| ホーム |
■まどか、あんたは良い子に育った
男爵・アニメモ | 2011/04/22 23:29
これは「魔法少女まどか☆マギカ」のネタバレ感想っぽいものである。

努力の限り具体的な表現を避けてボカしますが……やめた。途中で。うん、素直にネタバレするって宣言するよ。







20110422-3.jpg

 これは、死ぬはずだった少女の物語。そして、その運命を変えてしまった、もうひとりの少女の物語。

 暁美ほむらは、厳しすぎる制約の中で最善手を模索し続けた。あらゆる可能性に挑み続けたが、事態は限りなく悪い方向へと進展していた。そして、絶望に辿り着こうとしていた。
 だがしかし、鹿目まどかは、ある可能性に気づき、決断し、そして願った。それは本来なら一片の可能性すら考えられない出来得る筈のない方法だった――が、悪化するだけかと思われた状況が、それを可能にした。可能にしてしまった。それは幼い少女にしては、いや、年齢に関係なく、おおよそ信じがたい決断であった。だが我々は知っている。仲間を守るためなら、仲間を撃ち抜くことすら躊躇わぬ、その判断力を。仲間を思い、仲間の魂をも投げ捨てさえした、その行動力を。
 一度決めたら躊躇することなく踏み出す強固な意志。それは、誰にも止めることはできなかった。そして、止めるどころか結果的に手を貸すことになってしまった。そのほむらちゃんの心境やいかに――


 ……って、別にほむほむの方は、どうでもいいや。アンタの苦労はみんな知ってるから。十分語られているから。おめーは最後にまどかと充分いちゃいちゃできたから!


 そう、止められなかった、見送ることしかできなかったのは、ほむらチャンだけじゃあない。


20110422-2.jpg

 まどかのママに伝えたい。伝えられない。でも伝えてあげたい。あなたの娘は夢をかなえたんだよ、がんばったんだよと。幾多の夢と希望を守ったんだよと。そして君は立派な母親だったと! あなたの育てた娘は立派に成長したよと! ママ素敵! ママ最高! ママンの頭をなでなでしてあげたいッ!

 …………。

 えーと。私はまどか☆マギカの登場人物が、総じてあまり好きではないのですが、まどかママだけ好きです。(←告白) なんというか、ぐっときます。ああいう妹が欲しいです。娘か教え子か幼なじみでもいいです。嫁にするのはキツイです。無理です。え、母親?いや、我の母君は凶華様と心に決めているから!

 何がいいたいかよくわからなくなってきましたが、結論としては、「オトナは誰でも辛いのさ。だから酒を飲んでもいいってことになってる」ということです。

コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
| ホーム |