前ページ | ホーム | 次ページ
■【20周年】赤ずきんチャチャ 第55話「忘れちゃダメよ国王の印」(1995.01.27放送)
男爵・アニメモ | 2015/01/27 23:58
CHA54-99.jpg

 世界一の魔法使いとなったチャチャへの挑戦は、校舎に甚大な被害が出たため、学園内では禁止となった。例によって校舎を修理しているのか、しばらくうらら学園のシーンは出てこない。だからなんなんだこのシリーズ構成。

 そーいうわけでどんなわけで、チャチャの挑戦者は現住所・もちもち山のセラヴィー宅に押し寄せることになった。しかも魔法と関係ない勝負を。。。
CHA55-10.jpg CHA55-20.jpg
 セラヴィーも「のんびりとお茶でも飲んで暮らす」どころではなく……と思いきや峠の釜めしなど売りさばいていた。この師匠、ノリノリである。(……もしや、また校舎の修理代を請求されたのか?)

 なお、原作キャラのカルタ王カータンがまざっている。セラヴィーも原作で「時々こういう魔法とは全然関係ない勝負挑んでくる人来るんですよね」と困っていたが、時々なんてレベルじゃなくなっていた。もはや魔法の修行とは関係ない方向に、、、もしや計画倒れなのか。。。


私は可愛いー カゴの鳥なのー
CHA55-30.jpg
 周到に整理券を配り、挑戦者や取材のスケジュール管理をするマネージャーしいねちゃん。ミュージカルの時もディレクターをやっていたし、こういう仕事が向いているのかもしれない。

 毎日の試合つづきに、(第31話「特訓がいっぱい!」で歌っていた)まいごのねこのメロディで歌い出し現実逃避するチャチャ。次回この曲の最終章が流れることになる。



 そんなドタバタの中、伏線を張っていた「国王の印」の正体が、(忘れられないうちに)ついに明らかになる。


「それではご説明ー。
 ホーリーバードは国王の印とも呼ばれるように、マジカルキャッスルに祀られていた聖なる彫像のことなのです」

「心正しき人が使うと、ホーリーバードは世界中に花を咲かせ、穢れた地を清めることができます」
CHA55-40.jpg(※イメージ映像)
 玉璽的なものかと思ったら、結構なマジックアイテムでした。


「しかし、心悪しき者が使うと、世界は醜悪と恐怖に満ちた所へと変わってしまうのです」
CHA55-50.jpg(※イメージ映像)
 なんだか具体的にはよくわからないが、なんだかヤバそうなアイテムです。

 イメージ映像には、アリマッキン、ノロワレアーマー、ガンダー、キヨトーラ、フォクシー、きゅーちゃん、カザンダン、といったなつかしい刺客の面々が。全然こわくないのもまざってますが。



「はばたけホーリーバード! 逃げよ、悪しき者の手に届かぬところへ、ホーリーバードよ!」
CHA55-60.jpg
 大魔王の襲撃時、セラヴィーやジーニアス大王やリーヤのじいちゃんが、幼い王女とともに、プリンセスメダリオンや城への地図といった重要アイテムを持ちだしていたことは語られていました。

 そのとき、国王と王妃はホーリーバードを緊急脱出させていたのです。そのせいで逃げ遅れて大魔王に捕まったのでしょうか。。。現国王がその身を犠牲にしてでも守らなければならなかった、そして大魔王がアクセスという重臣を使ってまで探し求めた最重要アイテム。それが国王の印なのです。


「旅に、出る」
「…どこに、行かれるのですか」「あてはない」
「……いつ、戻られるのですか」「わからん」
CHA55-85.jpg
 大魔王の元での罪を赦されたうえ、国王直々の取り立てにより再就職もできてよかったねアクセスさん、と思ったらそんなことなかった。なんだこの罰ゲーム。(←婉曲表現)

 国王の印が見つかれば真の平和が訪れる、そしたら家族一緒に暮らせる……そんな思いを胸に、あてのない旅を続けるアクセス。なんか、人質がとられていないだけで、主が代わっても良いように使われているぞ……!

 ……まてよ。そういえばこの無理難題な任務を命ぜられた時、王妃が「アクセス、よいお子をお持ちで」などと最後に付け加えていたが、、、まさか。。。


「なんだかわかんないけど、あのアクセスが探してんだ、きっとなんかあるよ」
「こいつはとんだめっけもんだね、姉さん!」
CHA55-70.jpg
 ホーリーバードを偶然手に入れていた、音を操るソプラノとバリトンの姉弟。
 音の魔女とかいうわりに、武器がムチだったり鉄球だったりとよくわからないやつらだが、だまし討ちとはいえあのアクセスを打ち倒す強力な合体技を見せる。


「あの鳥はいったいなんなんだい」「知らぬ」
CHA55-80.jpg
 拷問ターイム。ムチをマイクに変化させ、いったいどんな拷問を! とてもお見せできないのか実際のシーンはカットされました。
 いそげしいねちゃん! パパがピンチだぞ!


「たぬきはポンポコ お馬はパカパカ ゴリラはウッホッホー!」
CHA55-90.jpg
 音には音で対抗! あの、誰も気にしてない(鷹以外)けど、近くでアクセスさんがぐったりしてるんですけど。。。

 なお、この歌の作詩は、今回の演出・佐藤竜雄とのこと。



「歌は心なり
 歌は人の心を打つもの
 心なき歌は 人の心動かすこと叶わず」

「今、そのときの気持ちを込めて歌うのだ、さすれば、勝てる!」
CHA55-A0.jpg

 無理難題な任務の重圧や拷問のような音圧に、ついに精神がアレになってしまったのか、アクセス。

 このシーン、小説版においても「チャチャの登場人物で、唯一シリアスなキャラクターだと思っていたら、とんでもなかった。ただし弁解するが、アクセス本人は超マジである」と描写されてる。



「やつらがあの合体技を出してきたときが勝負」
CHA55-B0.jpg
 それにしてもこの世界の鳥類は、剣になったり竪琴になったりギターになったりとたいへんである。


「そうかい、これがあのホーリーバードだったのかい」
「やめろ! お前の手におえる代物ではない!」
CHA55-C0.jpg
 若さの辞書には不可能はない! 時にしくじることがあるとしても! Try my best!(もういい)

 ていうか知ってたんかい!気づけよ! バードだぞバード!


「このままじゃ、世界がソプラノの好きな世界にされちゃう!」
「それだけではすまない。ホーリーバードは、封印された暗黒魔界の扉を開くことができるのだ」
CHA55-D0.jpg

 なんか魔族側にやばい情報が知れ渡っているんですけど。。。


 そして告げられた突然の別れ。次回、『さよならホーリーアップ』。

タグ:赤ずきんチャチャ | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
■【20周年】赤ずきんチャチャ 第54話「挑戦者ゾロゾロ」(1995.01.20放送)
男爵・アニメモ | 2015/01/20 23:59
CHA54-00.jpg


窓際で軽く黄昏れてみる
CHA54-0X.jpg CHA54-04.jpg
「本当にセラヴィーはチャチャに負けたのかしら。。。どうも裏があるとしか思えないわ」「いいえ、正々堂々と勝負して負けました」「嘘よ!セラヴィーが負けるはずがないわ!」問い詰め問い詰め。

 原作でチャチャに負けたときはセラヴィーざまあと高笑っていたが、それが自分がこだわってきた「世界一の魔法使い」の称号となると複雑な心境のどろしーちゃんかわいい。


おばさん声のロマンチック少女(?)
CHA54-10.jpg
 なおこの回は、自称やっこちゃん好きの音地正行作画監督回である。


「今週はチャレンジ週間とする!」
「お鈴ちゃんなら、名勝負って感じだと思うな」
CHA54-20.jpg CHA54-23.jpg
チャチャさんと戦うなんて、と引き下がるお鈴ちゃん。本来の彼女の実力なら、まともに戦ったらチャチャなんかが相手になるとは思えないのだが。この状況でチャチャ相手に、しかもしいねちゃんの前で、というのは無理な話だろう。



「魔法少女メアリーいきまーす」
CHA54-30.jpg CHA54-39.jpg
 名前だけは出ていたがあくまでもモブキャラのクラスメイトのカットにふさわしくない作画枚数……! もうこのパターンにも慣れてきたぞ。そう、桜井弘明演出回だ!

 DVDブックレットにもこの話のみどころとして特筆されている。


「きっとなんとかペアってやつですね」
CHA54-3C.jpg
 チャチャへの挑戦と聞けば黙っていない二人だが。。。まさかの二週連続不発。


「みんなと仲良く出来ないなら、世界一の魔法使いなんて要らない!! セラヴィーせんせいに返す……」
CHA54-40.jpg
 今回の刺客。「お前に友達を倒せるかなぁ」とクラスメイトをあやつる卑劣なブキード。
 なんだか大魔王の刺客と同じくらいかそれ以上にゲスい気がするが、これまでこんな刺客を相手にしてきたセラヴィーの苦労が忍ばれるとともに、それを(教育上のこととはいえ)チャチャに押し付けたセラヴィーの邪悪さ、そしてチャチャを王家から押し付けられたうらら学園の悲惨さがおわかりいただけただろうか。


桃ん賀忍法・木の葉吹雪
CHA54-70.jpg
 友達とは戦えないと戸惑うチャチャを助けた、複数の目標に対して睡眠効果を与えるという、汎用性の高いお鈴ちゃんの忍術。そう「相手を傷つけずに止めること」が、チャチャにはできないのだ。

 「あの子に活躍させたら、すぐに解決するんじゃないかと――ごめんなさい。そんなことしたら、番組なくなっちゃいますよね」と、チャチャ役の鈴木真仁は語っている。(小説7巻)



ブキード
CHA54-80.jpg
 えっと、魔法使い世界一の称号を奪いに来た刺客……ですよね……?


今週のバーニング・フラッシュ!!
CHA54-90.jpg
 お怒りのプリンセス様、いつものやつではなく、突きから対空攻撃を繰り出す新規作画で今週のバーニングフラッシュ。


全壊
CHA54-A0.jpg CHA54-A4.jpg
 先週やっと授業を再開したばかりなのに。。。

 なお、修理代はチャレンジ週間などと生徒を炊きつけた担任の給料から支払われることに。(※さすがに無理だと思うので、王家がフォローしたと信じたいです)

タグ:赤ずきんチャチャ | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
■【20周年】赤ずきんチャチャ 第53話「世界一になっちゃった!」(1995.01.13放送)
男爵・アニメモ | 2015/01/13 23:59
「大魔王は倒したし! 魔法の国にも本当の平和が戻ったし! もうあとは学園生活をエンジョイするだけ! 楽勝!」 予告でプリンセスはそう語ったが、このアニメは平和な日常などとは無縁な世界が待っているのであった。

CHA52-99.jpg


「いっしょに学校♪いっしょに学校♪」
「……やれやれ、大魔王との戦いで、チャチャも少しは成長したと思っていたのですが」「前とちっとも変わらないわ」「魔法も上達してません」
CHA53-09.jpg
 ちょっとセラヴィー様。。。なんだか大魔王をチャチャの成長に利用したと取られかねないセリフ吐かないでくだいさいよ。。。あげくの果てに成長していないとか、あの1年間は、あの戦いは一体。。。それはともかく、「こんなのはどうでしょう」と新たなる陰謀を巡らせる黒幕の姿がそこにはあった。


歌う! うらら学園
CHA53-10.jpg
 悪化している…! 久々の再会、そして授業の再開に歌わずにはいられないッ!


