| ホーム |
■アイドルマスター XENOGLOSSIA/iDOLの心
男爵・アニメモ | 2007/10/15 23:50
隕石を除去する人型ロボット「iDOL」。このiDOLのパイロットが、「アイドルマスター」と呼ばれる人間である。このアイドルマスターになれる人間は限られている。

(02話より)
「正規の訓練を受けても、乗れるとはかぎらないのよ。よっぽど気に入られたのね」
「気に入られるって、あれロボットですよ?」
「でも、ココロがあるのよ。少なくともわたしはそう思っている。だって、かあいいもーん。」



マスターを選び、拒否し、ときとして自律稼動もし、なんらかの意思をもつと考えられるiDOLたち。しかし人間たちには、その言葉はわからない。よって、iDOLの行動・反応から得られる経験則としてしか、iDOLの「心」を知ることは出来ない。(※1)

レベルの違う生命体とのコミュニケーションの困難さを描いた作品は数あるが、個人的には、人工知能との会話をテーマにした、ジェイムズ・P・ホーガンの『未来の二つの顔』が思い浮かぶ。


この作品ほど統計的・理知的にではないのだが、iDOLたちの行動からその心を想像して観る、というのがこのロボットアニメの楽しみ方の醍醐味といえるかもしれない。

序盤の挙動から見られる、各iDOLたちの印象は、以下のように見られる。

コードネーム:プロメテウス1、<盗撮魔>インベル。長い間眠りについていたが、上京してきた主人公の少女に反応して再起動。16年ぶりの起動でインベルが真っ先にとった行動は、その少女を録画することであった。(01話)

プロメテウス2、<遊び人>ネーブラ。ネーブラは(インベルと違い)多くのマスターの搭乗を許すかわりに、一度拒否したマスターは二度と搭乗を許さない。(13話)

プロメテウス4、<誘拐犯>テンペスタース。起動実験中に突如暴走、マスター(当時5歳の少女)と共に消失、以後7年間ものあいだ行方不明。(09話)

しかし、これは薄汚れた大人たちの偏った解釈である(わたしを含めて)。iDOLの意思は最後まで明示的には明かされないため、他のいろいろな解釈ができる。(…なにせ、iDOLが建造されて数十年、マスターの数もおそらく10数人かそこらと思われ、データの蓄積は貧弱である。とくにインベルやテンペスタース、そして後半から登場するプロメテウス5・ヒエムスの場合は。)

(以下、重大なネタばれ&妄想を含む。注意。)
▽続きを読む

タグ:XENOGLOSSIA ロボ話 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
| ホーム |