| ホーム |
■男爵ベストソング2008とか
男爵・オトメモ | 2009/01/03 00:12
2008縛りのとき書いたけど、(放映日基準で)今年のアニメソング男爵ベスト5は以下のとおり。

先鋒【H2O~FOOTPRINTS_IN_THE_SAND~ OP】片翼のイカロス
次鋒【true_tears OP】リフレクティア
中堅【あまつき OP】Casting Dice
副将【我が家のお稲荷さま。 OP】KI-ZU-NA~遥かなる者へ
大将【ef - a tale of melodies. OP】ebullient future



正確に順位つけろといわれたら(ebullient futureが1位だとしても)他4つは甲乙つけがたい。

実はこれ、ある見方をすると男爵の音楽に対する方向性というか趣味の傾向が見えてしまう。

まあ、わかる人はわかるとおもうが……

イカロス→作曲:上松範康(Elements Garden)、編曲:藤間仁(Elements Garden)
リフレク→作曲/編曲:菊地創
あまつき→作曲:鈴木マサキ、編曲:藤間仁(Elements Garden)
お稲荷。→作曲:大川茂伸、編曲:藤田淳平(Elements Garden)
efメロ.→作曲/編曲:TENMON



なんというElements Gardenまみれでしょう。そして他の人たちもストリングスアレンジがすばらしい人たちだ。とくにefの曲は、ヴァイオリンパートは全部久瀬さんが弾いてるイメージ映像が浮かぶのでたまらない(←そんなのお前だけだろ)。

まあ男爵がなんでそういう傾向があるかっていうと、忘却の旋律のせいだとかいろいろあるけど長くなるのでここでは割愛。各曲についてそれぞれ言及しておこう。


まず、1月スタートのアニメより2曲。

片翼のイカロス 無敵ロボ!
【H2O~FOOTPRINTS IN THE SAND~ OP】片翼のイカロス
2007年も「Bravin' Bad Brew」や「Heart-shaped chant」という名曲を生み出した上松範康の曲である。ちなみに上松作曲と言う点では、「翼はPleasure Line」「Wing of Destiny」に続く、第3のツバサソング。ヴァイオリンとフルートの織り成すメロディが、合体スクラムウイング! 雷鳴をも黙らせる圧倒的な戦闘力だ。
アニメはこれから後半を見ます……今年中に。あ、もう明日しかない!


リフレクティアーーーッ
【true tears OP】リフレクティア
片翼のイカロスと双璧をなすお気に入りソング。これはいいヴァイオリン……と思ったら、やっぱり神曲奏界の人だった。true tearsについては全話観たので思い入れも深いし、曲に負けず劣らぬ作品だったし、曲と作品のイメージもぴったりだ。


そして4月スタートのアニメだが……なんといってもこの期はマクロスという化け物がいました。私の中でそれを越えたかどうかが、選考基準になっているといってもいい。マクロスフィーバーを越えてもなお、それを凌駕する印象を残したイカロスとリフレク。

そしてマクロスと同時期に始まりながら、マクロス以上に気に入った曲がこの2つ。

なにがでるかな♪なにがでるかな♪
【あまつき OP】Casting Dice
例によって視聴できないアニメだが、試聴してみたら速攻気にいってしまったので、即買った。この曲のキーがとにかく歌ってて気持ちがいい。メロディラインも全部気持ちよくて、そういう点ではおそらく今年の歌ではナンバーワンかも。
あとあと、よくみたら編曲は片翼のイカロスの人じゃないかと気付き、わかりやすいしてやがると思いました。



ソウルテイカーのカップリングではない
【我が家のお稲荷さま。 OP】KI-ZU-NA~遥かなる者へ
この期は他にも、Love Jump(紅 kurenai OP)や、Metamorphose(モノクローム・ファクター OP)など、強いストリングスが主張する曲が多いが、この「KI-ZU-NA~遥かなる者へ」が、飛びぬけている。
激しく波打つヴォーカルをとりまくように、鋭いストリングスが舞い踊り、2番からさらに攻撃的にからみつき、トドメにコーラスが追い討ちをかける、恐ろしく計算された作曲と編曲のコンビネーションが、凛とした強さと美しさを生み出している。とかなんとか、そんな感じ。


そして秋番組より……すべてを吹き飛ばしたあの曲が!

ebullient future
【ef - a tale of melodies. OP】ebullient future
「続・euphoric field」というべき曲である。前シリーズ主題歌「euphoric field」に比べてより挑戦的な感じ。静かな部分はより深く、激しい部分はより鋭く。助走はもう済んでいるとばかりに、最初ッから全開です。深く抑えられた序盤から、加速度的に盛り上がっていく中盤、そして一気に開放される後半!

もしこれと同時期でなければ、angelaとかsavageの曲はもっと評価があがっていたかもしれない……。とにかく当時はこの曲だけあればよかった、他のすべての曲がふっとんだ。対抗して生き残ったのは(まるで別方向の)WAっしょいくらいだった……。

もちろんアニメとのシンクロ率も桁違いで、ストーリー進行と共に進化するオープニングアニメーションはもちろん、歌詞を噛み締めるように読めば読むほど、あのシーンがこのシーンが浮かび上がってくる! (この作品の歌すべてにいえることだが!!)

コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑

▽関連記事▽

連続カラオケ世界記録とか (2009/02/23)
もうランティスのCDは買わないことにしました。 (2009/01/30)
カラオケ戦闘スタイルとか (2009/01/08)
男爵ベストソング2008とか (2009/01/03)
カラオケメモとか (2008/12/17)
ラインバレル挿入歌とか (2008/12/09)
狂乱家族日記キャラクターソングアルバム発売中止 (2008/10/05)

<<男爵・戦いの記録集計(2008年) | ホーム | 男爵ベストアニメ2008とか>>
コメント
コメントの投稿












(※転送エラーや、スパム回避の禁止ワードなどにより、反映されない場合あり。送信前に本文をコピーしておくよろし。)

トラックバック
| ホーム |