「あらあら素敵なセーラー服ねー。…でもね、うらら学園では制服は校則で禁止されているのよ」
CHA53-20.jpg
 うらら学園の驚愕の事実があきらかに。

「またみなさんと同じクラスになれてうれしいです」「あんたみなさんとじゃなくてしいねちゃんとでしょ」「なんであたしだけまたりんご組なのよ!」
 マリンをバナナ組に入れたらどうなるか、、、ここでもう誰も、しいねちゃんやお鈴ちゃんですらマリンの味方をしていないことに注目である。



「あ! メアリーちゃん、かずみちゃん! チーターくんにオッスくんも!」「懐かしい顔ぶれですね」「ていうより半年前とぜんぶいっしょじゃない」
CHA53-26.jpg
 バナナ組のモブ生徒のなかでも、このへんには原作から名前が設定されているので要チェックや。
 そして実は次回の展開のために必要な紹介である。


「あなたですね世界一の魔法使いに挑戦するという赤ずきんチャチャさんは」
CHA53-3A.jpg
 魔法情報誌「週刊マジカルファン」の記者にして、魔法連合組合公認の審判「シンちゃん」。これからの展開になくてはならない新キャラ。原作ではもっと先の話での登場だが、アニメではそれに先立って登場する。

 ところでカメラマンさん、あなたひょっとしてオッスくんの。。。。


「それは……いつかは通らなければならない道なのです。弟子が師匠に挑むのは、宿命とも言えるでしょう」
CHA53-30.jpg
 チャチャがセラヴィーに挑戦すると聞いて、さまざまな反応をみせる面々。こういうところでキャラを引き出しているのがすばらしい。



「相手はセラヴィー先生、全力で戦わないと勝てない…どうすれば……」
「相手はチャチャよ」「よっぽどうまく勝たせないといけませんね」
CHA53-40.jpg CHA53-50.jpg

 そんなセラヴィーの心配はよそに、チャチャは師匠の不意をついた(まさかの)素晴らしい戦いをみせることになる。。。



「どうやら、計画通りチャチャに世界一の称号が移りました」「ここからが本当の試練です」
「あなたのお相手はあの子ですよ、あの子がたった今世界一になったチャチャです」「はーい、そーいうわけなので、世界一になりたかったらチャチャと戦ってくださいね」
CHA53-5A.jpg
そう! これがセラヴィーの計画! 世界一の魔法使いを狙う刺客は、原作でも度々セラヴィーに挑んでくるのだが、その標的がこれからはチャチャになるのだ! 「私の時代は終わりましたー。これからはのんびりとお茶でも飲んで暮らしまーす」というのは本音では…ないと…思うが。。。



「ちょっとまつよーん。正式な試合を挑むには、身分証明書と印鑑を持って魔法連合組合で手続きをして承認を……」
CHA53-60.jpg
 そんなチャチャに挑む第一の挑戦者、ハリケーンのケンちゃん。かまいたちとかバル○リシアとか、あのへんの親戚ではないかと思われる。ラスカル先生のかつやくがカッコイイ。



「こんなすっとぼけた授業やってる場合じゃないでしょ!!」
CHA53-7A.jpg
 喜ぶと頭に花が咲く、バラ人間のバラバラマン先生は、怒ると根っこが出るぞ! 恐いぞ! 気をつけろ!



「うらら学園中等科、バナナ組にその人ありとうたわれた、私がウワサの薬瓶のやっこ!」
CHA53-70.jpg
 マリンちゃんの代理でお鈴ちゃんを引っ張りだすやっこちゃんだが、即席ペアのせいか「マリンのほうがマシ」という結果に。マリンとは息が合うのか、それとも裏で特訓していたのか。



「こんどは何だァ!?」「あたしの名はうらら。この学園の園長さん」「園長先生が竜巻おこしてる!?」
CHA53-80.jpg
 えっと、意味がよくわかりません。うらら園長に関しては、本当に解説不能です。


「学園の平和は守られた…」「あらあら、またこの苦労なのね…」
CHA53-90.jpg
 容赦なく大魔王をも倒した伝家の宝刀ウィングクリスを発動するプリンセス。まあ、学園に侵入した上に生徒や校舎に危害を与えるような、あきらかな超不審人物だったので仕方がない。これが魔法の国の本当の平和ってやつです。 ほら、挿入歌『今日が大好き』と、しいねちゃんのいいナレーションが流れて、なんか平和な日常が戻ってきた的な雰囲気が! 無理やり!

 しかし、校舎の請求先はこれからセラヴィーから王家へと変わるので安心だ! ……あれ、えっと、それってもしかして税金的な。。。

※今回は屋根が半壊しただけなので、魔法でしいねちゃんが直しました。……もしかして地味にしいねちゃんは成長しているようです。。。

タグ:赤ずきんチャチャ | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
■【20周年】赤ずきんチャチャ 第52話「脱走!脱走!大しっぱい」(1995.01.06放送)
男爵・アニメモ | 2015/01/06 23:59
CHA51-99.jpg

「今日はめでたい復活の日だ。遠慮無く飲み食いするがよい「その前に我らがヒーローを紹介しよう」
「どろしーちゃん、私は出たくないって言ったでしょう…!」
CHA52-10.jpg

2話で「セラヴィーったらみんなに注目されるの苦手だったんだわ」と気づいてから、50話もかけて! 日頃の鬱憤をはらす機会がようやく訪れたのです!!

なお、ここのBGMはCDドラマの聖・まじかるミュージカルの曲から。ここから、ミュージカルのためにつくられた曲もBGMとして活用されるようになる。




「あれから一週間、しいねちゃんどうしてるかしら。」「そうですね」
「チャチャが心配なんでしょう? あんたもマジカルキャッスルに残ればよかったのに。元はお城の近衛隊長だったんでしょ」
「わたしはここでの生活に慣れてしまいました。いまさら堅苦しいお城勤めはちょっと」
CHA52-21.jpg

 この言が真意なのか定かではないが、結果として、このあとに起こる悲劇を回避し、面倒な仕事をアクセスに押し付け、束の間の平穏を手に入れたセラヴィーであったという。


 
「セラヴィー先生、お元気ですか
 わたしもリーヤもしいねちゃんも、とっても元気です」
CHA52-20.jpg
「お城の魔法使い、デスマス先生に魔法とお行儀を教わっています!」
「おや、お懐かしいデスマス先生ですか」「おお、あのハリセン名人か!」
CHA52-42.jpg

 セラヴィーの主武器がハリセンなのも、丁寧な言葉遣いや優雅な仕草も、もしかしたらこのデスマス先生に仕込まれた…のかもしれない。とくにハリセン。
 (言葉遣いは昔からなので、むしろうらら園長の影響のほうが大きいかもしれない)



「なんだかんだ言って、元気にやってるみたいじゃなーい」「でも、いつまでもつのかしらー」
CHA52-44.jpg
 もちませんでしたー! チャチャやリーヤは言うまでもなく。
 先のどろしーちゃんのセリフに同期するように「お師匠さまどうしてるかな」と気づかう本当にいい子のしいねちゃんは「掃除したい」「洗濯したい」と言い出す家事禁断症状が。のちに原作のほうで、耳掃除マニアと化す片鱗がうかがえる。



「さて今日のおさらいデス。見本を見せるデス」「ステキー、デスマスせんせいもっとやってー」
CHA52-60.jpg
 ライオン、魔界ダヌキ、ゾウ、ぜんまいじかけのネズミ、うらら園長、ミケネコ博士。と、デスマス先生に数々の変身魔法を披露させておいて、逃げ出すチャチャ達。

「デスマス先生ごめんなさーい!」「むごい……でもこの間にお城を脱出させてもらいまーす」
「……こんな事もあろうかと、城の周りにバリアーを張っておいたデス」

追ってくるデスマス先生にひどいしうちをするが、一歩ウワテなデスマス先生。やはりただものではない。



「大魔王がこのマジカルキャッスルに攻め込んだ時、失われた『国王のしるし』を探してもらいたいのだ」
「大魔王の手のものであったこの私に、そのような重要な――」
「いや。聞けば大魔王の命令で『国王の印』を探しに国中を歩いたらしいのう」
CHA52-51.jpg CHA52-53.jpg

『国王の印』とは!? はい今後の伏線です。



「ここはジーニアス様のアイテム置き場デス。美しく整理整頓するデス」
「無限の水差し…?」「水があるんですかー」「この箱バケツにしよーぜ」
CHA52-70.jpg

「あれは! 昔わたしが西の海で退治した海綿入道ではないか。やつは体中の水分を取られて動けなくなっていたはず……まっ、無限に水が摂れなきゃ恐い相手じゃ(略)」
CHA52-7X.jpg
 説明しながらフラグを立てるという高等テクニックをみせるジーニアス大王様。いや、あなたの倉庫の管理がですね。。。
 おかげで大魔王を刺客をうち倒してきた聖なる武装の数々をマジプリ様は繰り出すことに。


「水差しじゃ! あの無限の水差しを奪うのじゃ! 水があるかぎり、海綿入道は無敵じゃ!」
CHA52-80.jpg
 的確なアドバイスを与える……だけかとおもいきや、おいしい見せ場をおもいっきりかっさらっていくジーニアス大王(声:キートン山田)。やりたいほうだいである。



今週のバーニングフラッシュはいつものやつ。
CHA52-8A.jpg
「出かけてる間に何があったのかな。。。」「俺が悪いんだ」「僕が悪いんです」「いやワシがきびしすぎたデス」
CHA52-90.jpg
(石にされてて)十年ぶりにお出かけから帰ってきた国王と王妃様。「こらこら、小さいことで怒るなだいたいお前が若い頃だって…」と国王を責めるジーニアスだが、そもそもの原因はコイツです。



「うらら学園中等科の入学案内だって!!」
「プリンセスの修行も大事だが、他の子供達といっしょに遊びながら学ぶのが、今はいちばんいいようだ」「きゅうにお城に閉じ込めても爆発するのは目に見えてましたしね」
CHA52-94.jpg

 あきらめて押し付けやがったーーーっ! まあ、このままだとせっかく取り戻した城への甚大な被害が用意に予想されるので、背に腹はかえられない。

タグ:赤ずきんチャチャ | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
■【20周年】赤ずきんチャチャ 聖・まじかるレビュー VOL.3 帰ってきた うらら歌劇団(1995.01.01発売)
男爵・アニメモ | 2015/01/01 23:46
20150101-1.jpg

 年内の放送は12月23日の51話で終了、52話は1月6日だから、一週空いて休める……そんなふうに考えていた時期が俺にもありました。

 ――嘘です。知ってました。当時のアニメ雑誌の記事にも「1.1 on sale」と載っていたので間違いなく元日発売です。

 Vol.2に引き続き、チャチャの調子っ外れの歌唱がやみつきになるミュージカル第二弾。もちろん「わざとはずして歌ってください」と指示がでていたわけだが、指示以外のところでも音程がはずれていたりして……と、演じる鈴木真仁は語ってる。


■01. My Dear (作詞/作曲/編曲:松浦有希、歌:鈴木真仁)

 当時、Newtypeに「チャチャが歌う しいねちゃんの気持ち!?」と評された、新録のイメージソング。「ずっと言えないことが……」で始まる歌い出しといい、実にそれっぽい。

 アニメ本編での出番はない(←記憶上、これから要確認)が、トラック07のインターミッションでも歌っている他、次のVol.4でも使われることになる、隠れた名曲。


■02. 聖・まじかるミュージカル またまたはじまりのあいさつ
 挨拶からすでに崩壊する舞台。もうみんなわかってた。


■03. チャンス!!~いつも君のそばに(インストゥルメンタル)
 第36話「真実の鏡はウソツキだ!」で初使用されたイジワルコンビの登場テーマ。軽快なテンポにアレンジされており、使用シーンの印象ともあいまって、原曲のロマンチックな雰囲気は消滅している。


聖・まじかるミュージカル第三幕『シンデレラは黒ずきん』
■04. シンデレラの家~舞踏会
■05. 城下町
 第一幕のマリン、第二幕のお鈴ちゃんにつづき、第三幕の主役はやっこちゃん。とうぜん、王子様役にセラヴィーをキャスティングしなければならないわけだが、あの目立つのキライなセラヴィーをどうやって言いくるめたのか、気になるところ。
 シンデレラをベースに、脚本担当しいねちゃんの?大胆なアレンジが光るシナリオ。あんなラストになったのは、……たぶん、セラヴィーの圧力かマインドコントロールだと思う。


■06. ララバイにつつまれて (手塚理)
 第34話「再会!涙の子守歌」で、このメロディーにのせて歌っていたのを評価されてか、後に原作では職業・歌手として登場することになった、しいねちゃんママのテーマ曲。


■07. 聖・まじかるミュージカル インターミッション
 また舞台が壊れて落ち込むしいねちゃん。この展開は、配役の時点でもう必然なので、3トラックほどで修復できるだけでめっけものであると言える。


■08. プリンセスは追いかけっこがお好き? (手塚理)
 コミカルなシーンでよく使われ、このミュージカルでも使用されるなど便利な曲。


聖・まじかるミュージカル第四幕『赤ずきんチャチャ御用心』
■09. おつかいの道のり~おばあさんの家(その1.おおかみの悪だくみ)
■10. あばあさんの家(その2.赤ずきんちゃん到着~おおかみ退治)

