| ホーム |
■空知英秋/銀魂(15)
男爵・お買い物 本 | 2006/11/14 02:30
天通眼の阿国&将軍さま登場。再登場求む。
3年で15,6巻分…そんなにページ数多かったっけ。
もう15巻です。15ったらもう
悟空はピッコロ大魔王を倒して
チビ悟空を卒業していたというのに…
(カバー作者コメントより)

15巻か…。結構続いたな。

アニメのほうも、時間帯をうつして好調なようです。マンガの方と同じく、回によってアタリハズレありますけど。10月から替わったオープニング曲は、なかなか雰囲気にあっていてステキです。

ふう……今のうちに、コミック手放そうかな…。

いや、当初は12巻くらいで終わるだろうと思って、(読切「だんでらいおん」がお気に入りだったこともあって、)1巻から買ってましたが、さすがに20巻超えちゃうとかいう事態になると、ちょっと集めておくのはしんどいかもしれません。

…でも、もっとしんどいのは作者の方かも。「銀魂」終わった後、他のマンガを生み出せるだけのポテンシャルは残っているのか…? このままでは、「銀魂」という作品に、持てる全てのマンガ力を使い切ってしまうのではと、いらぬ心配をしています。

というのは、かつてジャンプで、一発目がヒットしちゃって、度重なる連載延長を強制され、マンガ力を使い果たし、奇面組しか描けない身体にされた漫画家のことが、常に浮かぶからです。…あれはあれで分相応だったのかもしれませんが。

話がそれましたね。えっと、今のジャンプの状況だと、長期連載中にちょっと他の読切でも書かせてやろうか、なんて雰囲気はなさそうですね。まあ、「銀魂」があの程度売れてしまえば、漫画家ひとり使い潰してしまっても、全然オッケーなのかもしれませんが。次がヒットするとも限りませんからね。

マンガ力のある漫画家なら、なんだかんだで自分のポジションを確保したり、他誌に移ってもやっていけるんでしょうね。さて、この人はどうなりますか…。

そうそう、ライジングインパクトが文庫化されるらしいですよ。使い潰されるまえに、なんとか終わったアレです。でも、コミック全部持ってきちゃったし…どうしよう。


2006.11.15追記
そういえば、先週あたりから銀魂はロボット篇に突入。まえにもからくり話あったけど、今度はメイドロボ。あと、リボーンにもロボ登場。メモメモ。

タグ:奇面組 | コメント(2) | Trackback(0) | pagetop↑
| ホーム |