| ホーム |
■蒼き鋼のアルペジオは王道ロボットSFだ(※5話以降)~艦隊戦はあれだ、けいおんの軽音楽部分みたいなもんだ。~
男爵・アニメモ | 2013/11/28 12:57
人間(とりわけ子供)との交流を通して、ロボットが「感情」に目覚めていく作品は数多い。


わかり易い例として新造人間キャシャーン17話のエピソード。

 「00A号はスパイロボットとしては最も優秀につくってある。人間を見れば必ず、殺す」

 「私は人間を見れば必ず殺します」


 (そんな適当なプログラムで大丈夫かブライキングボス。)

この「ハードボイルドにつくってある。情け知らずの殺し屋ロボット(ブライキングボス談)」が、人間の少女と出会い→感情に目覚め→なんだかんだで少女との悲しい別れを迎える、まではもはやテンプレなので割愛でしてもいいくらい、まあ王道なパターンなのである。


このパターンの代表的な名作をあげるならば、やはりアシモフの「The Bicentennial Man/二百周年を迎えた男」を挙げられるだろうが(短編集『聖者の行進』に収録)、いづれにせよ古くからある伝統的なプロットなのである。
アイザック・アシモフ/聖者の行進

というか、ロボットSFの基本中の基本スタイルであるといってもいい。アシモフ的な意味で。


さてアルペジオ。4話までの艦隊戦は、この状況をつくりだすための舞台づくりであったと断じて問題ない。あれだ、けいおんの軽音楽部分みたいなもんだ。その艦隊戦を背景に、メンタルモデルが人と戦い、人語を学習し、人に負けていくといった描写で、着々と古典的ロボットSFとしての舞台が整えられているのだ。

(↓結果)



このパターンの極端な一例に『アイドルマスターXENOGLOSSIA』がある。人語を喋らない巨大ロボットをこのパターンに乗っけることで、あえて言語によるコミュニケートを排除して、人とロボットの縁を、絆を、因果を、そして愛を見事に描ききった稀代の傑作である。なお、これは言っておくべきか判断がしかねるが、このパターンは悲劇的な結末が多い。狂乱家族日記の雹霞やんのように、悲劇を乗り越えられる例もなくはないが。


はたして霧のメンタルモデルたちに待つのは悲劇か、それとも――。


最後に、前述のキャシャーン17話のラストを引用して、この文を締めくくるものとする。


 よいロボットばかりの世の中が来るのはいつだろう。いつまでも人間と仲よくできるロボット……俺はやる。その日が来るまで……!

 ――少女マリアとロボット00A号の愛は、人間とロボットとの平和のシムボルであった。だが、その平和の来る日はいつか。キャシャーンがやらねば誰がやる。



(2013年11月22日22:38のmixi日記を転載)

タグ:ロボ話 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
<ジャンル:アニメ・コミック / テーマ:蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-
■人工知能は衰退しました。 とか
男爵・アニメモ | 2012/10/17 01:34


■参考:画像処理等でサイコロの個数の算出に挑むプログラムコンテストで「人力で数えた」宇部高専が優勝(※上位6チーム中4チームが人力で数えてた) : 市況かぶ全力2階建



この話、ロボットで例えてみましょう。


――その昔、実用に足る人工知能を作れなかった日本のとあるロボット工学者は、ロボットの頭脳のかわりに人間の少年を使うことを思いつきました。

あ、人間の脳を摘出して使うという古典的なSFにありそうな手法は、技術的にも倫理的にも難しいです(とくに前者が)ので、人体をそのまま収納できるようにロボットのサイズは巨大化しました。

いわゆる「スーパーロボット」の誕生です。

これがやってみると存外に有用な手法だったので、その後もこのタイプのロボットが山ほど作られ続けることになったそうです。

優れた人工知能を創り出すのは難しいですが、もとからある材料を流用したり改良したりするのは、日本の技術の得意とするところだったのです。(人間が一番怖いなんて言葉もありますが、)未知の人工知能よりはまだ人間のほうがまだ丸め込……扱いやすいということでしょうか。