ついにラストは主役の登場。その調子っ外れの素っ頓狂なチャチャの歌唱は、ここでクライマックスを迎える。

題材的に3番目のオープニングアニメーションを思い出すが、オオカミ役は(諸事情で歌えない、どころか出番もない)リーヤではなくマリン&やっこちゃん。マリンちゃんの避難シェルターの意外な出番が。

第32話「危険な恋のトライアングル」で登場の、セラヴィー先生が牛乳パックとかでつくった衣装がここで再び登場。ラストは、あの名曲まで。。。せっかくの良いシーンでもこのひどい歌が思い出されてしまうので、アニメ本編を見た後で聞きましょう。


■11. チャチャにおまかせ(インストゥルメンタル)
 アップテンポのコミカルアレンジ。エンディングが「チャチャにおまかせ」に変わったのは32話からだが、このBGMは第31話「特訓がいっぱい!」から使われている。


■12. それぞれの決心! (佐橋俊彦)
 なんだかラスカル先生っぽいワィルドなBGM。最近でも第49話「行け!伝説の戦士たち」の冒頭で、大魔王の城へ向かう聖戦士たちのシーンで使われた。


■13. たいせつな時間 (佐橋俊彦)
 どことなく高貴さを感じる上品なBGMだが、なぜかどろしーちゃんの日常風景に使われたりした(第32話「危険な恋のトライアングル」)。忘れがちだが、そういえばいいとこのお嬢様だった。


■14. 聖・まじかるミュージカル グランドフィナーレ
 フィナーレをかざるのはチャチャにおまかせ……のスペシャルバージョン?その2。ぜひこっちの歌詞でも、カラオケで……と言いたいところだが、歌っている面子のせいでかなりの高難度になっている。


■15. 小さな一歩で~新しいステージ~ (手塚理、※佐橋俊彦曲モチーフ)
 「不思議の国のチャチャ」がモチーフと思われる。感動的なラストで使われるアレンジ元に対して、こちらは第36話「真実の鏡はウソツキだ!」で、大魔王討伐の旅へと一歩を踏み出すラストで使われたのが印象深い。


■16. 今日が大好き (作詩:大地丙太郎、作曲:佐橋俊彦、編曲:手塚理、歌:鈴木真仁、桜井智、赤土’眞弓、並木のり子)

 ラストは、第16話「出た!海坊主の妹」のラストで合唱していた曲が、パート分けにアレンジされて収録。作詩は16話演出の大地丙太郎である。

CHA16-99.jpg

 実は、やっこちゃん16話では歌ってなかったりする。

タグ:赤ずきんチャチャ | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
■【20周年】赤ずきんチャチャ 第51話「プリンセスの休日」(1994.12.23放送)
男爵・アニメモ | 2014/12/23 22:42
CHA50-98.jpg
前回の最終決戦は、制作現場にとってもクライマックスだったようで、、、年内最後の放送は、これまでの戦いを振り返る総集編です。

しかし、現場で自分たちの首をしめるのがこの作品! ――和崎伸之プロデューサー補はインタビューで語っている。

「普通、総集編というのは現場にとっては戦力温存できるわけで、非常に助かるべき物のはずなんです。ところがチャチャは単なる総集編に留まっておらず、きちんとしたストーリーはあるわ、新作カットが相当数あるわで、戦力の温存どころではなかったりで(笑)」(LD-BOX、DVD-BOXブックレットより抜粋)




そーいうわけでどんなわけでー。

大魔王から奪還したお城の様子や、パーティ会場でモテモテの元・聖戦士たちの様子が新作カットで登場しています。

CHA51-10.jpg CHA51-20.jpg
しかもこんな人多いシーンを……! モブだけでなく、うらら学園の生徒も1カットですがパノラマ総出演。そして、バラバラマン先生の隣には……まやちょん先生はここで初顔見せ?


CHA51-30.jpg
パーティ会場に姿を見せない王女チャチャを探して城内をうろつく2人。リーヤの影がオオカミになっているなど、短いがこだわりの新作カット。


CHA51-26.jpg
これまでの戦いを振り返るプリンセス。ここで、ようやく総集編に突入です。ここで振り返ってもらった、運の良い敵の人たちはこちら。


■第01話「お騒がせ魔法使い登場」
・セラヴィー、チャチャへプリンセスメダリオンを渡す。
・最初のホーリーアップ

■第06話「赤ちゃんは魔法がお下手」
■第09話「発進!ニャンダバーZ」
■第11話「決定!?すしチャンピオン」
■第19話「ゾンビ警報!うらら学園」
・マジカルシュート名場面集。ランランカンカン(の召喚した龍)やニャンダバーは一瞬だったが、はじめてアクションをみせたスッシー戦、弓矢対決となったきゅーぴふぇるちゃん戦が、クローズアップされている。

■第24話「私が伝説の王女様?」
・ソーゲス、そしてセラヴィーから語られるチャチャの生い立ち
・ジーニアス大王からセラヴィーに託されるプリンセスメダリオン

■第25話「なぜなぜ!アロー破れる」
■第33話「しいねちゃん宿命の対決」
■第41話「ねぶそく魔人大噴火!」
■第43話「完成!バードシールド」
■第50話「愛と勇気と希望の大決戦」

中盤の強敵であるアクセス、そして最大のピンチに陥れたカザンダン、、、こうしてギャグシーンなしに総集編を構成すると、チャチャが乗り越えてきた1年にわたる激しい戦いが、まだ幼いチャチャにとって、あまりにも苛烈だったことを思い知るのです。

CHA51-40.jpg

本当に、あっという間の一年でしたが、これにて年内の放送は終了! 次回52話は1月6日の放送です。(よっしゃ! 一週休める!)

(――2014年12月23日 さんま&SMAPの20周年スペシャルを観ながら)

タグ:赤ずきんチャチャ | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
■【20周年】赤ずきんチャチャ 第50話「愛と勇気と希望の大決戦」(1994.12.16放送)
男爵・アニメモ | 2014/12/16 23:55
CHA49-99.jpg




「久しぶりだな、セラヴィー!」
「やれやれ、やっとでてきましたか。あいかわらず卑怯ですね大魔王」「本当は弱いのよ」
CHA50-02.jpg
 尺がないのかギャグシーンを回避しているのか、もうこの期に及んでは、エリザベスにツッコまない大魔王。いくらなんでも久々に出会った旧敵が、なんていうか人形マニア(←婉曲表現)になっているのを間に当たりにしたらビビると思う。ので、ソーゲスあたりが近況を報告していたのだろうか。それとも当時からその片鱗があったのか。
 まあ、大魔王もノロワレアーマーを作り出したりしているので、(広い意味で)同好のよしみだったのかもしれない。さびしんぼかっ!



大魔王とセラヴィー先生の ものすごい 一騎討ち
CHA50-03.jpg
 とてもじゃないがキャプチャ不可能な、今回の一番の見所。「なんか…他のアニメみたい。。。」(第36話)という表現すらなまぬるい。もはや戦闘の次元が違う。世界一の魔法使いとかなんかそういうレベルじゃない。原作で天使と一晩中戦って互角だった(事実)、その戦闘力がかいま見られるのは、このシーンだけである。



「どろしートマホークっ!!!」
CHA50-04.jpg
 原作1話で登場したどろしーちゃんの魔法。……たぶん魔法。アニメ1話では出番がなかったが、この最終決戦に満を持して発動。しかもゲッ○ードラゴン風の両手斧に(原作では片手斧だったが)、そして大魔王に跳ね返されてトマホークブーメランで戻ってきた。


CHA50-05.jpg
 油断したのかなんなのか、チャチャたちに気を取られて拘束されるセラヴィー。

 そもそも1話でも(エリザベスを人質に)どろしーちゃんにつかまったり、魔法検定で弟子に捕まったり、最終話で捕まったりと、原作ではわりと良く拘束されている印象のあるセラヴィー。




「セラヴィー、お前はそこから王女の最期を見るのだ」「フッ。大魔王、あなたはチャチャに勝てませんよ」「何っ」
「お前は真の王家の力を知らない。チャチャがなにゆえ、マジカルプリンセスと呼ばれるか知らない」
CHA50-06.jpg
 あっさり捕まったくせに、余裕に満ちた偉そうな世界一の魔法使い。ピンチを切り抜けるためハッタリなのかなんなのか、もうどっちが敵役なのかわからない。そんなんだから原作で邪悪よばわりされるのである。



みんなで すごい 総攻撃
CHA50-07.jpg
 まあ、効かないんだけどな! リーヤの怪力では刃が立たず、お鈴ちゃんの大筒射撃(反動大)もダメージなし、マリンの「真夏の熱い砂浜」召喚も反射、しいねちゃん魔法弾を倍返しと、大魔王無双。さらに(珍しく成功した)チャチャの自然系召喚魔法も意に介さなかった。無理ゲーである。


やっこ印の すごい 魔法薬
CHA50-08.jpg
 やはり大魔王には効かなかったが、12話の「すやすやモンスターX」を強化した、やっこ印の魔法薬シリーズ。
 やっこ印の強力すやすやモンスターエクストラ、やっこ印の新・魔物ネムクナールスーパーエース、強力魔物ネムクナールスーパーウルトラエクストラエースお徳用ペットボトル……。やっこちゃんの日々の研鑽がうかがえる。……こんな危険なものを常に懐に持っているので、ちょっとしたテロリストである。



エリザベスの すごい 活躍
CHA50-09.jpg
 セラヴィーとエリザベスの愛の絆がなせる技。9人目の聖戦士が今、起動する! 大空、海原、地の底までも突き進む、エリザベスリモートモード(適当)である。



今週の すごくない バーニングフラッシュ
CHA50-0A.jpg
 あいかわらずよくわからないフォームのなぎ払いから放たれる衝撃波。



「わが忠実なる魔族ども! 魔界の扉より邪悪の力を我の元へ!!」「ワシの本当の力を見せてやる」
CHA50-0B.jpg
 本気の すごい 大魔王。(前回明らかになった)周りで倒れた魔族のパワーを吸収するだけでなく、なんらかのゲートを通して魔界のパワーをも発動できるという、 バーニングフラッシュもバードシールドも効かないラスボス仕様。




「チャチャ、あなたはまだ本当の力を出していません」「王家の血筋を引くあなたは、みんなの愛と勇気と希望を力に変える、不思議な力を持っているのです」
CHA50-0C.jpg
 なんで早く言ってくれなかったんですかぁ!! 全滅寸前の状況でそんなこと言われても!! 手遅れになる前でよかった!!

 そしてこの状況を打開したのは、まさかのやっこちゃん。「こんなこともあろうかとー、懐に温めしこの薬! やっこ印の『どんな障害も乗り越えて、愛する二人はラブラブハッピー』セラヴィー様に届け! えいっ」←文節ごとにハートマークをつけて再生してください。

 なんの魔法薬かはさっぱり分からないが、大魔王の結界をやぶるすごいパーフェクトキャンセレーション。これがいわゆるバシュタール現象である(ウソ)。



「さあ、戦うのですチャチャ。愛と勇気と希望の名のもとに!」
CHA50-0D.jpg
 ……この同時期。どっかのガン○ムファイターも金色に輝いて戦っていたという。\流派○方不敗の名のもとに!/



「ありがとう、リーヤ、しいねちゃん。……みんな私に力を貸して…! ウィングクリス――」
CHA50-0E.jpg
今週の すごい バーニングフラッシュ。いつもの同じフォームだが、誰がなんと言おうと、幻のすごい大技である。




「なぜ、この邪悪なパワーを集めたこのワシが、なぜお前のような小娘に…!」

「あなたがどんなに邪悪なパワーを集めようとも、あなたはひとりぼっちだから……」
CHA50-0F.jpg

 シャー○ンキングの「おまえ 友達 いねえだろ」(見開き)と同義の宣告を高らかに行うプリンセス。さらば大魔王!





次回、年内の最後の放送!

