| ホーム |
■RED GARDEN 意外によかった
男爵・アニメモ | 2007/03/26 00:00

期待していなかったアニメを、なんか気になるから見続けていたら、終盤で想像以上に化けた──。ああ、気持ち悪いがイイ気持ちだ。

俺の選択は間違ってなかったんだ!──とりあえず今回は!今回だけは!

GONZOを全面的に見直した!今までロクな印象なかったし、アレとかアレとかで大コケしたGONZO2006年の最後を飾るにふさわしい、微妙な作品だと思っていたんだ、『RED GARDEN』は!

■参考:GONZO作品一覧
http://www.gonzo.co.jp/works/index.html

そしたら意外とよかったんだよ! なんかよくわからんが、よかった! なんか…ありがとう!

「意外とよかった」だけなので、最初から期待してみてたら、こんな気にはならなかったんだろうけど。

だって、序盤はホントに「オシャレ系ネガティブ不気味ホラー陰鬱アニメ」ってカンジで(プロモとかみてもらえば一目瞭然)、「完全に守備範囲外」だの「見てても気分良くない」だの言ってましたから。

それでも気になって見続けていたのは、何故だろう…好感の持てるキャラなんて一人も居なかったのに! あの他に類を見ないあまりに独特すぎるビジュアルが引っかかったのかな。

うーん、今なんとなく思ったのは、私の守備範囲であるロボットアニメの領域の、ちょい外側にローゼンメイデンとソルティレイがあって、そっち方向の延長線上に、RED GARDENが見えたんだと思う。抽象的だが、そんな印象。

でも、見続けるのはさすがに厳しくて(だって完全に守備範囲外なんだもん)……もう見切りをつけようと、7、8話くらいをみてたら、あのCMが流れたんだ。

■YouTube - RED GARDEN DVD CM集
http://www.youtube.com/watch?v=OoLv8td4DtM

RED GARDENを見ていた全員がぶっとんだと思う。私もぶっとびました。本編でお笑い要素なんて一切ないのに、こんなCM!?

これと「クレオのハーモニカがついてくるのか!」「素晴らしい映像特典…素晴らしい封入特典…そして素晴らしいトレインの活躍…!まさに革命的なDVDだよ!!!」とかのせいで、GONZOの作品は、それ自体よりDVDのCMのほうが10倍面白いという印象を持ってしまった。

さすがにDVD買ってませんが、畑違いの人間に、最後まで見続けさせたあのCMの効果は、絶大でした。

でも……ようやく本編を楽しめるようになったのは、14話くらいからだし…。16話からの急展開から、それまでの人間関係が消化されてくるラストまでは、一気に観ちゃったんだけど…。それまでほツラいから、とても人に勧める気にはならない。

あくまでも最初の印象に比べて「意外とよかった」だけだから。最初から期待してみたら、期待はずれかもしれない。


ちなみに、私の中で「期待してなかったけど見続けてたら化けたアニメ」の最高峰は、やはりゼーガペイン。

タグ:RED_GARDEN GONZO ゼーガペイン 番組チェック | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
| ホーム |