なにより、人間なので代えがききます。使えなくなったら新しく探してくればいいのです。「神にも悪魔にもなれる」と破壊衝動や支配欲を刺激したり、若い娘と仲良くさせてたぶらかすなどの手法は、黎明期からよくつかわれています。ちょろいもんです。

ただ某下駄の博士のように、凄まじく高い操縦スペックを必要とするロボットをつくってしまった場合(設計に問題があります)では、適合者を探すのに苦労したようですがね(あ、これはコミック版の話です)。どの分野でも、理想を追求するのはたいへんなのです。

ていうかただの人間キャラでも性格設定たいへんなのに、架空の人工知能の思考とかちゃんと考えたいですか?面倒ですね。この手のテーマを追求すると、自分の存在意義に悩むロボットの話とか、自意識に目覚めたコンピュータとの意思の疎通とか、人とロボの恋愛とか、高度で難解な話になりがちです。せめて「ご主人様のために!」と働く単純なメイドロボくらいなら……何の話でしたっけ。

そんなこんなで、いまでは日本で「ロボットアニメ」といえばスーパーロボットがでてくるアニメのことだったりしますね。人工知能は衰退しました。
▽続きを読む

タグ:ロボ話 ゲッター XENOGLOSSIA GUNSLINGER_GIRL | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
■前作知ってるのにロボットに期待してアクエリオン見てる人なんているのか?
男爵・アニメモ | 2012/02/21 21:41
我輩のアクエリオンの評価がまぁそれほどでもない一番の理由とか、「EVOL」への期待度がまぁそこそこなのは、「前作の評価がそんなものだからなので。」という話。

いちおう言っておくと、曲の評価はまあ最高レベルである。少なくとも2005年の主題歌ナンバーワンであり、当時カラオケで一番歌った曲は「創聖のアクエリオン」だったのはもちろん、2005年以降の累積を集計したとしたら、最も多く歌った曲のベスト5くらいに入ることはまず間違いない。

そしてもうひとつ大事な前提として言っておくと、我輩の一番好きなロボットは ゲッターロボ である。(細かく言うと初代のゲッター2が……とか細かい話は置いておくとして。)

ゆえに、その変形合体ギミックがゲッターロボの直系であるところのアクエリオンについて、本来ならば期待しないわけが無い。

……のだが。

逆に言うと、当然期待度も高ければ、評価も厳しいということになる。一番の問題はそこだ。


そう、一番の問題は、「ゲッターチェンジするくせに、ゲッターチェンジする意味が無い」ということだ。

三機の合体と三種の変形からなるゲッターチェンジという点において、「合体」の方はコレ以上ないくらい「有効活用」されているのでなんら不満はないのだが。

ゲッターと同じように合体の組合せで(基本的に)3通りの人型形態になれるが、それがたいして意味のある差別化をしていない。

1)外部武装が(剣とか弓とか)変わるが、単に持ち替えればすむ。そんなことガンダムにだってできる。

2)運動性能やら必殺技の類がかわったりするが、あれはロボ側ではなく乗ってる人間の超能力によるものだ。どの形態かではなく、誰がヘッドになるかのほうに重点が置かれている。

3)メインパイロットが変わる程度なら、操作回線を切り替えるだけでいい。ハード的に無理なら、それこそテレポートチェンジでもすればいい。わざわざあんな無駄な多い分離→再合体プロセスをとらなくても、オーレンジャーロボくらいのギミックがあれば充分なはずなのだ。

そう、そもそもゲッターチェンジシステムは無駄が多い。そのデメリットを補って余りある「利点」がなければゲッターチェンジを運用する価値が無い。

ゲッターの場合は3つの形態を使い分けることで、それぞれの形態は特化型でありながら、どんな敵にもいかなる戦況にも対応できるという万能性がある。それを使いこなして戦う瞬時の判断力がパイロットに求められる、というロボットありきのエピソードがあったりもする。