タグ:赤ずきんチャチャ | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
■【20周年】赤ずきんチャチャ 第49話「行け!伝説の戦士たち」(1994.12.09放送)
男爵・アニメモ | 2014/12/09 23:59
CHA48-99.jpg

前回、なんか無理やり集結させられた聖戦士たち。
CHA49-09.jpg
しかし迎え撃つ敵もオールスター(?)。チャチャ達をトラップで分散させたところに、5話10話以来ひさびさに登場・吸血鬼のきゅーちゃん。相打ちになるまでチャチャを追い詰めたカ・ザンダン、そしてノロワレアーマー。……なんか最後だけ格下の数合わせな気がするが、これが実は大魔王の計略である。



「わたしは努力と根性と大魔王さまの魔力でパワーアップしたのだ! どの娘もかわいくて美味しそうだなあ!」
CHA49-10.jpg
「この子はちょっと変わったオトナの味よ! 純情可憐味ならこの子よ!」と、仲間を売り渡すマリンがあいかわらずひどい。



「でも吸血鬼って、鏡に映らないんですよね」
「ええいうるさい! 誰がなんと言おうと私が一番カッコイイのだ! かっこいいやつは強いのだー!」

バリバリ最強の吸血鬼に、冷静すぎるお鈴ちゃんのツッコミ。原作ではバッチリ鏡に映っていたので、そういう種類の吸血鬼なのかと思っていたが、、、きゅーちゃんがそう思い込んでいただけ……という悲しい真実が…!






「くらえ!『手のひらに太陽をエーックス』!」「やっこ印の『強力顔デカクナールZ』!!」
CHA49-20.jpg
「ひどいわ…」「こわいです…」と、火薬玉やらウニやらで攻撃していた二人ですらドン引きするほどの……。あまりの悲惨なきゅーちゃんの末路はとてもお見せできません。。。。




「我が忠実なる魔族たちが滅ぶたび。邪悪なエネルギーがワシに集まってくる。チャチャ、我が魔族を倒せ。倒せば倒すほどワシのパワーは増大するのだ!」
CHA49-31.jpg
きゅーちゃんが倒されても余裕の大魔王さま。じつに嫌なラストダンジョンである。



CHA49-50.jpg
32話で登場した大魔王が魔力で生み出したノロワレアーマー。今回ぞろぞろ出てきますがもしかしてつねづね生産して魔力を貯蓄していたのでしょうか。守備兵として配置できるし、一石二鳥ですね。……まあ、城から出れないし他にすることもないし暇だっ(以下略



「とってもかわいい!ヒトメボレなの……結婚してーーーーーー!!!」

「やめたほうがいいですよ。この人はお料理も家事も何も出来ない人ですから。可憐な少女の時とは違って、そうとう歪んじゃいましたから」
CHA49-40.jpg
そんな軽口を叩きながら、あれほどチャチャを追い詰めたカザンダンをいとも簡単に一蹴。さすがは世界一の魔法使い……とか、そういうレベルじゃなく、明らかに戦力として破格です。セラヴィーとは一体何者なのか。。。





「魔法の国の人たちの怒りと、あなたに操られた魔族の者たちの痛みを、思い知らせてあげるわ!」
CHA49-60.jpg
対峙する大魔王に、似合わないタンカを切るマジプリ様。




「チャチャ、落ち着くんですよ」「チャチャさん!あたしたちみんながついてます」「そーよそーよ!」
CHA49-70.jpg
コマンド「おうえん」でテンションアップ!!して、袈裟懸け気味に衝撃波を放つ今週のバーニングフラッシュ。

「とうとう大魔王を倒したのね!」



「影武者です。おそらく大魔王の魔力で無理やり変身させられたのでしょう」
CHA49-81.jpg
それなんてクッパ大王。

あわれヨーダス・ハイデヤンス。ついでとばかりに大魔王の魔力の足しにされてしまったようです。


いよいよ次週! 最終決戦!!!

タグ:赤ずきんチャチャ | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
■【20周年】赤ずきんチャチャ 第48話「狸合戦!ぶんぶく茶がま」(1994.12.02放送)
男爵・アニメモ | 2014/12/02 23:59
CHA48-00.jpg

ナウシカやラピュタに比べるとアレなので、もう知らない人もいるかもしれないが、当時『平成狸合戦ぽんぽこ』(1994年7月16日公開)という映画があった。やっぱり時事ネタは風化しますね。。。



「チャチャはコインを集めているな?」
CHA48-04.jpg CHA48-16.jpg

(今までめんどうなので書かなかったが、)36話から47話まで、倒した敵キャラがおとしてきたキーアイテム、全8枚。わかりやすいように一覧にしておいた。

○36話:ミラード
○37話:アリマッキン
○38話:パンダ大王
○39話:乙姫(玉手箱)
×40話:総集編
○41話:カ・ザンダン、
×42話:バリキマッス・ルー
×43話:キヨトーラ
×44話:ハーピィ
○45話:モドキング
○46話:月光
○47話:ガロック

ドロップしたのは大魔王の城への関門となった敵のみ。脇道なバードシールド編のルーやキヨトーラ、わざわざうらら学園にきたハーピィは落としていない。

これらのコインを誰に言われるまでもなく、とりあえず拾い集めていたチャチャ。いわゆる「それをすてるなんてとんでもない」というやつだろうか。相打ちになったカ・ザンダンのときも、誰かが(たぶんセラヴィーが)回収していたらしい。

セラヴィーは「どうやらあのコインには秘密があるようですね」などとすっとぼけているが、あとあとの反応からすると当然知っていたと思われる。





「大事なコインを落としたの、、、コインが欲しい。。。でないとおじさんがいじめるの」
「おじさんは身の丈4メートル、二本の角に鋭い牙、ピカピカゴロンといじめるの」
CHA48-10.jpg

これは31話の大魔王の描写(体長4メートル、目は鋭く、口には牙、頭には角、背中にはツバサが生えています)からつながるもの。



失敗にめげず、さらに変化でだましてコインをだまし取ろうとする魔界ダヌキ。
CHA48-20.jpg
犬対策に大魔王印の匂いノンノンX(消臭スプレー)、そしてヨーダスお得意の催眠術が大活躍。



「ちょっと女神さま、もしも、もしもですよっ! 男が二人、同じ女の子に想いを寄せているとしたら、あなたどちらの願い事を叶えるんですか!」
CHA48-30.jpg
匂い頼みのリーヤはごまかせても、疑い深いしいねちゃんはだませない……とおもいきや、彼の弱点をついた見事な作戦。不良にしたときといい、しいねちゃんの弱みにつけこむヨーダスである。



「チャチャさん…いや違う。ジョアン一世……そうか、あれは昔の魔族との戦いの絵だ」
CHA48-40.jpg
「天井に描かれたたくさんの絵、ジョアン一世、魔族との戦い。そして、お花畑の中の魔法陣。ここは一体、いつ誰が何の目的でつくったんでしょうね」

※この謎は別に明かされたりしません。






「そりゃ簡単だよ! ここはジョアンさんのコンサートホールだったんだよ」「は?」「やっぱ平和になったら歌でも歌いたくなるよね」「え?」
CHA48-50.jpg
ええと、あながち違うとも言い切れないのだが、ここまできての唐突な大ボケに、もうツッコミきれないしいねちゃんだが、すぐにのっかる。

「やったなチャチャ、歌って踊れるプリンセスだ!」「チャチャさん……ぼく、作詞と作曲やります!」「この後の目標もできたし、がんばりましょー!」

さすがに人前で歌うのはちょっと……ということか、裏方に回ろうとするしいねちゃん。CDドラマのミュージカルでも脚本・ディレクターを担当している。




「そんなのはもう見飽きたダス!」「こっちもさらに変身でやんす!」
CHA48-60.jpg

お約束なバンクをネタにするタイムボカン的ギャグ。今週のバーニングフラッシュは30話や42話など佐藤竜雄演出回に多く見らるフォームで、おそらくいちばん出番が多い。

ちょっとしたボケを入れるマジプリ様。30話のトランポリンや42話のルーとのギャグ描写など、佐藤竜雄演出回に多いような気がする。


「ほぉー、はじまりましたねー」「なんで私が光るの?!」「光るだけじゃないわよ」「さぁー出発ー!」
CHA48-80.jpg

「大魔王、いま行きますよ!」「何…!」
CHA48-86.jpg CHA48-88.jpg
 宣言するのはセラヴィー先生。城を追われて十年、ついに反撃の準備が整ったのです。

「今こそよみがえらん。われら愛と勇気と希望の名のもとに集う、8人の聖戦士なり!」

 どっかの通称マイメロも同種の魔法を使っていたが、場合によっては非常に迷惑である。仲間を強制的に集結させる、アポート系の魔法。特殊な場所とキーアイテムを集めなければいけないという制約はあるものの、少数の尖兵から大きな戦力を送り込める魔法。DQ4でいうところのバロンの角笛である。



「苦しい旅でしたが、よくがんばりましたね。これからはみんながいっしょです。8人の力で大魔王を倒しましょう!」
「ちょっとちょっと大丈夫なのこのメンバーで」
CHA48-90.jpg

あきらかに駄目じゃないっすかね。。。聖なる魔法陣が、もう複雑な三角関係群を表しているようにしか見えません。。。



「でも心強いなあ、セラヴィーさんやお師匠さま、それにお鈴ちゃんがいるんですから」
CHA48-95.jpg

つまり。

 セラヴィー ←心強い
 どろしー  ←心強い
 お鈴ちゃん ←心強い
 やっこちゃん←心強くない
 マリン   ←心強くない

納得のしいねちゃん評である。

タグ:赤ずきんチャチャ | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
■【20周年】赤ずきんチャチャ 第47話「熱き友情の橋を渡れ!」(1994.11.25放送)
男爵・アニメモ | 2014/11/25 23:58
CHA47-00.jpg




「なぜチャチャ達は次々と関門を突破できるのだ……!」
CHA47-01.jpg

 その答えはあとで。
 大魔王さまの怒りももう限界。先週までの余裕が嘘のよう。前回の月光さんが、手駒の中でも最後の実力者だったのでしょうか。。。




「いでよ橋!いでよ橋!いでよ橋!……」
CHA47-11.jpg CHA47-12.jpg
 乱気流がすごくてホウキじゃ渡れませんが、いつぞやの四途の川とちがって端が見えるので、連続召喚魔法を敢行する王女様、すごい魔法持続力。しかし魔法力よりも先に舌が……



「俺たちゃ田舎の気球売り~♪」
「のってけのってけのってけ気球にらくちんらんくちんオーヤレホー♪」
「わたしはここよー ここなのよー♪」
CHA47-20.jpg CHA47-61.jpg
気球を売るにも乗るにも、ピンチのときにも、とにかく歌い出す人たち。はい、大地丙太郎演出回です。

とりあえず。39話の渡し船と同じパターンをもう一回。繰り返しはギャグの基本。




「きっと立派な橋もあったんでしょうね!」
「誰が壊したのかしら!」
「とんでもねー悪い奴がいるもんだぜ!」
CHA47-30.jpg
 もうわざととしか思えないほど、とおりすがりの犯人に的確な追い打ちをかける3人。



「ようやくきおったなジジイ!」
CHA47-40.jpg
 今回の敵ガロック。橋を壊した?リーヤのじいちゃんを恨んでいます。
 そういえば、お前どうやってこっちまで渡ってきたんだ。。。谷を……降りてまた登ったのか……?



「この橋はガロックが中心となり、長い年月をかけようやく完成したものじゃった」
「当時ワシは怖いもの知らずの将軍。ガロックは国王から橋守りを仰せつかった。じゃが――」
CHA47-50.jpg
 47話にして明かされる重大な設定。セラヴィーだけでなく、リーヤのじいちゃんも王国の要職についていたという過去!
 リーヤのことを「近所のただの悪ガキ」とセラヴィーは言っていたが、近所なのはぜんぜん偶然ではなかった模様。以下憶測だが、もちもち山が狼男の隠れ里的なもので、隠れて幼い王女を育てるのにちょうどよかったので、セラヴィーが居を構えたというところだろうか。
 そして原作にもないリーヤのじいちゃんの狼形態が! どっかの自称賢狼のようなデカいオオカミかかとおもいきや、鎧を来たまま獣人形態。まあ、脱がれても困りますが。原作でリーヤの兄弟が狼形態になったときは普通にオオカミ(なんだそれ)だったので、これはアニメオリジナルかもしれない。が、もしかしたら高位の狼男は人間⇔獣人⇔獣の3形態に変化できるのかもしれない。あにゃまる探偵みたいに。


「わしにできることはもう一度橋をつくって、ガロックに許してもらうことじゃ」

じいちゃんが木こりをやっていた(15話)のは、この伏線だったのか。。。。って、回収するのにどんだけ長い伏線はってるんだ。。。





「ガロックよ…お前のその憎しみをワシが大いなる力に変えてやろう……」
CHA47-58.jpg
 初代ムーラマーサを「この城はもはや落ちたも同然。お前も利口ならワシに忠誠を誓い魔界に入るのだ」と勧誘した(42話)ように、城内のめぼしい人材を取り込もうとする大魔王さま。
 その成功例がガロックのようです。友に裏切られ橋を壊されたガロックの心につけこんで、見事洗脳成功です。……結界に閉じ込められて暇だったんかとか言っちゃ駄目ッ!



