| ホーム |
■マイクル・クライトン/アンドロメダ病原体
男爵・よみメモ | 2008/11/12 23:58
先週、とある訃報が流れた。

氷川竜介ブログ: 【訃報】マイケル・クライトン

その名にはピンとこなかったが、この「アンドロメダ病原体」という作品は覚えがあった。以前なんとなく読んだことがあるのだが、どうやら結構有名な作品だったらしい。せっかくなので再読してみたわけだ。

当時センセーションを巻き起こしたというドキュメンタリー・タッチで書かれた作品。40年たった今読んでも、その手法には感心する所が多い。いろいろ失策はあるものの、慎重で綿密な計画を遂行する人たちには好感がもてます。

マイクル・クライトン/アンドロメダ病原体【題名】アンドロメダ病原体/THE ANDROMEDA STRAIN
【著者】マイクル・クライトン/Michael Crichton
【発表】1969
【発行】ハヤカワ文庫SF


【人物】アーサー・マンチェック少佐。ジェレミー・ストーン博士。臨床微生物学者ピーター・レヴィット。病理学者チャールズ・バートン。マーク・ウィリアム・ホール医学博士。ピーター・ジャクスン。マーティン・ウィルス警官。
【地名】アリゾナ州ピードモント。ヴァンデンバーグ空軍基地。
【用語】アンドロメダ報告書。ワイルドファイア作戦。

コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
| ホーム |