| ホーム |
■ハル・クレメント/一千億の針
男爵・よみメモ | 2008/12/23 22:42
優しくて冷たい針を何度も 突き立てた心は 誰より綺麗に飛べるはず

ハル・クレメント/一千億の針【作品】一千億の針/THROUGH THE EYE OF A NEEDLE
【著者】ハル・クレメント/Hal Clement
【発表】1978
【発行】創元推理文庫


【人物】捕り手。ホシ。ロバート(バブ)・キンネアド。アーサー(アート)・キンネアド。ダフ(ダフ)ネ・キンネアド。ベン・シーバー医師。ジェニー(ジェン)・シーバー。メイタ(メイ)・テロア。ケニス・マイルストローム/ちび。アンドレ(アンディ)・デ・シェーヌ。
【地名】エル島。ノース・ビーチ。アプー島。
【用語】太平洋燃料株式会社/PFI。筋肉弛緩防止剤/ネオスチグミン。アウトリッガー。



20億の針の続編。その外見の相違から考えられないほどおそろしく友好な関係を築き上げた、地球人と地球外生命体の関係にひびが入る……とか、そんなよくある話ではなかった。

それはともかく、次々とおそいくる危機的状況に捕り手くんは大忙しだ! ……すごく綱渡り。

それはそうと、重力の使命の続編という「超惑星への使命」も読んでみたいな。

▼参考
ハル・クレメント - Wikipedia

コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
| ホーム |