前作のアクエリオンにはそれが決定的に欠けていた。なぜなら、変形システムを駆使して敵を倒すのではなく、なんか強力な思いつきの技をひらめいて勝っちゃうからだ。

せっかくゲッターチェンジシステムを使ってるのに、ぜんぜん活用されていない。(強攻型は好きですけどね。)


まあ、そういうわけで「ロボットアニメとして」の新作アクエリオンにはそんなに期待していないわけだ。

ああ、もちろん、女同士のドロドロした話や変態発想力に定評がある岡田麿里センセイが脚本なので、True Tearsとかとらどら!とか花咲くいろはとかのような変態群像劇には期待している、それこそ「EVOL」の名にふさわしいような展開を。

タグ:アクエリオン ロボ話 ゲッター | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
<ジャンル:アニメ・コミック / テーマ:アクエリオンEVOL
■最初で最後のスキ 最初で最後の「ダイスキ」……
男爵・アニメモ | 2010/11/20 02:12

「バカ…知ってるわよ………インベル……」

20101118-1.jpg



表題は、『そらのおとしものフォルテ』のオープニングテーマ「ハートの確率」の一節です。ええ、この曲を聴くとわたくし涙が止まりません。

そういうわけでどんなわけでー、今日はマスターとロボットのお話です。『そらのおとしものフォルテ』のメインキャラである3体のエンジェロイドには、大量の破壊兵器を搭載した戦略用/ハッキングを得意とする電子戦用/近接戦闘に特化した局地戦闘用という特徴がそれぞれあります。これは身体的な/フィジカルなロボット要素です。まあ他のロボットアニメならともかく、このアニメではほとんどギャグ要素でしかありませんが(今のところ)。

それに対して、この3体はメンタル的なロボット要素、「マスター」という要素についても差別化/特徴付けされています。すなわち、

 マスターに恵まれたイカロス。

 マスターを失ったニンフ。

 マスターに恵まれぬアストレア。

1期ではニンフがアストレアの立場でしたね。そうこれは「マスター」という存在を巡るエンジェロイドたちの物語という側面もあるわけです。いやむしろわりと本題のはずです。ともすれば忘れがちですが。

ではなぜエンジェロイドはマスターを求めるのか。なぜマスターにつき従い、マスターに命令を求めるのか(よく言及されるテーマですが)。イカロスのマスターは(インベルのマスターも)最初は戸惑っていました。

でもそんなの、「きみのそばにいたい きみのとなりにいたいよ」……ただそれだけでいいんじゃないですか。ロボットが、騎士が、執事がメイドが。主に仕えるのに、主の命令に従うことに、主のために尽くすことに、論理的な理由なんて要らないんですよ。ただただ、そばにいたい、それだけでいいんですよ。

そう私は思うのです。だって私は知っているから。マスターのそばに居られなくなった、あの孤独なメダロットを。死んだ担当官との約束を胸と眼鏡に秘めた義体の少女を。ひとたび主を失い、新たな主にめぐり合い、再びその笑顔のために身を尽くしたオートマータたちを。

……さて、「そらのおとしものフォルテ」も7話から急展開。はたしてイカロスはマスターの側にいることができるのでしょうか。。。。まあ、あんなマスターだけどな! 本当にいいのかイカロスそのマスターで!? それにあいつには既にパンツロボっていうステキな相棒がいるんだぞ?! まあいい、とにかくがんばれイカロス!!

タグ:そらのおとしもの XENOGLOSSIA ロボ話 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
<ジャンル:アニメ・コミック / テーマ:そらのおとしものフォルテ
■2009年各アニメ作品のロボ度とか
男爵・アニメモ | 2009/10/07 23:53
前の日記のつづき。

アニメソングはもちろんですが、男爵はロボットに関する要素を求めてアニメを見ています。……まあ、どこかの誰かが特定の声優を求めてアニメを見るようなものです。

もちろん、ロボット要素の含有率が高いアニメのほうが基本的にはポイント高いです。といっても、個人差があると思うので、以下に男爵の基準で2009年作品のロボ度をあげてみましょう。


★★★★★ ヱヴァ:破………常にエヴァを軸に話が進む
★★★★★ 真マジンガー……ロボじゃない部分も多いけど
★★★★★ ラインバレル……新参ロボにしては評価できる

★★★★☆ バスカッシュ……わざわざロボでバスケする意味は?
★★★★☆ 宇宙かけ少女……ああ確かにロボ要素はすげー多かったよ? 多かったけどさ!


