| ホーム |
■逆境ナイン公開記念特別番組
男爵・日々メモ | 2005/07/03 14:55
某mixiの島本和彦コミュニティで知ったんですが、

逆境ナイン公開記念特別番組が今夜放送されるそうですな。

日本テレビ
7月3日(日)26:25~26:55

野球が延長するかも知れんので、30分長めに録画予約しておくのだ!

タグ:島本和彦 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
■逆境ナイン 舞台挨拶in池袋20050702
男爵・戦いの記録 番外 | 2005/07/03 16:35
「池袋」での18:00からのやつ(島本和彦外伝2005.06.26の感想文参照)行ってきました。そう、舞台挨拶にザ・島本登場です。

司会「まずはじめに、全力学園野球部キャプテン不屈闘士を演じられた、主演の玉山鉄二さん、よろしくお願いしまーす」

【たまやま】
 すごいですね盛り上がりが──みなさん、逆境ですか!(客:ううぉーー)
 この映画は、本当にあきれるくらいバカバカしくて、本当にお客さんのこと投げっぱなしなんで、突っ込みながらっていうスタンスで見ていただかないと、成立しません。突っ込んで、楽しんで、最後に不思議と涙がでてきます。ところどころに小さな笑いがたくさんあるので楽しんでください。


司会「野球部マネージャー月田明子役で本作品が映画初ヒロインとなります、堀北真希さんよろしくお願いします」

【ほりきた】
 大切なものがのこる映画だと思います。筋肉痛でおなかが痛くなるかもしれませんが、思い切り笑って楽しんでください。


司会「つづきまして全力学園野球部の監督サカキバラ・ゴウ役を演じた、田中直樹さんよろしくお願いします」

【たなか】
 原作の大ファンだったので、映画になって自分が出してもらえるということで、非常に幸せ者でした。
 今ここにはいらっしゃいませんけれども、校長役の藤岡弘、さんとご一緒するシーンもおおくて、空き時間にたまたま呼んでいたプレイボーイを、「プレイボーイか、僕にもちょっと見せてくれ」といわれて、藤岡さんも女性のグラビアとか見るのかなと思ったら、巻頭特集の「ゴルゴ13にみる実践サバイバル術」だったのを覚えております。


司会「つづきまして、かつて絶版の憂き目にあいながらも、一度読んだら叫びたくなるおもしろさと語りつがれてまいりました、伝説の最高傑作・逆境ナインの原作者・島本和彦さんが、今日は御親戚の結婚式なんですが、あえてキャンセルしてこちらにいらっしゃいました」

【しまもと】
 地元で初日舞台挨拶しようと幼いころ夢見まして…。『さらば宇宙戦艦ヤマト』を見て「松本零士がなぜ北海道に来ないんだと……おれは北海道にいくぞ初日!自分のマンガが映画になったら!」…そう思ってココ(池袋)に来てるんですよ!
 最初に映画化の話があったとき、そんな映画を作っても誰も見に来ませんよやめなさいと、監督に言ったんです。これだけの人がきてくださってホントに感激です!
 ……みなさんよかったよ!シスの復讐じゃなくてこっちきて正解だったよ!順番間違えなかった!……この宇宙のどこかでは、今でも戦争が行われているんだよ!しかし!野球は!野球……なんかしゃべりすぎてるね(苦笑)。ということで感謝を込めてありがとうをいわせていただきます。

司会「本作が監督2作目となります羽住英一郎監督より、ひとことご挨拶いただきます。」

【ハスミ】
あまりにバカバカしい原作なんで、「無理だ」とみんなに言われたんです。
やめる理由があるとすれば、原作者が映画化をのぞんでないことと、不屈闘士をやるひとが日本中にいなかったらあきらめようと思ったんですが、原作者も主演を引き受けてくれた玉山さんも本当にバカでよかったと思います。そんなステキなバカたちがいっぱいあつまって、思い切りバカ映画ができたと思うので、みなさんもバカになって楽しんでください。

つづき



タグ:島本和彦 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
| ホーム |