| ホーム |
■彩雲国乙女~純色マドラックス~
男爵・よみメモ | 2011/07/15 23:53

もしもの話であるが。私が映像編集な方面に手を出していたなら、今頃そういうタイトルの動画を編集して動画サイトにUPしていたに違いない。

そんなスキルはないのでとりあえずまとめてみたが。

20110707-3.jpg

どの娘が好みかとか聞かれるととたいへんこまる猛烈な面子であるな……。ううむ、どの娘を嫁にしても尻に敷かれることは確実であるぞ。



さて、とうとう本編完結の彩雲国物語。イケメンばっかり出てくるイメージがあるかもしれないが、その実、女性キャラのほうがダンゼン強い。


「大丈夫だよ。だって父ちゃんと母ちゃんが喧嘩してもいっつも母ちゃんが勝つもん。男って、サイシュウテキには女に弱いって父ちゃんこぼしてたもん」
 身に覚えのある官吏たちが、一斉に視線を逸らす。楸瑛が吹きだし、劉輝が真顔で頷いた。
「見事だ。あの歳ですでに真理を会得している」

(『彩雲国物語』花は紫宮に咲く より)



おまけに終盤になればなるほど、イケメンどもの株がどんどん暴落、オッサン&ジーサン大活躍という有り様になる、実にイケメンイジメな作品である。

20110707-2.jpg
終盤のヘタレ化が激しいイケメン4人ノ図。

最初はあんなに男前だったのに…。もはや同情を禁じえない。さて最終巻では挽回できるのか?、一応メインのはずのイケメン4人!!(泣)

彼らが最後くらいはキメられたのかどうかは、最終巻を刮目して読むべし。

タグ:彩雲国物語 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
| ホーム |