とりあえず世間的にロボットアニメなのはここまでくらいかしら。

それ以外にも、脇役なロボとか、部分的なロボ属性とかも、もちろんチェックしておきたいものである。


★★★☆☆ サンレッド……アニマルソルジャーとかレッド抹殺用ロボとか
★★★☆☆ 夏ウォーズ……人工知能

★★☆☆☆ アラド戦記……ロボがメインのエピソード有り
★★☆☆☆ 東京M8.0 ……作品背景としてリアルロボット多数
★★☆☆☆ 元素ハンタ……無機生命体とか金属生命体とか。きっとそのうち超ロボット生命体になる。あとユノが実はロボだといいな(妄想)



まだだぁっ……まだロボット分が足りねえ……!


★☆☆☆☆ ドルアーガ……四騎士とか
★☆☆☆☆ かなめも ……場面転換時に謎のロボ、代理ロボ疑惑
★☆☆☆☆ 大正野球娘……エンディング冒頭のカラクリ人形
★☆☆☆☆ ハヤテ2nd ……メイドや執事はロボットみたいなもんだ。あとエヴァ歌ってた


☆☆☆☆☆ 宝石ペット……マイメロのときみたく魔法で巨大ロボくらいでてくるんじゃないかな!)
☆☆☆☆☆ 蒼天航路 ……呂布がエヴァっぽかった。
☆☆☆☆☆ ファントム……数字の名前ってロボっぽいよね!
☆☆☆☆☆ 咲-saki- ……デジタル打ちってロボっぽいよね!
☆☆☆☆☆ アキカン!……空き缶が人型にトランスフォーム!
☆☆☆☆☆ 東のエデン……あの羽根つきワンワン実はロボなんじゃないかな!
☆☆☆☆☆ 獣の奏者 ……獣の操縦者だと考えれば、ゾイドを思い出すよね!
☆☆☆☆☆ けいおん!……ギー太=無生物への愛情ってXENOGLOSSIAっぽいね!
☆☆☆☆☆ みなみけ ……そういえばフジオカはロボなんじゃないかな!
☆☆☆☆☆ リス・パラ……言いなりになる男って、ロボット原則第二条が発動したっぽいよね!










20091002-1.jpg


今日も男爵はロボット分を求めてアニメをみています……。

さあ、秋の新番組をチェックし始めるか!

タグ:ロボ話 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
■アイドルマスター XENOGLOSSIA/iDOLの心
男爵・アニメモ | 2007/10/15 23:50
隕石を除去する人型ロボット「iDOL」。このiDOLのパイロットが、「アイドルマスター」と呼ばれる人間である。このアイドルマスターになれる人間は限られている。

(02話より)
「正規の訓練を受けても、乗れるとはかぎらないのよ。よっぽど気に入られたのね」
「気に入られるって、あれロボットですよ?」
「でも、ココロがあるのよ。少なくともわたしはそう思っている。だって、かあいいもーん。」



マスターを選び、拒否し、ときとして自律稼動もし、なんらかの意思をもつと考えられるiDOLたち。しかし人間たちには、その言葉はわからない。よって、iDOLの行動・反応から得られる経験則としてしか、iDOLの「心」を知ることは出来ない。(※1)

レベルの違う生命体とのコミュニケーションの困難さを描いた作品は数あるが、個人的には、人工知能との会話をテーマにした、ジェイムズ・P・ホーガンの『未来の二つの顔』が思い浮かぶ。


この作品ほど統計的・理知的にではないのだが、iDOLたちの行動からその心を想像して観る、というのがこのロボットアニメの楽しみ方の醍醐味といえるかもしれない。

序盤の挙動から見られる、各iDOLたちの印象は、以下のように見られる。

コードネーム:プロメテウス1、<盗撮魔>インベル。長い間眠りについていたが、上京してきた主人公の少女に反応して再起動。16年ぶりの起動でインベルが真っ先にとった行動は、その少女を録画することであった。(01話)