頭装備:イヤリング
CHA47-60.jpg
暗闇に紛れたガロックの攻撃を探知、バードシールドの追加装備であるイヤリングの効果がここで判明。

ガード強化・ガード性能だけでなく、回避性能もあがっているようだ。もしくは千里眼? (モンスターハンター的に言うと)



今週のバーニングフラッシュ
CHA47-70.jpg
イヤリングの効果で探知した方向へ狙い定め、上段から正面に振り下ろしまっすぐビームを放つ今週のバーニングフラッシュ。今回はそんなに気合いを入れてないっぽいので、(おそらく呪われた)アーマーが壊れて、正気に戻るガロック。

しかし、あの、マグマのど真ん中に取り残されるとかひどいんですけど姫様。。。



「ガロック、どうしてあの子どもたちがいくつもの恐ろしい関門を乗り越えてここまで来れたと思う。
 ――それはな、あの子達はどんな困難なときでも決して、あきらめることをしないからじゃよ」
CHA47-82.jpg CHA47-83.jpg
冒頭の大魔王の問いへの回答にもなっているじいちゃんのセリフ。チャチャの「大丈夫、なんとかなるわ、がんばるもん!」というセリフに対する、その結果を表したセリフとも言える。

このあとにかかるBGMは、(このシーンがたぶん初出なのだが、)聖まじかるレビューVol.4のトラックNo.14の後半に収録。



「ふたりとも、どうなっちゃったのかしら」
「もう、このまま……」
「大丈夫だって、うちのじいちゃんの底力はすごいんだぜ!」
CHA47-91.jpg
谷は渡れたが、じいちゃんは犠牲になったのだ。。。

ってまあ、確かに大丈夫だったのだが、この直後のリーヤの反応をみると(じいちゃんが生死不明の状態なのに)チャチャとしいねちゃんを安心させるために強がって言ったことがわかる。こういうところがリーヤのほんとにカッコイイところだったりする。



なお、木こり&崖登りのシーンがあったので、なんかアイドルカツドウとからめて書こうと一瞬思いましたが面倒なのでやめました。

タグ:赤ずきんチャチャ | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
■【20周年】赤ずきんチャチャ 聖・まじかるレビュー VOL.2 うらら歌劇団・おひろめ公演(1994.11.23発売)
男爵・アニメモ | 2014/11/24 23:58



 いつもセリフを歌い出すうらら園長の影響か、CD第二弾(そしてつづく第三弾)は、うらら学園同窓生による聖まじかるミュージカルという手の込んだものになっており、サウンドトラックは(いろいろあって)舞台の準備が整う間のつなぎ、という演出で差し込まれる。


■01. チャチャにおまかせ
 ヒロイン3人組が歌うエンディングテーマ。第32話「危険な恋のトライアングル」から使用された。


■02. 聖・まじかるミュージカルはじまりのあいさつ
 しいねちゃんが3日徹夜で書き上げたカンペキなシナリオ。もちろん崩壊する。

■03. 元気がとまらない! (佐橋俊彦)
 サブタイトルのジングル。そして、しいねちゃんいわく「僕らのお元気ソング」が収録されている。
 特訓回とねぶそく魔人回(※ともに大地丙太郎演出)で、突然歌い出したアレである。このミュージカルの最初に流れる曲として、これほどふさわしい曲もあるまい。


■聖・まじかるミュージカル第1幕「ぶりっこ人魚姫マリン」
■04. 海の底~海辺~海の洞窟
■05. 舞踏会

 とりあえずマリンとリーヤをくっつけようという、脚本兼ディレクターしいねちゃんの策謀があふれる第一幕。
 例によって王子役のリーヤがまったくしゃべらないのを、「きょうのリーヤはなんだか無口だな」「きっとお腹が空いているのよ」でなんとかしてしまうのがステキである。
 この劇の敗因は、やっこちゃんのセリフどおり、「しかたがないわね、この配役じゃ」ということに尽きる。

■06. いつもいっしょ (手塚理)
 36話からつかわれた、ニャンコハウスバージョンのアイキャッチ。

■07. あやしい人たち・イン・自分の世界 (佐橋俊彦)
 種々のBGMのメドレー。ひどいタイトルだが、そのとおりなので仕方がない。

■08. チャチャ,またもや敵と遊ぶ (佐橋俊彦)
 チャチャの魔法ジングル。そしてチャチャの(変身前)ドタバタシーンといえばこの曲である。



■聖・まじかるミュージカル第2幕「お鈴ちゃんの桃太郎」
■09.もちもち山のふもと~川辺~おじいさんの家
■10.鬼が島への道~鬼が島

 お鈴ちゃんなら大丈夫……お鈴ちゃんメインのシナリオならきっと無事にまとまるはず…! 脚本を書いたしいねちゃんにそんな意識があったかどうかわからないが、(うらら学園OBとして特別出演の)おじいさん役にセラヴィーを、おば…おねえさん役にどろしーちゃんを据えて、(2人のどつきあいはいつものこととして)すばらしく安定のスタート。

 しかしオトモの犬猿雉が、チャチャにやっこちゃんにマリン。。。無理だ。無理だろこのキャスティング。いやそこはリーヤチャチャしいねちゃんで良かったんでは? でもそうすると、セラヴィー手作りの桃だんごやら桃ずきんに反応して誰かさんが乱入してくるか。。。リーヤ歌えないしな。。。。悩ましいところである。


■11. 君色思い(インストゥルメンタルその2)
 感動的なシーンで流れる、フルートとバイオリンによるアレンジ。

■12. お鈴、行きます!(手塚理)
 お鈴ちゃんの忍術と剣技が炸裂する、和楽器風のかわいらしい戦闘曲。ミュージカル第2幕「お鈴ちゃんの桃太郎」でもこのアレンジが多用されている。
 実のところこの作品では、タイトルに個人名まで入ったキャラクター専用曲はめずらしい。


■13. 笑顔が好きだから(インストゥルメンタル)
 オルゴール風アレンジ。 第25話で、グレたしいねちゃんを問い詰めるリーヤのシーンで使われたのが印象深い。

■14. 聖・まじかるミュージカルおしまいのあいさつ
 エンディングをかざるのはチャチャにおまかせ……のスペシャルバージョン? ぜひこっちの歌詞でも、カラオケで歌っていただきたい。



■15. 聖なる鳥よ、光の翼で道を示したまえ~ウィングクリスのテーマ~(手塚理)
 もちろん初使用は第30話「これが噂の不死鳥の剣<ウィングクリス>」。それから毎回のように使われているが、第45話「本物はだれなのー!」のような例外もある。

■16. チャンス!!~いつも君のそばに~
 チャチャにおまかせのカップリング曲。やっこちゃんソロ→マリンソロ→チャチャ&二人がメインとなる流れの構成。この曲をアップテンポにしたインストアレンジが、イジワルコンビの登場シーンで使われることになる。

 なお、この曲の作詞作曲は、後にOVAの主題歌も担当することになる松浦有希が担当している。

タグ:赤ずきんチャチャ | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
■【20周年】赤ずきんチャチャ 第46話「進め!マジカル忍者部隊」(1994.11.18放送)
男爵・アニメモ | 2014/11/18 23:57
マジカルプリンセスの物語を覚えているものは幸せである――

CHA45-99.jpg CHA46-13.jpg
今回の刺客、抜け忍の月光さん。……だから忍者部隊月光とか、いったい誰向けのネタなのか……! あらためて確認してみたら1964年とか、当時ですら30年前の…!

なおこの月光さん、コバルト文庫版「まじかる・ストーリー赤ずきんチャチャ(8)」での描写には、「いでたちは、洋風な鎧をつけ、長髪、右目を覆う長い前髪にメッシュの、某ロックバンドの大○ケ○ヂがちょっと入ったような感じである(P69)」などと書いてあって、だから一体誰向けの(以下略

なお、月光さん(CV:音速丸)がこんな忍者にあるまじきパンクな格好なのは、地味な黒装束とか忍者丸とか、もう影に生きる忍者が嫌で抜け忍になったから。「そんな生活が嫌になったのだ!」「自分の生きたいように生きて何が悪い!」と渋い声で言い放つのが無闇にカッコイイです。





「うしが笑ってる。。。」
CHA46-02.jpg
牛! それは38話につづき物語の冒頭を飾る、チャチャのお決まりの寝言のことであるぅ!!



「ハラヘッター ハラヘッタヨー」「ぐーぐー」
CHA46-03.jpg
もはや移動中は常になにか歌っているチャー子とリーヤ。今回チャチャは合いの手担当。


「ゴールドスミスは賑やかな街のはずですから。。。」
CHA46-20.jpg
そんな名前のくせに、小説やらブックレットやらあちこちでつっこまれる和風の街並。もとからこんななのか、支配者である月光の趣味なのか。。。


「ブヒーつよーい!」
CHA46-30.jpg
「いでよ武器ー!」の結果。ザコ忍者を蹴散らす恐ろしい破壊力。以前の3匹のこぶたとは威力もビジュアルもちがう。。。一体なんの影響が。


CHA46-40.jpg
容赦なく作画枚数を使ったお鈴ちゃんの立ち回り。はい、例によって桜井演出/音知作画監督回です。


CHA46-41.jpg
お鈴ちゃんフィルター。



「手にしたものに悪しきこころと欲望を与える金貨…すばらしい出来だな、月光」
CHA46-10.jpg
いまのいままで給料をもらっていなかった(!)ヨーダス&ハイデヤンスが実験台に。キューピッドのときのパターンを思い出しますね。


「せっしゃも忍者の端くれ、そのようなことは万事承知……」
CHA46-50.jpg
といいつつ持っちゃう、お約束のくだり。はせさん治の怪演が光る。


「なんでもいーわ!」
CHA46-60.jpg CHA46-65.jpg
チャチャお得意の魔法。今回は爆弾魔もびっくりの広域殲滅呪(自爆技)へと進化。あいもかわらず失敗がことごとく大災害へつながる、将来が不安なプリンセスである。


CHA46-70.jpg
お鈴ちゃんの桃ずきんが閃光玉に! それをどっかのコーチっぽいサングラスで見守るしいねちゃん。

なお原作では、(やっこちゃんが聞いたら例によって激怒しそうだが、)この桃ずきんはセラヴィーの手作りの逸品である。



「待ちなさい! あなたも大魔王の手先なら、私が狙いのはずよ!」
CHA46-80.jpg
和洋まざったミスマッチが月明かりに映える、マジプリ様と月光との殺陣。さすがにその大魔王以上に魔王みたいな声でも強さがわかる終盤の強敵、一撃でやられたりはしませんが。。。


・今週のぶるぁぁぁぁぁニングフラッシュ
CHA46-90.jpg
立ち上る煙の中からなんだかよくわからないフォームの変則居合い斬りで、屋根瓦を巻き上げながらアッパー気味に不死鳥のオーラを飛ばす今週のバーニングフラッシュ。

おそらく、シリーズ中いちばんかっこいいバーニングフラッシュの喰らい方である。


次回、戦雲がチャチャを呼ぶ。かもしれない。

タグ:赤ずきんチャチャ | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
<ジャンル:アニメ・コミック / テーマ:アニメ
■【20周年】赤ずきんチャチャ 第45話「本物はだれなのー!」(1994.11.11放送)
男爵・日々メモ | 2014/11/11 23:33
CHA44-99.jpg


「モンスターの中で一番よわいんでしょ、スライムさんって」
CHA45-31.jpg

主役からひどいことを言われてしまった、今回の敵モドキング。バードシールドやら同窓会やらで寄り道した大魔王討伐の旅もようやく再開したというのに……いまさらスライム? しかしこのモドキング、ただのスライムではなかったのである!

