| ホーム |
■ジェイムズ・P・ホーガン/断絶への航海
男爵・よみメモ | 2008/06/26 23:55
迷いと戸惑いが渦巻いて 新たな自分発見こんにちは!
断絶への夢航海路

【作品】断絶への航海/Voyage from Yesteryear
【著者】ジェイムズ・P・ホーガン/James Patrick Hogan
【発表】1982
【発行】ハヤカワ文庫SF

地球の半分を壊滅させた第三次世界大戦の傷もようやく癒えた2040年、アルファ・ケンタウリから通信が入った──大戦直前に出発した移民船<クヮン・イン>が植民に適した惑星を発見、豊富な資源を利用して理想郷の建設を開始したというのだ。この朗報をうけて<メイフラワー二世>号が建造され、新天地を求める人々を乗せて惑星ケイロンめざし旅立った。だが、20年の長旅の果てに一行を待ちうけていたのは、地球とはあまりにも異質なケイロン人社会だった! 現代ハードSFの旗手ホーガンが該博な科学知識をベースに描いた壮大なスペース・ドラマ!(裏表紙カバーより)



再読。政治家連中とか軍上層部とかマダムたちとか、D中隊とかファロウズ一家とか学者とか、大量の人間が出てくるのがたいそうつらいところだが、人間たちの考え方に圧倒的なリアリティを感じる。こういういかにもいそうな人間たちが、ケイロン人に様々な形で向き合っていくのが見所。訳者あとがきも充実しているぞ。


【人物】
ヘンリー・B・コングリーブ。D中隊二等軍曹スティーヴ・コールマン。トニイ・ドリスコル。スワイリー伍長。第二小隊ブレット・ハンロン軍曹。第三小隊レーザー手スタニスラウ。カースン。シロッコ大尉。電子情報将校ソープ少佐。ウェッサーマン大佐。バーナード・ファロウズ。ジェイ・ファロウズ。メアリー。ジーン。ハワード・カレンズ。セリア・カレンズ。ケイロン遠征軍最高司令官ヨハネス・ボルフタイン将軍。ガーフィールド・ウェルズリー。マーク・スレッサー提督。副長官マシュー・スターム。
技術局次長補レイトン・メリック。物理学者ジェリー・パーナック。イヴ・ヴェリッティ。フルマイア判事。ポール・レチェット議員。ホレース。クリフ・ウォルターズ仕官。外務局次長エイメリー・ファーンヒル。商業経済政策局長マーシャ・クォーリー。B中隊パダウスキー軍曹。B中隊ウィルスン伍長。レムリー一等兵。ポートニイ将軍。
クレム。カーラ。ハーマン。フランシーヌ。ボリス。クロムウェル。エイミー。ウェリントン。シャーリイ。サイ。ヴェロニカ。ケイシー。ジーヴズ。チャン。ラスタス。マーフィ。キャス。フーヴァー。アダム。ラーチ。レオン。ボビイ。スージー。クレイフォード副総督。クレイフォード夫人。ナヌーク。ユアニタ。フランク・ホスキンズ。アニタ。ヴァン・ネス。ラミッソン。デイヴィス一等兵。カズミエラ・ストームベル将軍。アームリイ軍曹。マロイ。ジャーヴィス。ショウレツ。オットー。

【用語】
NASDO/北米宇宙開発機構。SP3<クヮン・イン>。宇宙の避難所計画/スターヘイヴン・プロジェクト。D中隊。<メイフラワー二世>。グランドキャニオン・モジュール。戦闘モジュール。メリーランド・モジュール。ボルティモア・モジュール。
ケイロン。ポロス。ネソス。エウリュティオン。ロムレス。レムス。テラノヴァ大陸。セレーネ大陸。アルテミア大陸。炎物理学(P68)。コルドヴァ村。ダスクレンド。バリアー山脈。ポート・ノルディ。モンキャッツ。幹部会/ディレクトレイト。衆議院/フロア・オブ・リプレゼンタティヴス。<ふたつの月>。磁気浮揚車/マグレヴ・カー。カナヴェラル市。一般警報/ゼネラル・アラート。総員大混乱/ゼネラル・ファウルアップ。大縛誕/ビッグ・バン。ケイロン物理学(P308~)。フェニックス。

【台詞】
「なぜだか考えてみましたか?」「ううん、まだ」「ただ質問するのではなく、まずそれを考えてみなければいけません。でないと、しまいには、自分が信用できなくなって、ほかの人に考えてもらわなければならなくなります」「わあ……そんなのいやだ」(P139)
「人間の心は無限の資源だって言ったけど、でもそれは無駄使いしないとしての話だ。これ、面白いパラドックスだと思いませんか?」(P186)
「なるほどね、そうか、やっとわかりましたよ。彼らがやっているのは、こっちも気づいていない頭の中の思考を引き出すことなんだな」「子供の教育は、それだけで十分なのよ」(P249)

タグ:Hogan | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
| ホーム |