| ホーム |
■ef - a tale of melodies. ORIGINAL SOUNDTRACK1~elegia~
男爵・お買い物 音'08 | 2008/12/26 23:50
最終回放映直後、12月26日という素晴らしいタイミングで発売されました→「本当は、25日の方がいいんですけどね」(09話)
ef - a tale of melodies. ORIGINAL_SOUNDTRACK1~elegia~
プロモーション映像や提供バックで使われた、印象深いメインテーマ「Overture」から始まり、気分はいきなりクライマックス!

そして本作のメインテーマといっても過言ではない、久瀬さんのバイオリンが奏でる「A moon filled sky」(ピアノ伴奏)。というかこの作品は主題歌も含めてメインテーマだらけなのだが、この曲はストーリー上で重要な役割を果たす。
先の「Overture」に組み込まれているのはもちろん、しっかり1期から使われており、1話の教会の曲などもこのメロディ。同じく2話でヒロヒロが屋上へ向かう(そして帽子の女と出会う)シーンでも使われていて、2期まで観てから見直すとそれらのシーンの印象がまるで違う。

逆に1期のテーマが元になった「Twins, separate place」などもあり、1期2期という呼び方よりは、前期後期とか呼んだ方がイメージ的にはしっくりくる。(でもややこしいので1期2期で通したほうがいいだろう)

願いのカケラのメロディが含まれた「Separate way」など、見せ場にはそのキャラのテーマが流れているのが注意深く聞いてるとわかる……のだが、(言動とかに夢中で)そこまで気にする余裕はなかったので、今度見るときは注意したい。ああ、DVDの発売が待ち遠しい。

▼曲目
01【Overture】
02【ebullient future(English TV-EDIT ver.1)】
03【A moon filled sky】
04【The other side of mask】
05【Dissembles】
06【Separate way】
07【Answer of asking oneself】
08【Embarrassed】
09【Still alive】
10【Scary】
11【Determined herself】
12【Because, he is here.】
13【Who's problem】
14【Abnormal smile】
15【Twins, separate place】
16【Two standpoints】
17【Evening calm】
18【Confession】
19【A girl whom you deserted】
20【願いのカケラ(TV-EDIT ver.A)】
21【Entropy】
22【Small revenge】
23【Kill and come.】
24【Why? Why? Why?】
25【笑顔のチカラ(TV-EDIT ver.A)】


インタビューによると7話までのBGMを収録している。つまり、6話や7話の衝撃シーンの曲が最後のほうに。。。

なお非常にどうでもいい余談だが、「Entropy」(Track.21)といえば去年エル・カザドで頻繁に使われた印象がある。

ブルーアイズ「マクスウェルの悪魔とは、エントロピーの増大を阻止するために構築された、理論モデルの呼び名よ。そもそもエントロピーとは、分子の動きに励起して周囲の分子も動き出すことを示すの。この分子の動きの均一化を阻止する能力を持った悪魔を想定することで、熱力学第二法則を完全に克服したエネルギーの交換を……まだ聴きたい?」

ナディ「……わかるように説明して。」


そんなこと言われてもさっぱりだったナディさんと違い、凪さんはちゃんと反応している→ 「エントロピーは常に増大するのさ」「増大させるために減少させるのは、不毛だ」(07話)
さすがメガネ。

タグ:ef | コメント(2) | Trackback(0) | pagetop↑
<ジャンル:アニメ・コミック / テーマ:ef - a tale of melodies.
| ホーム |