……いちおう余計な補足をしておくと。ドルなんちゃらの塔とか、なんちゃらクエストとかいうメジャーなゲームのせいか、一時期スライム=ザコなどという認識が広がってしまったことがあった。しかし、一般的にファンタジー世界でのスライムは、斬撃も打撃も効かないわ何でも溶かすわマジでやばい部類のモンスターなのである。Sa・Ga2のせんせい(スーパースライム)の強さを思い出していただきたい。



「このダンジョンに篭ってはや幾年。私の配置部署の異動願い、大魔王さまは聞き入れてくださりましたかのぅ?」
CHA45-03.jpg
スライムの中のスライム、モド一族は「姿形はおろか相手の能力をもコピーできる能力」を持っているという。後々わかるがその触れ込みは伊達ではない。こんな辺鄙なダンジョンに配置されているのも、もしかしたらコピーされるのを大魔王が恐れてのことかもしれない、と思うほどだ。



「用意万端! やっこ印の魔法薬百選!」
CHA45-10.jpg

 もうだいぶ大魔王の本拠地の近くのはずだが、(セラヴィーに気に入られようと)薬草をもとめてさまようやっこちゃんと遭遇。…近所か!

 たびたびやっこちゃんが魔法薬を間違えるが、こんなに持ち歩いていたのでは無理もない。





・やっこ印のウエシタカワルーノG(天然ビタミン配合)
・やっこ印のオツムカチカッチンD(しかも頭が良くなる成分配合)
CHA45-40.jpg

 結果的にチャチャのピンチを救った魔法薬シリーズ。卒業後も日々研究がすすんでいる様子である。




\愛よ/ \愉快よ!/ \キンキラキンよ!/
CHA45-50.jpg
リーヤ&しいねちゃんに化けてキーワードを間違えることにより、変身魔法を歪めるという………あの、その、「姿形はおろか相手の能力をもコピーできる」能力をつかってやることが、結果的に変身の妨害といういつものパティーンなのですが。。。

いや、これは憶測なのであるが、何回も変身させることにより魔法式を解析したか、あるいは魔法力を消耗させることが目的だったのかもしれない。

なんにせよ、変身バンクを何回も流すことができて、スケジュール的にも貢献! すごいぞモドキング!




「暗黒プリンセス、ダーティアップ!」
CHA45-60.jpg
倒されたと見せかけて、能力をコピー! 暗黒聖闘士やらバッドエンドプリキュアやらのとても挙げきれない例を出すまでもなく、長期シリーズものでは必ずあるといってもいい、燃える展開!!




「不死鳥が二羽!?」
CHA45-70.jpg CHA45-75.jpg

さらに不死鳥の召喚やバードシールドまで……! いくらなんでも俺の知ってるスライムと違う…!

反転&カラーバリエーションを施した召喚バンクは、絶対的なパターンを歪めることで脅威を煽って、たぶん作画も助かって一石二鳥。



CHA45-80.jpg
同じパワーだが戦闘能力でチャチャを圧倒する暗黒プリンセスを、しいねちゃんスペシャル魔法弾で硬直させたところに、30話や42話と同じモーションで今週のバーニングフラッシュ。さすがマジプリ様、自分と同じ形貌の相手にも容赦無い。

なお暗黒プリンセスの声はしいねちゃん役の日高のり子が担当したが……とかのエピソードは常識の範疇なので、ここでは解説しない。

ダメージがあまりなく勝ってしまったので、強敵という印象は薄いモドキングですが、これがもしも、セラヴィーとか大魔王とかの能力をコピーしてくるような展開だったら。もっとヤバかったかもしれません。

タグ:赤ずきんチャチャ | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
<ジャンル:アニメ・コミック / テーマ:アニメ
■【20周年】赤ずきんチャチャ 第44話「輝け!うらら学園同窓会」(1994.11.04放送)
男爵・アニメモ | 2014/11/04 23:04
CHA43-98.jpg
 チャチャは、マジカルクイーンの3つの武器をすべて手に入れた! あとは大魔王の城までまっしぐらですね!  さあ、同窓会だ! って、オイィィィイイイイイイ!!!

CHA44-01.jpg CHA44-02.jpg
 年内に大魔王を倒さなきゃ…とかそんなシリーズ構成の都合を一切読まない、うらら園長からの魔法メール。ホログラムなのでアレだが遺言とかじゃないです。




・クラスメイトと熱血変態教師との再会
CHA44-20.jpg
 いつものくだりを怒涛のように繰り出す面々。しっかりしいねちゃんのそばをキープしつづけるお鈴ちゃんに注目である。



・魔物変装3点セット
CHA44-10.jpg
 最終的に「大魔王を倒せるのは王家のものだけ」「私達は手出しができない」ということを再確認する二人の師匠。そう、なんだかチャチャ達を危険な目にあわせるような誘導が多かったのは……。

 ついに困ったときの最終手段「ただの通りすがりシリーズ」を封印し、師匠離れ(そして弟子離れ)を決意する。そして「魔物に変装して襲いかかり、弱点を見つけて後で特訓」作戦を計画して。。。あれ!?


「妖術破れたり! 失せよ魔族の者!!」
CHA44-09.jpg
 さて久々にうらら学園を襲うシチュエーションとなる今回の刺客は、かつてチャー子パパこと若かりし頃の前国王を惑わそうとしたハーピー。国王を操って国ごと大魔王に献上するという、単に力攻めだけではなく「城を攻めるは下策、心を攻めるが上策」を実践していた戦略があきらかになる。

 前国王を誘惑できなくてプライドをズタボロにされたので、王家一族を憎んでいます。完全に逆恨みです。それにしても、せっかくそのときの傷がいえたというのに、うらら学園に潜り込んだばかりに、、、


「だ、だれが男だ!」
CHA44-30.jpg CHA44-40.jpg
 セラヴィーの変装と勘違いされ、やっこ印の「チカズキタクナ~ルP」と間違えた「トオザカリタクナ~ルQ」をぶちまけられるわ、園長のかくし芸の雇われお姉さん(なんだそれ)と勘違いされるわ。。

 うん、、、セラヴィーやどろしーじゃなくてよかったねやっこちゃん。。。


「ハーピーには相手の魔力を吸い取る能力があるんです!」「えーー! そんなこと先に言いなさいよ!」
CHA44-50.jpg
 大ジャンプから大上段で叩きつける今週のバーニングフラッシュは逆効果に。飛行能力、巨大化能力に魔力吸収、目から怪光線と、もうそれハーピー違う。……どうやってこんなの倒したんだ前国王。


そんな強敵を「見守るのよ!」と自制を促すどろしーを尻目に。。。。



\うらら学園OBどどんぱむすめ/ \レディースチームげきそうギャルズ/
CHA44-60.jpg
イジワルコンビ三度。

「ええいうるさいどっちでもいいだろ!」とハーピーを怒らせ、サザエの大群&やっこ印のナンデモヤッツケ~ルRは吸収されて、ますます戦闘状態は悪化。


こんどはセラヴィーが「いけません、我慢です! …我慢です」と自分に言い聞かせるようにどろしーを制止。


\うらら学園ミラクルティーチャーズ/ \お鈴も助太刀しますー/
CHA44-70.jpg

「何だこんどはぁ!?」 次々と入る邪魔に、もうハーピーの怒りもMAXです。

チャチャを拘束しつつ「お前を倒せば大魔王さまは石になった国王と王妃を私にくださる」「二人を粉々に破壊してやるのだ」と、冥土の土産を……あかんそれフラグやで。。。


CHA44-80.jpg
イヤボーン効果でバードシールド発動、拘束を解いて飛び散った羽根のエフェクトが美しい。冷静に盾を構えて攻撃をはね返すマジプリ様。

ハーピーさん、相手の魔力は吸収できても、跳ね返された自分の攻撃は吸収できなかったようで。。。



「さあ、新たな旅立ちのときですね――」
CHA44-91.jpg CHA44-92.jpg



CHA44-95.jpg
最後の旅立ちに際して弟子にわたすものが手作りポシェットというのは、なんともセラヴィーらしい贈り物。激怒しそうなやっこちゃんの顔を思い浮かべつつ、今度こそ! 多分今度こそ大魔王の城までまっしぐらです!

タグ:赤ずきんチャチャ | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
■【20周年】赤ずきんチャチャ 第43話「完成!バードシールド」(1994.10.27放送)
男爵・アニメモ | 2014/10/28 23:19
CHA42-99.jpg CHA43-09.jpg

残り話数も少ないので、\完成しちゃいました/

だがしかし。バードシールド完成の影には、ある男の悲しい物語があったのです。

この話、そのさすらいのトランペッター・クラウドさん(演:内海賢二)の独壇場です。


「わしはトランペットを片手に世界中をさすらった……だが、故郷のエデンの里が懐かしくって……。わしの最後の夢は、故郷のみんなの前でこのトランペットを吹くことなのじゃ」
CHA43-10.jpg

バードシールドの素材アイテムとなる「エンジェル砂鉄」が「昔はエデンの里にあるエデン鉱山にたくさんあった」というセラヴィー情報(誘導)により、エデンの里を目ざす途中で出会ったおじいさん。

リーヤにさわらせないほどトランペットが大事らしい。



「これが本当にエデンの里なのか…わしの、わしの故郷はどうなっちまったんだ……」
CHA43-20.jpg

 そして初恋の人ボニーと再会し、、、ケンカをはじめるクラウドさん。ボニーさんいわく、「勇敢にもキヨトーラに向かっていったものはみんな石像にされ、他のものは皆キヨトーラをおそれて里をでていった。この村に残っているのはもうわしだけじゃ」

 ……なぜボニーさんはこんな危険なところにひとりで残っていたのか。(←答えは後で) そして大魔王も「エデンの里にはわが忠実なる魔族キヨトーラがいる。天下無敵の槍の使い手キヨトーラだ、やつならたやすくチャチャを料理してくれるだろう」というほど信頼も厚い、アクセスと同じクラスの強敵がこんなところで一体何をしていたのか。



そしてボニーさんの口から衝撃の事実が!



「昔はエンジェル砂鉄もとれてこの村も賑やかだったがじゃのう。」
「昔!? いまはエンジェル砂鉄は!?」

「今はぜんぜん! もうとっくの昔に掘り尽くしてしもうた」
「えーーー!!」

な、なんだってーー!

ほんとにキヨトーラはこんなとこで何をしてるのか。。。完全に憶測だが、バードシールドの伝説を知ってムーラマーサを探していた大魔王が、エンジェル砂鉄の産地に信頼できるキヨトーラを送り込んだ?(廃坑になったと知ってか知らずか)。不死鳥の里をおさえていたガンダーのように?




「こいつが村のみんなを石にしたやつか! おのれー!!」

「じじい、貴様も石像にしてやる!!」
CHA43-30.jpg

槍だけでなく、大魔王も使っている石化の魔法(シャイニングフィンガー風)をあやつる強敵キヨトーラ。




「ワシの夢は全て消えた。故郷も友達も、初恋の人も。ワシは若いころ、ボニーにフラれたと思って村を出た。だがボニーはずっとワシの帰りを待っていてくれた……いまワシにあるのはこのトランペットだけじゃ。」
CHA43-40.jpg

誰もいなくなった村に、悲しげに響くトランペットの音色。

そしてチャチャになぜか「このトランペットをあげよう」と言い出したクラウドさん――




「そのトランペットは、昔この村を旅立つときに持って出たものじゃ――

 エンジェル砂鉄でできておる」

CHA43-49.jpg

「えっ、いいの…クラウドさん……」



「さらば…ワシの青春…」

CHA43-50.jpg

 おじいさんのトランペットを鋳潰してつくったシールド、という説明を用いるには、あまりにも悲しい経緯で甦った伝説の武器。

 それを問答無用に演出しているのは、間違いなく今は亡き内海賢二のその声です。





「チャチャさん!! バードシールド・ビルドアップです!!!」
CHA43-70.jpg

 バンバンバンバン! ビルドアップ!

 ホーリーアップ→スキルアップ→ビルドアップという、だんだん魔法っぽさから遠ざかっていくキーワードと共に、バードシールド完成です! バード・ゴー!

 (後々効果が判明する)イヤリングも同時に追加装備されています。




CHA43-80.jpg
 シールドから内蔵された翼が展開し、キヨトーラの自慢の槍(爆破属性)をものともしない力場を発生させるすごい盾。




CHA43-91.jpg CHA43-92.jpg
 今週のバーニング・フラッシュはオープニングや38話39話と同じフォーム。



CHA43-94.jpg CHA43-95.jpg

 キヨトーラが倒された後は、石像にされた村人も元通りに。 これがどっかの念能力だと「死んだ後もっと強くなる」のでやばいのですが、これなら大魔王を倒せばチャチャの両親も元通りになりそうです。


 チャチャは、マジカルクイーン・ジョアン一世の3つの武器をすべて手に入れた! あとは大魔王の城までまっしぐらですね!


