創る事は至難の極みだ

今の技術ではアメーバ一匹
創る事もできないし…
プログラムした人工知能では
チェスに勝つので精一杯だ

だが 複写(トレース)ならどうか?
遺伝子の複写でクローン牛は
いともたやすく生み出せる。

知能も同じだ
脳内の電気信号を正確に
複写する事ができるなら

最高の知能も…いともたやすく
生み出せるのだ
(46~47ページより)
ジャンプ掲載当時、この春川教授の講義のおかげで、ゼーガペインの世界観を素直に受け入れることができました。ええ、あまりにタイムリーだったので、すっごい納得しました。

なので、今まで買うのを抑えていたコミックスも、買うことにしました。

タグ:ネウロ ゼーガペイン | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
<ジャンル:アニメ・コミック / テーマ:魔人探偵脳噛ネウロ
■いろいろ最終回
男爵・アニメモ | 2006/10/02 23:59
改変期です。続々と視聴していたアニメが終わりを迎えていきます。

それぞれ、なにかしらの思いついたことをメモっておこうと思ってるのですが、なかなかまとまりません。…もう、全部ボツろうかしら。あまり面白くは無りそうにない。まあ、普段から面白さは追求してないですからー。ブログってのは、日々のどーでもいいことを、ただ記録してりゃいいんすよー。(…これは嘘。そんなこといいながら、結構気にして書いている。)

とりあえず、一言ずつかいておこう。

【ガイキング】こんなに愛しているのにぃぃッ!!
【シムーン】忘れるな。こいつが練馬大根の後番組であることを。
【アニマル横町】なんてヒネた最終回。普通に終わらせる気全くなし。…コミック版も、こうなの?
【ホスト部】終わったからコミックス買いに行こう。後番組がデスノート…。
【スパイダーライダーズ】あきらめなければ、結果オーライだぜ(泣)!
【ゼーガペイン】それは人ではない!ただのデータです!(by ソルティさん)
【韋駄天翔】いい最終回だったぜ…。

…あー、やっぱ書き残しておきたいことはいろいろあるなあ。あきらめずに、頑張ってまとめてみようか…。

タグ:番組チェック ガイキング シムーン ホスト部 DEATH_NOTE スパイダーライダーズ ゼーガペイン SoltyRei 韋駄天翔 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
■ゼーガペイン、また見てな!このあとは極楽とんぼのお二人よろしく!
男爵・アニメモ | 2006/07/06 23:54
現在放映中の、数少ないロボットアニメ。先週(13話)観て、「帰宅してから録画を再生する優先順位」が、最上位クラスになった。

5話で世界観が説明され、14話で戦ってる敵の詳細が明らかにと、後追いで情報があきらかになる。そのため最初のほうは、ありきたりな学園生活おくりながら、なんかわからんまま戦ってる、という印象だった。

世界観は『ロックマンエグゼ』に近い。…あの世界が、悪いほうに発展しまくった感じ。14話でナーガという科学者が登場するが、きっと正体はDr.ワイリー。そういえば、似たような研究を『脳噛ネウロ』の春川教授もやっていた。

タグ:ゼーガペイン ロックマン ネウロ | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
■キミヘ ムカウ ヒカリ/リトル・グッバイ
男爵・お買い物 音'06 | 2006/05/24 23:59
プラグイン! トランスミッション!
ロボだし嫌いな曲ではないので、一応買ったけど、こいつら聴いてる場合じゃないのだ。

まあ聴くのは、6月に入ってからですかね。

タグ:ゼーガペイン | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
■2006春の夕方アニメ
男爵・アニメモ | 2006/05/17 23:58
なんとかチェックした夕方アニメのメモ。
なるべくネタバレしないように書いた。
今ではあきらめたのもある。

■クラッシュビーダマン
ビーダマンで町をあらしまわる悪人達……「B-伝説」と同じノリになってきたのう…。舞台がウエスタンから日本にかわっただけなのか?
危険なオモチャだ!というアピールしまくりでいいのか?(笑)
4月からエンディングが代わった。

■妖逆門-ばけぎゃもん-
サンデーの連載よりアニメのほうが若干マシかなあ。いまいち主役の個性がわからない。ほんとに特徴が無い。平凡というか、王道なのかもしれない。
エンディングが妖怪っぽい。

■アニ横
ゴリラ!ゴリラ!ゴリラ!燃えるアクション!
やっぱり…キャラ増やさない方がいい気がするじょ?

■銀魂
マンガ読んでたひとは別に見なくてもいいかという気がする。セリフのテンポのよさはうまくノッってると思うが、それ以上ではない。それにしても12巻か…結構ながくつづいたのう……いまが売り時かな?(笑)…いや、嫌いじゃないんだけど、人気出てくると、一歩引きたくなるマイナー思考な私がいる。

■BLEACH
だから、BLEACHはロボットアニメなのですってば。
原作に追いついたので、アニメオリジナルの話でお茶を濁している真っ最中。スピードとかを考えると…もう全部オリジナルで作っちまった方がいいんでないかい。…で、マンガのほうがアニメにあわせる(笑)。

■スパイダーライダーズ
過去のメモ参照。

■ゼーガペイン
5話かかって世界観の説明完了。夕方の時間にやるにしちゃ、テーマが重くないかい?…というか、どう考えてもろくな終わり方しなさそう

■ケロロ
出来がいいから見てる…だけ。そんなに好きじゃない。

■きらりん
あわわわわわ。最近こんなベタな作品ないから油断してた。1話2話みて大ダメージ。

タグ:ビーダマン スパイダーライダーズ ゼーガペイン 番組チェック | コメント(2) | Trackback(0) | pagetop↑
| ホーム |