| ホーム |
■成田良悟/ヴぁんぷ!
男爵・よみメモ | 2008/10/16 23:48
しまった、つい「バッカーノ!」を全部読み終えてしまった! どうしよう! ……そんな私みたいな人は、他の成田作品を読んでみてはどうだろうか。

さいわい、バッカーノ!の著者・成田良悟という人は速筆誤字脱字王などと言われるときもあるほど(Wikipediaより)とても速筆で、2003年のデビューから5年ほどにもかかわらず単行本27冊ほど発行されている。

そのなかで、「バッカーノ!」の悪魔的で紳士的で貴族的な部分がもっと見たい! という人は、まず「ヴぁんぷ!」シリーズなどいかがだろうか。……え? 最近ライダーとか騎士とかロザリオとか週刊サンデーのとか吸血鬼モノにははうんざりしてる? 大丈夫、吾輩もである。

なお、挿絵もバッカーノ!と同じ人なので、なじみ安いだろう。

成田良悟/ヴぁんぷ!【題名】ヴぁんぷ!
【著者】成田良悟
【挿絵】エナミカツミ
【発表】2004.05
【発行】電撃文庫


【人物】ゲルハルト・フォン・バルシュタインレリック・フォン・バルシュタイン。フェレット・フォン・バルシュタイン。ヒルダ。ミヒャエル。ヴォッド・スタルフ。道化。『手品師』。メルヒルム・ヘルツォーク。ギータルリン。カルギラ。ヴァル、ヴァルドレッド。木島閑音。人狼ゾブ。
【地名】ドイツ領グローワース島バルシュタイン城。ホーエンツオレルン城。グローワース島リュクラム市。刃金市。
【用語】半鬼半人/ダムピール。食鬼人/イーター。異界福祉公社666支部。ブーヴァン・シー。コアセルベート。

【台詞】
「吸血鬼ってのは――弱ぇんだよ。伝説や映画で見るのとは、比べものにならねえ程な」(P58)
「こ……ここまで力技まるだしな吸血鬼退治って、初めて見た……」(P99)
「この世に存在するもので素晴らしくないものなど存在しない! ただ、そこに個人の嗜好による選り好みがあるだけだ!」(P202)
「私とてロケットの先端に詰め込まれて太陽に突っ込めば恐らく死ぬ。不老不死などというものがそうポンポン存在して堪るものか!」(P249)
「ふむ、冷静でありたいのならば――紳士、紳士たろうと心に決めよ。己の存在に誇りを持ち、他者を尊ぶのだよ」(P314)
「簡単さ――己の心にテーブルと椅子とティーセットを置く、それだけでいいのだよ。この世のすべての人間が紳士たれば、問題は8割がた解決する。もっとも、紳士なればこそ戦いを選ぶ思想も存在する。それが難点といえば難点だが、真の紳士ならばあらゆる事態を受け入れて微笑みかけるべきであろう。そうは思わんかねレリック」(P314)
「俺は――負けず嫌いだからな」(P328)
「っていうか、お前のこれさ……本当に吸血鬼物……なのか?」(P333 あとがき)

コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
| ホーム |