 次回は全然まっしぐらじゃないんだけどな!






 で。
 
 
 
 
 
 これがウワサのバードシールドです。


CHA43-99s.jpg

 光ってウイングが飛び出すギミック! なおイヤリングはついてません。

タグ:赤ずきんチャチャ | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
<ジャンル:アニメ・コミック / テーマ:アニメ
■【20周年】赤ずきんチャチャ 第42話「伝説のシールドを探せ!」(1994.10.21放送)
男爵・アニメモ | 2014/10/21 23:40
CHA41-99.jpg

前回の死闘により36話から始まった大魔王討伐の旅が、5週目にしてまさかのスタート地点まで戻りました。

そして、三番目の武器を探すサブシナリオイベント発生! そんなシリーズ構成で大丈夫か!? 予定の4クールまであと約10話! あと10話ほどしかないのだ!!


あ、チャチャのダメージは「いたいのいたいのとんでけー」のおまじないで回復しました。

CHA42-02.jpg CHA42-03.jpg



「元・王家筆頭鍛冶屋さんムーラ・マーサ、彼の鍛えし1本500エン、きのう市場で買いました」「大魔王の手から逃げ延びて、どこかで鍛冶屋をしているのよ、きっと」
「そうか、第三の武器は『ほうちょう』だ~~!?」
CHA42-04.jpg CHA42-05.jpg

なんという実用度満点の販促アイテム!! これならお子さんに安心して買ってあげられますね!? これは売れる!!!



「彼には盾をつくってもらいます。その名もバードシールド!」「しつもーん、なぜ盾なんですか? こんな包丁をつくれるならもっとすごい…」
「攻撃は今のままで充分です。むしろ防御のあまさが問題なのです」

CHA42-12.jpg

もうじゅうぶんに つよい!

どうやら、「攻撃面だけ最強装備」で「攻撃される前に1ターンキル」して「当たらなければどうということはない」というラピッドストリームで、ラスボスまでいけると踏んでいた模様。めざせ最速ゲームクリア!





「あんた俺が破門された後、奥義を伝授されたはずだ。ムーラマーサ最大奥義バードシールド、見たいねえ。俺も手伝うぜ、二代目!」

CHA42-20.jpg

今回の大魔王の刺客は、なんだかリーヤのじいちゃん以来のムキムキキャラ。その名も、バリキマッス・ルー。(←人名)

声の出演:石原慎一……!? そう、「超巨大ロボ!グランドライナー」や「超剣戦隊ブレードブレイバー」でお馴染みの歌手ですね。こんなとこで声優もやってたんですね、私きょう初めて知りました。

先代ムーラ・マーサに破門された→今は改心したという体で、ムーラ・マーサに弟子入りして、バードシールド作成を誘導します。ちなみに、(セラヴィーに弟子入りした)スッシーの回と同じ脚本家です。



「火と水、2つの神さまの協力なくしてはバードシールドはつくれない。だから神様に念入りにお祈りをしてるのさ」
CHA42-30.jpg

なんだか俺の知ってる鍛冶屋と違うんですが。必死に詠唱をつづけるムーラにかわって解説するルーさん。

そして、不死蝶の回の消防士スタイル、赤ちゃん回の防空ずきんスタイルで見守る3人。




「断る! 誰が貴様の言うことなど聞くものか!」「この城はもはや落ちたも同然。お前も利口ならワシに忠誠を誓い魔界に入るのだ」
「くどい!」「バカめ。お前も石になれ!」
CHA42-40.jpg

鍛冶をしながら回想シーンに突入。この齢ですでに奥義伝授されているので、セラヴィーと同様期待のホープだった模様。


「早く逃げるんだ! ムーラ!」
CHA42-50.jpg
桃白白スタイルでほうきに乗り、そのまま大魔王に切りかかる謎剣法。なんだかよくわからんが、かっくいいぜ。



大魔王様の「お前も石に」というセリフからすると、どうやら国王&王妃が石にされたのより後のことらしい。

そしておそらく、(王族より先に鍛冶屋を狙ったとは思えないので)セラヴィー&チャチャ脱出/ジーニアス結界発動よりも後のことでしょう。


ということは、

・セラヴィーは、(チャチャの安全を確保した後?)わざわざ引き返して城へ潜入した? 単身で?(ムーラや他の住人を助けに来たのか、他の目的のついでに通りすがったのか)

・大魔王みずから、結界の張られた場内をうろついて、逃げ遅れた要人を勧誘/処分していた? …独りで?(嘆)

 魔界から部下を連れてこれなかったのか、それとも抵抗にあって部下があらかた倒されてしまったのか。。。悪の軍団の経営も楽じゃないですね。。。ちなみに、この大魔王自らの勧誘?に成功した例もあとあと出てきます。




「ふう、まずは、こんなもんかな」「でもこれちょっとごついね」
「確かにお嬢ちゃんには似合わねえが、こいつは正真正銘のバードシールドさ。ほぉら俺にぴったりじゃねーか」
CHA42-60.jpg

バードシールド完成?です。\コレは売れそう!/




「どうだい、バードシールドの力は!」
「バーニングフラッシュまで…!」
CHA42-70.jpg
さすが魔法の国の王家筆頭鍛冶屋。なんかこれ……シールドっていうか……フォースフィールド発生装置ですやん?

ウイングクリス初登場回30話と同じモーションで通常攻撃、必殺攻撃を繰り出すマジプリ様。ちなみに今回は30話と同じ佐藤竜雄演出回。





「逃げるだけでは解決しませんよ。わたしはただのとおりすがりの僧侶です」「その弟子でーす」
「久しぶりですね、ムーラ」「セラ…ヴィー…?」

通りすがりシリーズ第17弾。いろんな意味で戸惑っているムーラマーサ氏。



「ぼくは怖い…大魔王が怖いんだよ!!」「それは私だって同じです。あの子達だってきっと怖いと思っているはずです」
「あなたが教えてくれたおまじない、今でも役に立っていますよ」「チャチャはあのおまじない大好きなの」

CHA42-80.jpg

昔からのつきあいなのか、腹話術でしゃべる人形をスルー。

子守りもしてた近衛兵セラヴィー、まだずきんをかぶっていないチャチャへの頭部ダメージ。後に原作に登場するエピソードを彷彿とさせる1コマ。



「あの盾はホンモノのバードシールドじゃないんだ! 姫様の技が通じないわけがないんだ! 迷いを捨てろ! 心で打ち込むんだ!」
CHA42-90.jpg

特訓回のラスカル先生の「剣は心だ!」に通じるアドバイスですが、その31話も同じ脚本:柳川茂というつながりですね。


「まずは手馴しにと思ってアレつくったんだけどね」
「練習でつくってもあんだけすごいのよ」「本番はもっとすごいぞ」「やりましたね♪」
「でも、まだ問題があるんだよ」


\プリキュア10周年/(ウソ)
CHA42-96.jpg

本当のバードシールド(イメージ図↑)を作るためには、「幻のエンジェル砂鉄」が必要とのこと。



あ、残り話数も少ないので、\次回には完成します/

タグ:赤ずきんチャチャ | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
<ジャンル:アニメ・コミック / テーマ:アニメ
■【20周年】赤ずきんチャチャ 第41話「ねぶそく魔人大噴火!」(1994.10.14放送)
男爵・アニメモ | 2014/10/14 23:35
CHA40-99.jpg
シリーズ史上、最強の敵の一人として印象深いカ・ザンダン。その名の通り、強力な火山弾とオカマ言葉を操る魔人(CV:ボヤッキー)です。

いつも仏頂面/不機嫌な大魔王様も、いつになくハイテンションな高笑いで、「チャチャ達はそれ以上先に進むことは絶対にできん。アルアルオアシスには最強の魔人カ・ザンダンがいるのだ」と、いつもの「期待していいのだな」とかそんなレベルじゃないほどの確信っぷり。

魔人というと、不死鳥の剣シリーズのラストでマジプリ様を苦戦させた岩石魔人ガンダーがいますが、あれを超える期待っぷりです。そんな最強の魔人が重要拠点でもないこんな砂漠のオアシスに眠っていたのかというと。。。




「そうだ、水晶球で見てみるわ、やさし~ せくし~ どろしーちゃ~ん♪ ……見えてきた、どうやらチャチャたちはオツキノ砂漠に向かっているみたいね」
CHA41-11.jpg CHA41-23.jpg
なんだその呪文は。弟子たちの様子を遠視し、とおりすがる機会をうかがう師匠。

どっかの人魚もマリンマリリン♪なので、この世界の呪文は「ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアが命じる!」的な方向なのかもしれない。

「魔術を使うときには真名を名乗ってはいけないので魔法名を使う」なんていう流派もあるようだが、真名を捧げるほうが高リスク高リターンなんて話もある。


「あのやかましい連中ならきっとすぐカ・ザンダンは目をさますデヤンス。もっとヤツラを煽るデヤンス!」
「あれ?この曲は」「僕らのお元気ソングですよ!」
CHA41-31.jpg CHA41-32.jpg
劇伴BGMを操るハイデヤンスの魔法のラジカセ(?)。第31話「特訓がいっぱい!」でいきなり歌い出した特訓ソングの曲にのせて、歌って踊ってそこらへんの岩を蹴ったら、偶然それが魔人でした。

あまりにも不自然に勢い良く蹴っているので、なんか操作系の魔法でも掛かっていたのかもしれない。


「わー! 馬鹿かこいつ気絶したまま走ってる!?」
CHA41-40.jpg
思えばしいねちゃんはこのころからすでに……。 (※原作「しいねちゃん、大活やくの巻」参照)


「うぅ~っ!! ぼくの魔法はチャチャさん並かァ~~っ?!」「それどういう意味~~?」
CHA41-49.jpg
気絶から目覚めたしいねちゃんが、岩を召喚したり子守唄の呪歌でカザンダンを止めようとしたものの、「それもうやったのぉ」とチャチャと同じパターンで失敗したことを知っての発言。

いつもチャチャの魔法におべっかつかってるしいねちゃんの本音である。ある意味、本日のクライマックス。

魔法使いとしての能力の評価としては、魔法の威力、持続力、コントロール、あるいは使える魔法の数、バリエーションといったものが表面上は大事だが、もっとも重要なのは、数ある魔法の中からその場面に応じて最適な魔法を瞬時に選択する判断力である。

――多種多様の呪文の中からその場その場で的確なものを選び出すことは、難しい。経験をつまなければどうしようもないことだ。(ソード・ワールド・ノベル『混沌の夜明け1』P180より)

純粋な魔法力ではチャチャにかなわないものの、この判断力という点ではチャチャとは違うんだと、しいねちゃんは思っていた、のかもしれない。




「こりゃもう駄目デヤンス」
CHA41-50.jpg
久々のマジカルシュート。パターンに入ってハイデヤンスもあきらめ気味だが、「アタシ完璧に目が覚めちゃったなあ」とその真の姿を表すねぶそく魔人。


あわてて早送り気味に再変身して、本日のバーニングフラッシュその1。
CHA41-60.jpg
完全に銃火器を、具体的に言うとサイコガン的なものを撃つフォームである。なんか近寄りたくなかったのだろう。


「チャチャだけは守るぞ!」「おう!」「さっきのよりでっけえなしいねちゃん!」「ちょびっとな!」
CHA41-70.jpg
25話「なぜなぜ!アロー破れる」もそうだったが、水戸黄門パターンを崩して衝撃の展開を

そしてカ・ザンダンの火山弾に倒れるマジプリ様を守るために仁王立ちする二人の騎士。この話が収録されたDVD-BOX2のDISC-4の扉には、この2人のシーンが採用されている。



「リーヤ。しいねちゃん。伝わってくる――愛と、勇気と、希望の力が。最後まで決して諦めない強い心が――わたしの心に熱く響いてきた!」
CHA41-80.jpg
不死鳥のように蘇ったチャチャの、本日のバーニングフラッシュその2。さっきと同じフォームだが、どこが違うって? 覚悟が違うだろ、覚悟がっ! そう、仮にここまでのバーニングフラッシュ1とすると、…今、目覚めたこの必殺技は!!そうだっ、バーニングフラッシュ2だっ!!



