| ホーム |
■R・A・ハインライン/宇宙に旅立つとき
男爵・よみメモ | 2006/03/22 23:59
最近のカラオケ中心の生活のためか…。
もうひとつの趣味であるはずの読書が、相当おろそかになっていたので、再開する。…横浜遠征の移動時間が結構長かったのが、そのきっかけである。

ついでにブログにメモしておこう。…どんなメモを残すかは、模索中…。


宇宙に旅立つとき
【作品】宇宙に旅立つとき/TIME FOR THE STARS
【著者】ロバート・A・ハインライン/R.A.Heinlein
【発表】1956
【発行】創元SF文庫

 題材は「双子の持つテレパシー」。これが光速以上の速度を持ち、惑星探査船と地球との通信手段として利用できる、という設定を中心にストーリーは展開する。
 宇宙へ旅立つか、地球に残るかという葛藤。ウラシマ効果による、地球に残った側との時間のズレ。テレパシーの拡大と衰退…。まあ、だいたいそんな感じ。

タグ:Heinlein | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
| ホーム |