プロメテウス2、<遊び人>ネーブラ。ネーブラは(インベルと違い)多くのマスターの搭乗を許すかわりに、一度拒否したマスターは二度と搭乗を許さない。(13話)

プロメテウス4、<誘拐犯>テンペスタース。起動実験中に突如暴走、マスター(当時5歳の少女)と共に消失、以後7年間ものあいだ行方不明。(09話)

しかし、これは薄汚れた大人たちの偏った解釈である(わたしを含めて)。iDOLの意思は最後まで明示的には明かされないため、他のいろいろな解釈ができる。(…なにせ、iDOLが建造されて数十年、マスターの数もおそらく10数人かそこらと思われ、データの蓄積は貧弱である。とくにインベルやテンペスタース、そして後半から登場するプロメテウス5・ヒエムスの場合は。)

(以下、重大なネタばれ&妄想を含む。注意。)
▽続きを読む

タグ:XENOGLOSSIA ロボ話 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
■レゾン・デートル
男爵・お買い物 音'07 | 2007/06/08 23:50
クレイモアのオープニングテーマ。
レゾン・デートル
このレゾン・デートル=存在意義という言葉、ロボットものにおける、大きなテーマのひとつです。

人間の場合は自らみつけるもの(多分)ですが、ロボットの存在意義は、創られる同時に、他者から与えられているものです(おおくの場合は)。

あるものは主人を守るために創られ、あるものは世界征服のためにつくられ、あるものはフランシーヌ人形を笑わせるために創られ、、、。基本的には、設計者・創造主のいいなりになることが多いです。(ただし、設計ミスや想定外のアクシデントによって、暴走するというのも、昔からよくあるパターンです。)

「他人の指示のままに動く人」を指して、ロボットということがあります(goo国語辞書より)。元が人間でも、ひとつの存在意義だけを与えられ、それを遂行するだけのマシーンとなった人間は、、、限りなくロボットに近いといえるでしょう。

「クレイモア」も、そんなロボット化された人間たちのお話。肉体改造を改造され、思想や掟にしばられ、化け物退治の任務を遂行する、戦闘マシーンと化した人間、クレイモア。

クレイモアの中には、戦う力を失う、掟を破るなどして、化け物を倒すという目的を遂行できなくなるものも出てきます。そのとき、クレイモアが選ぶのは「死」です。

存在意義をうしなったロボットがどうなるか──機能停止、あるいは暴走…。単純な存在意義しか与えられていないロボットには、破滅しかありません。

だがしかし、ごくまれにロボットの中には、存在意義を自らみつけだすものもいるのです(※1)。これはプログラムの拡大解釈による、一種の暴走かもしれません。しかしその瞬間、ロボットは人間に限りなく近づく──。

そう、あるクレイモアはいいました。「別に深い意味はないさ。ひどく単純で、わかりやすい理由だ。生きる意味をみつけた──これからは、こいつのために生きてみることにするよ。」
そのとき、戦闘マシーンは、人間に戻ることができたのかもしれません。

以上、クレイモアに含まれる、ロボット分のお話でした。……かなり無理あるけど。まあ、ただロボットがでてくるだけのロボットアニメ(※2)よりは、、、クレイモアのほうがロボット分の含有量が多いかな、とか思う男爵2X歳の春であった。


ああ、そうそう、とあるロボットアニメのエンディングも、同じ曲名でしたね。
レーゾン・デートル


※1:ネタバレしないためにくわしくはいわないが、アシモフのロボット小説か、からくりサーカスあたりを参照。

※2:まあその、なんとかオーケストラとか。

タグ:クレイモア ロボ話 | コメント(0) | Trackback(1) | pagetop↑
■原作完全版ジャイアントロボ上・下
男爵・お買い物 本 | 2006/07/04 23:59
ようやく、お手軽に買える状態ででた、横山光輝版ジャイアントロボ。講談社マンガ文庫。
GR上 GR下
ホントに「完全」なのかとかは、気にしないでおこう。なによりも「読める」ことが重要。……私はディープな光輝マニアじゃないし。

