| ホーム |
■日日日/狂乱家族日記 伍さつめ
男爵・よみメモ | 2009/02/17 22:09

2063年 11月4日 記録者 帝架(後述筆記・乱崎凰火)

 [今月の課題/私の大切な人]

(前略)――そもそも「大切」という言葉の意味から考えねばならない。語弊を恐れず極めて冷淡に解釈すると、我々が他者を大切に思うのは――最終的に己の安心、あるいは快楽のためとも判断できる。それはすなわち――。あの、帝架、そろそろ終わりにしませんか? もうすっかり夜も更けましたし。そろそろ狂乱家族日記のページもなくなりそうですし。何を言うか父上殿。我輩に与えられた課題である、手抜きをせずに一擲乾坤を賭して成しとげなくては。いえ、純粋に眠いですしそんな真面目に考えなくてもどうせ課題も凶華の悪ふざけだと思いますし……。

――大日本帝国超常現象対策局公認特殊作戦遂行家族 乱崎家の日記より抜粋――
(164ページ 第四の乱 冒頭より)



ようやく来ました! 今まで風雪に耐え、帝架くんの出番がッ!

獣化事件の発端を描く伍さつめ。道化役イジメられ役ばかりが(アニメではとくに)目立つ帝架くんだが、彼の滅私の優しさの、深慮の深層に隠された絶望と希望がここでようやく明かされる。

アニメでは断片的にしか描かれなかった帝架とマダラの子供時代、ついでに伯爵の出番も見所。

閻禍の予言、来るべき災厄の存在が徐々に明らかにされるとともに、ふと過去を覗かせる雷蝶や月香に注目。

日日日/狂乱家族日記 伍さつめ
【題名】狂乱家族日記 伍さつめ
【著者】日日日/AKIRA
【挿絵】x6suke/Pekerokusuke
【発表】2006.07
【発行】ファミ通文庫


【人物】ミリオン様。マダラ。シャクヤ。アイ。多加墓。灰色伯爵。
【用語】半獣事件。世界七大動物園。大日本帝国最西端大草原地帯通称「サバンナ」。獣化現象。南国同盟S.K.I.第三空港。

【台詞】
「どぉーぶぅーつーえぇんー♪」「人間が獣に堕ち! 命を削り殺しあい! 明日を望まず弾丸を放つ戦場が俺の動物園~♪ ららら~♪ 豚は死ね! 犬は死ね! み・ん・な・死・ね~♪ ららら~♪」(P96)
「そっか、あれはあの子にあげちゃったっけ」「それに――そもそも拙者、もう神様に祈れる立場じゃないしね?」(P190)
「そうだ、わたしが姫宮にいたころ、大切な友達に嫌われたときに自分に言い聞かせたおまじないを教えてあげる」(P211)
「あと三週間で」「全世界の全人類が、大変なことになっちゃうのん」「それを解決できるのはきみたちだけなので、どうにかしてちょうだい? 以上」(P220)
「いちおう忠告しておきますが、結婚とかはよく考えてしないと僕のようにズタボロになりますよー?」(P249)
「閻禍は、とある記録を残しておったのじゃ。ちょうどそう、汝らが残しておる狂乱家族日記のような、他愛のないものじゃったがのう」(P264)
「安心せい。汝らの平穏は守ってみせるよ。それが――せめてもの我の贖罪じゃ」(P269)


タグ:狂乱家族日記 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
| ホーム |