| ホーム |
■アイザック・アシモフ/アシモフ初期作品集1
男爵・よみメモ | 2006/04/24 01:58
ハインライン、ホーガンときたら、次はアシモフを読み返してみよーう。ということで、まずは短編集から攻めて行こうと思うわけで。

(注:男爵のSF系蔵書の3本柱。一番多いのがアシモフで、ついでホーガン。ハインラインはまだまだこれから。)

カリストの脅威
【作品】アシモフ初期作品集(1)カリストの脅威/The Early Asimov Vol.1
【著者】アイザック・アシモフ/Isaac Asimov
【発表】1971
【発行】ハヤカワ文庫

作品集の発表は1971年だが、作品自体は1940年以前のものが収録されている。この作品集の特徴として、作品の合間合間に、執筆の経緯が詳細に記されており、そちらも(むしろそっちがメインで?)楽しめる。

以下、現在の自分にしか、わからないであろうメモ。

■カリストの脅威/The Callistan Menace
 密航者。ジャブラ水(緑色)。磁石虫/マグネット・ワーム。宇宙服仕立て直し。

■太陽をめぐるリング/Ring Around the Sun
 ヘリオス号。偏向場/デフレクション・フィールド。

■一攫千金/The Magnificent Possession
 アンモニア基。アンモニウム・アマルガム。

■時の流れ/Trends
 星へ(アド・アストラ)。ラテン語のことわざ“Per aspera ad astra”(困難を克服して星へ)。ジョン・ハーマン。プロメテウス。オーチス・エルドリッジ。

■恐ろしすぎて使えない武器/The Weapon TooDreadful to Use
 金星最大の都市アフロドポリス。金星人アンティル。アシュタズゾルの遺跡。切断場/ディスコネクション・フィールド。

■焔の修道士/Black Friar of the Flame
 巡礼。ロアーラ宗。ルハジヌー。トランター。サンターニ。

■混血児/Half-Breed
 トゥイーニー。火星人と地球人の混血。ジェファーソン・スキャンロン。マックス。

■秘密の感覚/The Secret Sence
 地球人と火星人の感覚器の違い。

タグ:Asimov | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
| ホーム |