じゃあなんで買ったかって、男爵はロボ属性もってるので。そっちの観点では、重要な作品ではある。ロボット作品としてのファクター、人工知能と人工ボディの両方について、注目すべき点は多い。

人工知能の面でいうと、主人(従属/護衛する対象)が、厳密に一人だけに設定されていること。アシモフの作品では、ロボット三原則による従属対象が複数かつ多数のため、問題がおこるという話がある。それに対して、主人を一人に限定してしまうことで、解決する問題もあるが、デメリットもあるのがジャイアントロボ。草間大作危険すぎ。…他に、マスターが一人で問題になるケースは、「メダロット」「からくりサーカス」「GUNSLINGER GIRL」あたりを参照。

人工ボディ/機械的な側面で言うと、GR1~3というシリーズ番号が振られているが、それぞれ陸・海・空に特化されたカスタムタイプであるという点。材料が(個性的の強い)人間である「サイボーグ009」あたりとは違って、フルスクラッチのロボってのは量産できる。それなのに、同シリーズでありながら明確な目的で個性化されてるロボット軍団、その原点かも。ロックマンの「D.R.N./Dr.ライトナンバーズ」「D.W.N./Dr.ワイリーナンバーズ」あたりが、その直系か。最近だと「THEビッグオー」「トップをねらえ2!」「ローゼンメイデン」などが、番号ついてるけどカスタムタイプ。

タグ:ジャイアントロボ Asimov メダロット からくりサーカス GUNSLINGER_GIRL ロックマン ビッグオー トップをねらえ! ローゼンメイデン ロボ話 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
■ロボット作品としてのローゼンメイデン
男爵・アニメモ | 2006/01/28 01:01
とうとう最終回を迎えた「ローゼンメイデン・トロイメント」。
ここでは私自身での「みどころ」のようなものを、2点ほどあげておきましょう。題して、「ロボット作品としてのローゼンメイデン」。



■行動の優先順位
 かのSF作家アイザック=アシモフの作品において、ロボットたちは「ロボット三原則」に基づいて行動を決定していた。その中のエピソードで、第一則と第二則の境界で揺れ動き、混乱するロボットのエピソードがあるが、「ローゼンメイデン・トロイメント」もそんなお話。
 7体のローゼンメイデンのドールたちの使命/行動決定のファクターは、主に3つ。

[A]アリス(完全なる少女?)になるために、他のドールたちを倒す。
[B]契約した人間(外付パワー増幅器)との絆。
[C]他のドールたちとの仲間意識。

 創造主であるローゼンは、[A]を目的としてローゼンメイデンを作ったことになっている。[A]の戦いに関係する[B]はともかく、[C]がローゼンの設計仕様なのかは不明。
 ドールたちの中でも、この3つの行動原理の優先度には差異があるようで、[A]への意識の強い「水銀燈」、双子の姉妹「翠星石/蒼星石」は互いに対して[C]の要素が強いなど、さまざま。
 「トロイメント」という作品では、[A]と[C]の狭間で揺れ動くドールたちの姿が、主に描かれる。


■ウェポンチェンジシステム
 このアニメが始まったときに、書いた文章がこれ→「ローゼンメイデン2~Dr.ローゼンの謎~」……当然、元ネタはロックマンなのだが、このゲームのシステムと同じく、ローゼンメイデンのドールたちは「倒した相手の武器を使用する」機能が搭載されていることが判明。
 ローゼンメイデンシリーズは、いわゆる量産型ではない。それぞれがユニークな(独自の/個性的な/唯一の)、カスタムタイプのロボットだ。しかしながら、このウェポンチェンジシステムという互換性により、ローゼンメイデンシリーズは基本設計を同じくしていることがうかがえる。

タグ:ローゼンメイデン ロボ話 Asimov ロックマン | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
<ジャンル:アニメ・コミック / テーマ:Rozen Maiden ローゼンメイデン
| ホーム |