| ホーム |
■金田一蓮十郎/ハレグゥ(8)
男爵・お買い物 本 NEW | 2008/08/20 22:30
ウイグル!!
むしろワジのほうが……
いったいいつ以来の登場だ!? ……忘れられてなかったんだ。

私はちゃんと覚えてたよ! ……ただ、最後には存在を忘れてたけど!

タグ:金田一蓮十郎 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
■金田一蓮十郎/ハレグゥ(7)
男爵・お買い物 本 | 2007/11/27 01:59
10周年と言われても、そんな感じまったくしない。
でも月刊で単発で読んだらどうかと思う
7巻のテーマは「バイト」……ってどこまで計画的なんだ。

6巻の展開からは信じられないほどの、きれいにまとまった(?)ラスト。内容こんなにカオスなのに、コミックスという単位で見た時に驚くほど計算されている…!?

タグ:金田一蓮十郎 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
■聖剣エクスカリバー
男爵・ゲーメモ | 2007/04/30 19:20
いよいよ発売間近のシャイニング・ウィンド。主題歌が1ヶ月も前にでたり、いまやってるアニメでも結構ネタバレしてる気がするし、まあホントは5/17発売じゃなくて、4月発売…ゲフンゲフン!

それはともかく、シャイニングティアーズ(参考:男爵メモ)の流れを受け継いで、2対多数の無双アクションがメインのゲームですが、今度の新システムは「心剣」。

「シャイニング・ウィンド」応援バナー キリヤ

主人公のキリヤくん(↑)が、パートナーの心の扉を開いて、胸から剣を抜き出します。

だれが見たってわかることを、わざわざ言うか

誰が見てもなんちゃら革命なのは、どうみてもツッコミ待ちなのでスルーしますが、本題はここから。キリヤくんのキャッチフレーズは「七色の心剣使い」。

七色の心剣使い

心の剣を引き抜くのは、メインヒロインらしき赤い女だけではありません。どっかの王女さまとか、その弟の病弱王子とか、推定年齢3000歳以上の仙女とか、あげくに狼男に鳥男などなど、かなり手広いです。(※1)
「シャイニング・ウィンド」応援バナー シーナ 「シャイニング・ウィンド」応援バナー クララクラン 「シャイニング・ウィンド」応援バナー カリス 「シャイニング・ウィンド」応援バナー ホウメイ 「シャイニング・ウィンド」応援バナー ロウエン

■参考:プロモーションムービー

さて、その中のひとり、病弱王子・カリスくん。ゲーム公式ページでは、応援バナーキャンペーンというのをやっていて(先週までは3人しかいなかったのが一気に増えました)、カリスくんのが、コレです。

「シャイニング・ウィンド」応援バナー カリス
ボクのエクスカリバーはキミだけのものだよ!(※2)

思わず床に頭を打ち付けそうになりました。

わかる人だけわかってください。さっぱりわからない人は、そのままのあなたでいていただきたい!!
ハレグウ(1)150ページより(ハレグウ1巻150ページより)

この世にはあなたの知らなくていい世界があるんだよ?(※3)



※1:これは、別にウィンドに始まったわけではなく、シャイニングティアーズの主人公・シオンくんは、エルフ、巫女、竜人、雪女、狼男、猫娘と、ステージごとにとっかえひっかえペアの指輪をはめてました。あと、ケンタウロス・鳥人・獣人あたりが普通にいるのは、シャイニングシリーズの伝統です。侍とか忍者も。

※2:キャラによって、心に秘めた剣の形状、性能、名前が異なるシステムで、例えば赤い女(シーナ)の心剣は「砲剣ブレイドカノン」、そしてカリス君の心剣が「聖剣エクスカリバー」なのです。

※3:年齢制限のため、リンク自粛。

タグ:シャイニング 金田一蓮十郎 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
<ジャンル:ゲーム / テーマ:シャイニング・ウィンド
■金田一蓮十郎/ハレグゥ(6)
男爵・お買い物 本 | 2007/04/03 23:59
…巻ごとにテーマでくくるのって、最初無謀かと思ったけど、意外とまとまってる?!
金田一蓮十郎/ハレグゥ(6)
6巻のテーマは「大人」らしい。クライヴ先生とかレジィ先生とかママンとか、あとロバートとかロバートとかロバートとかの話。ぶっちゃけ半分以上ロバ。もちろん、ウイグルなんて出てきません。

柴田亜美と同じく、ガンガンでは好き勝手やってもOKなポジションっぽい。

タグ:金田一蓮十郎 柴田亜美 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
■金田一蓮十郎/チキンパーティー(3)【完】
男爵・お買い物 本 | 2006/08/16 23:59
ポジティブシンキングって、ホントにこんな…。
からあげパーティー
「月刊プリンセス」のコミックを買うのは、おそらくこのチキンパーティーの1巻が、はじめてだったと思います。そして、この3巻が最後になるかも知れません。

それゆえ「プリンセス」は、この変態マンガが載ってた雑誌らしいという、好印象とはいいがたい印象です。…他のマンガを読むようなキッカケもないですし。

タグ:金田一蓮十郎 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
| ホーム |