「こっちは……防げない……」
CHA41-90.jpg
相打ちとなるチャチャを救ったのは、ただのとおりすがりではないマジなセラヴィー先生。個人的にセラヴィー先生の(シリアスなほうの)名シーンナンバーワンである。


「まさかこんなことになっているとは…私も油断していました。どうやら3つめの武器が必要のようですね」
CHA41-93.jpg CHA41-94.jpg

新展開をにおわせつつ、師匠はキメ顔でそう言った。




そんな油断していた師匠が、騒々しい弟子の居ぬ間にくつろいでイチャついていた様子を御覧ください。

CHA41-12.jpg

タグ:赤ずきんチャチャ | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
<ジャンル:アニメ・コミック / テーマ:アニメ
■【20周年】赤ずきんチャチャ 第40話「ニャンコハウスで朝食を」(1994.10.07放送)
男爵・アニメモ | 2014/10/07 23:48
CHA39-99.jpg

来るべき大魔王との最終決戦に向けて! 4クール目のスタートはー! ザ・総集編!!!

CHA40-12.jpg CHA40-13.jpg
新規パートで、チャチャとリーヤの寝起きの悪さ&にゃんこハウスでの朝食風景を描きつつ、しいねちゃんの回想でこれまでのお話を振り返ります。


CHA40-14.jpg CHA40-20.jpg
いちはやく起きて朝食の準備を整えるしいねちゃん。やはり師匠に毎日作らさ………ゲフンゲフン、師匠どろしーちゃんの教育のたまものでしょう。



脇目もふらず朝食をむさぼるチャチャとリーヤを横目に、回想をくりひろげるしいねちゃん。

第26話のやっこちゃん&マリンと同じパターンで、最初はリーヤとの確執を思い返していたものの、徐々に「チャチャさん名場面集」へシフトして思い出し泣きに入っていく、しいねちゃんの回想。

CHA40-23.jpg CHA40-21.jpg

ちなみに編集されたのは以下の話数。

第01話「お騒がせ魔法使い登場」
第02話「ライバルは黒ずきん」
第21話「危険がいっぱい露天風呂」
第22話「びっくり!いけにえ初体験」
第09話「発進!ニャンダバーZ」
第25話「なぜなぜ!アロー破れる」
第30話「これが噂の不死鳥の剣<ウィングクリス>」


サブタイトルとは裏腹に、屋外での直食のため、ベッドルーム(半壊)くらいしかにゃんこハウスの内側は描かれていないので、このさいまとめてしておこう。

・冷暖房完備・バス・トイレ付き。

・寝泊まりするだけでなく、5~6人はゆうにくつろげる広さで、正月にカルタなどもしている。

・というかにゃんこハウスで刺客を迎え撃つこともしばしばあった。

・バスルームは3人で入るのに充分な広さがあり、後に血の惨劇が繰り広げられることになった(集英社文庫8巻)。

・警戒してあやしいスイッチを押さない方針をとっていたため長い間気づかれなかったが、第58話「にゃんこハウスの秘密をさぐれの巻」(集英社文庫7巻)で、隠された機能がいろいろ判明した。その最たるものが単独での大気圏離脱と宇宙空間航行能力である。……これはもはや家ではない。

・それ以外にも、まだ知られていない仕掛けがたくさんあるらしい(同67話)。

・のちにポピィくんも同居し、4人住まいになる。

タグ:赤ずきんチャチャ | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
■【20周年】赤ずきんチャチャ 第39話「竜宮城でカッパ巻き」(1994.09.30放送)
男爵・アニメモ | 2014/09/30 23:34
CHA38-99.jpg
第3クールのラストは、踊る大竜宮城のオカッパ頭のオカマのお水な乙姫の正体がカッパで大巨獣で沙悟浄風味という、まあこのアニメでは比較的まともな部類に入る敵が相手です。

大魔王討伐の旅の第四チェックポイント「四途の川」。とてつもなく広くて深い端が見えない橋も架けられないでかい川です。でも、ここは魔法使いなのでホウキで飛んで行くとか船を出すとか。。。……うん、チャチャの不安定な魔法、しいねちゃんのパワー不足魔法、長距離移動にはあまりにも危険ダスな。どう考えても沈没フラグでヤンス。

そんなところにちょうどよく渡し船が!
CHA39-11.jpg CHA39-12.jpg

……もういい加減このパターンも慣れたのか、あからさまに疑うしいねちゃんですが、残り二人が残念なのでご覧の有様だよ!


CHA39-20.jpg
水関係の話だけあって、しゃしゃり出てくるぶりっ子人魚。


オカマの乙姫プロデュース、オカッパガールズによるおもてなしと、きゅうりのフルコース。
CHA39-23.jpg CHA39-24.jpg

CHA39-25.jpg CHA39-26.jpg
……独り身の浦島太郎ならともかく(?)、ガキどもをおもてなしして油断させるにはマニアックすぎるラインナップですが。

まあ、そもそも川底の隔離空間ですからね、どうとでも料理できますよ。「わたしにはわたしのやり方があるのよ」と言ってましたが、単に乙姫の趣味でしょう。


別に何のフェイントもなく、普通に正体を現してみた乙姫に、マリンちゃんのサザエシェルターが炸裂。「ンもうゆるさないわ」とお怒りモード。
CHA39-30.jpg
その昔はなんの役にも立たなかったサザエ型シェルターも、ずいぶんパワーアップしたようです。(…いや、単に相性が良かったか、きゅーちゃんとかに比べて乙姫が弱かっただけかもしれないが)


そしてマリンのピンチに海坊主見参!
CHA39-41.jpg CHA39-43.jpg
男気あふれる海坊主 VS オカマの沙悟浄の巨大ガッパ(乙姫)という、決戦!大海獣な様相に。

信じられるかこのパワー! ここ川だけどな!

「いいとこに来たわ!この大ガッパをやっつけてくれたらなんでもあげちゃう!」という魔性の女に対し、「拙者褒美は何も望まぬ、マリン殿のお役に立てるだけで、うれしゅうござる~!」と涙をながす騎士の姿がそこはあった(涙)。


CHA39-51.jpg CHA39-52.jpg
今週のバーニングフラッシュは(前回と同じく)オープニングと同じフォームですが、剣から発せられた鳥型のオーラが、大巨獣の周りをぐるぐる回りこんでから炸裂するという変化球。

乙姫を倒すついでに竜宮城まで大爆発、ウィングクリスのパワーが強すぎたのか、乙姫の最後の自爆攻撃なのか、大惨事に。さらば海坊主。。。(←死んでない)


お約束の玉手箱からメダル4枚目ゲット。煙をあびてもじいちゃんばあちゃんにならずに済んだのは単にニセモノだったからか、メダリオンの加護かエヴァの呪縛か。
CHA39-81.jpg CHA39-82.jpg

ところで今回の話、カッパが乙姫を騙っていただけなのか、それともこの世界の乙姫はアレだった(しかも殲滅しちゃった)ということなのか。はたして。

タグ:赤ずきんチャチャ | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
■【20周年】赤ずきんチャチャ 第38話「みんなでアニマル!」(1994.09.23放送)
男爵・アニメモ | 2014/09/23 23:58
CHA37-99.jpg
ケモナーの諸君! ついに来たぞアニマル回だ! アニメ19話以来ひさびさの原作エピソードで、原作22話「動物園で大騒動の巻」がベース。。。そう、原作では大魔王の刺客などではなく、遠足先の動物園で獣化させられてしまうという、例によって原作のほうがアレなパターンである。その性質上、アニメ化にあたって(やむを得ないっぽい事情で)いろいろ改変されているのでチェックしておきたい。



「うしが笑ってる。。。」
CHA38-09.jpg
チャチャの寝言といえばやっぱりコレ(原作6話参照)。

原作の旅では「野っ原にふとんを敷く」というマリンにすらツッコまれていた宿泊(暴挙)を行っていたチャチャたちだったが、教育上たいへんよろしくないので、にゃんこハウスの登場となった。

(ミケネコ博士のことは覚えてなくても)あの研究所の想い出がよみがえらせる設備(トラップ)が満載である。なお、チャチャの感想は「面白いおうちでよかったね!」であった。

なお、合言葉で家→カプセルに戻るが、そんなシーンで枚数を使っているのは例によって桜井弘明チームの仕業である。



CHA38-10.jpg
 少しは変装しろ。と言いたいところだが、しつこいミケネコ博士ですら忘れていたチャチャたちなのでその必要は全くなかった。
 アニメ6話以来ひさびさ登場、大魔王さまが最も信頼する(←自称)双子の魔法使いランランとカンカンである。チャチャ達を動物に変化させ、変身できないところを倒す算段である。前と同じようなパターンなので、手慣れたものである。


 実を言えば、原作での犯人はこの二人ではなかった。

 それは「ぶつどう動物園」の園長、田中さんである。

 もう一度いう。ぶつどう動物園の田中さんである。……すでにこの時点でいろいろおかしいが、動物を仕入れられなかったので→遠足にきた学生を獣化して→動物園オープンしようという、もう弁護しようのないアレな人物である。

 田中さんはヴィジュアル的にも夕方の番組にはそぐわない風貌をしていたので、若返りの薬・年増やしの薬という実績のある双子の再登場ということになった。実に賢明な判断である。


「いいのかなぁこんなところで道草くってて……」
「俺は道の草も食うぞー! マヨネーズつけてなー!」
「お前だけだよそんなヤツは」
CHA38-19.jpg
みんな知ってと思うがいちおう補足しておくと、若かりし頃の(今もやってるかは知らないが)マヨラー香取慎吾の持ちネタである。


「チャチャめろめろ~」
CHA38-20.jpg
なんだかんだで飲茶セット(前回よりも中華属性をアピールしているようだ)を食べさせて獣化させる。ぶっちゃけ、若返りの薬に比べれば簡単な魔法薬ではなかろうか。

なお原作では、アンドロイドのドウ君と握手すると動物になってしまうという……何を言っているのかわからねーと思うが(以下略



「チャチャ、コアラになってるぞ」「わたしタヌキですかー?!」「ももんがですよお鈴ちゃん」
CHA38-33.jpg CHA38-31.jpg
歓喜である。その手の人にとっては。

なお、原作では一学年まるごと巻き込まれているので、バナナ組の生徒や先生方の獣化した姿も見ることができるぞ!(喜)


「ほぉら、うさちゃんつるしたわよー」「必殺!コアラ攻撃!………コアラ攻撃ってどんなの?」
CHA38-61.jpg CHA38-62.jpg
獣を心に感じ、獣の力を手にする拳法、獣拳――戦う宿命の拳士たちは日々、高みを目指して、学び、変わる!



CHA38-40.jpg
原作にもあるシーンだが、プレーリードッグになったしいねちゃんが大活躍!

なおアニメではアヒルさんに変えられたマリンだが、原作では……。なかなか衝撃的な姿なので各自その目で確認していただきたい。


CHA38-50.jpg
なんでも「セラヴィーに頼まれて(!?)世界中の珍しい薬を探している」というやっこちゃんの活躍で、元に戻る薬を、、、えっと、やっこちゃんそれ完全に窃盗だぜ。。。

さすがセラヴィー! 若い子をたぶらかして自分の手は汚さないッ! まあ、いつものようにやっこちゃんの思い込み&暴走である可能性のほうが。。。


「いくぞランラン!」「OKカンカン!」「「マジカルクロース!」」「見たか!我らの守護神・パンダ大王さまのお姿を!」
CHA38-71.jpg CHA38-72.jpg
なんかこんなのジュエルペットで見たぞ。。。召喚系の魔法か、それとも、パンダ型テントに守護神を顕現させたのか。


「えー、パンダさんやっつけちゃうのー?」「チャチャ、早く変身だ! お鈴ちゃんもやっこちゃんもマリンちゃんも危ないんだぞ!」
CHA38-80.jpg CHA38-85.jpg
「パンダ大王さん、もう私達の邪魔をしないで」と一応ためらいつつも容赦なく、逆手に構えた剣の薙ぎ払い?から鳥の形をしたオーラを飛ばすバーニングフラッシュ。OPでも使っている32話と同じパターンである。

そうそう、時間がなくて言及してなかったが、前々回のミラード、前回のアリマッキン、そしてパンダ大王と、謎のメダルを落としている。……なにせまだ謎なので、何も言えないのだが!

タグ:赤ずきんチャチャ | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
<ジャンル:アニメ・コミック / テーマ:アニメ
前ページ | ホーム | 次ページ