| ホーム |
■コードギアス Sound Variety R18
男爵・お買い物 音'09 | 2009/04/20 23:45
グレンラガンにはこういうところが足りない。

ギアスR18

コードギアスには1期と2期それぞれ、キャラソンとドラマが収録された「Sound Episode」ってアルバムが6枚づつ発売されていました。キャラソンはそれぞれ一曲づつ収録されて、こんな感じのラインナップ。
1-1)「REINCARNATION」/歌:C.C.
1-2)「never end」/歌:ルルーシュ
1-3)「晴れのち夏の雨」/歌:シャーリー
1-4)「プラチナ・ソウル」/歌:カレン
1-5)「Dear My Friend」/歌:ミレイ
1-6)「優しい世界」/歌:ナナリー
2-1)「CONNECT 」/歌:C.C.
2-2)「アラベスク」/歌:ロロ
2-3)「REGENERATION」/歌:ルルーシュ
2-4)「One More Chance」/歌:カレン
2-5)「ティアラの気持ち」/歌:ナナリー
2-6)「Reason」/歌:星刻&ジノ
まあメインキャラばかりで、オレンジやロイドさんの歌はないのか~と思っていた男爵は、最後のキャラソンがジノとしんくーなんて無関係な抱き合わせの組み合わせだった時点で、もうなんかどうでもよくなってました。


そんなとき、おまけのように発売されたのがこの「Sound Variety R18」でした。


この「R18」、構成からしてもうおかしい。

1トラック目、いきなり天子さまのすばらしき歌声がながれるところからこのCDは始まる。
ギアスR18
……あの天子さまにしては「上手すぎる」ような気がしなくもないが、しんくーに褒めてもらいたい一心で練習したのであろう健気な天子さまの姿を想像して、がんばったんだね、練習したんだよねと納得することにする。


つづいては玉城と扇の二人だけ!というギアス需要の大部分を無視したドラマ。
ギアスR18
なにかと評判の悪い扇だが、これを聞けば同情せざるをえないというかいつもの扇だなこりゃザマぁみろ!


ギアスR18
さらに追い討ちをかけてキャラソン2曲目は玉城のキャラソンだ! もうなんかそれっぽいとしかいいようがないのだが、とりあえず長い。


ギアスR18
それからあの「玉城の店」にみんなが集まってという設定で座談会……って、どんだけ玉城で押すんだよ! 愛されすぎだろ玉城!玉城!玉城!玉城!

そして愛されているといえばシャぁルル皇帝陛下のお悩み相談。ジャケット絵を飾った割に扱いが小さいぞ! まあ本編があんな(以下略)

ラストを飾るのはそう、扇・ヴィレッタ・オレンジによる謎トリオ。……所詮男は女の周りをまわるプラネット、ヴィレッタとおまけ2人、バカ旦那にバカ上司という感じ。

以前、わたしは「もっと他に選択肢があっただろう!? アーニャとか、メイドさんとか! ていうかやっぱりオレンジは孤独にソロでしょう?」とか思ったものだが、やはりオレンジはメインよりも、道化で間抜けで醜態を晒して全力で撤退するほうが似合う……そう、勝利には美酒がふさわしいが敗北には苦いコーヒーの味のほうが似合うとかいうのと同じ! 適材適所ッ!



……グレンラガンにはこういうところが足りない。全ッ然、足りない。マクロスFもシェリルとランカばっかりで、あとボビーくらいだし。

大グレン団の歌とか! ロージェノムの歌とか! レオン三島の歌とか! クラン大尉の歌とか!(←カバーソングだけなんてのは却下だッ)

……以上、ちょっとアレな脇役だいすきな男爵でした。

タグ:コードギアス | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑

▽関連記事▽

Spiral/Link (2009/05/13)
とらドラ! キャラクターソングアルバム (2009/04/30)
ステキな果実 (2009/04/24)
コードギアス Sound Variety R18 (2009/04/20)
しゅごキャラ!キャラクターソング コレクション (2009/04/13)
鉄のラインバレルO.S.T.2 (2009/03/28)
Journey through the Decade (2009/03/26)

<<男爵注目主題歌 | ホーム | 20090419記事メモ>>
コメント
コメントの投稿












(※転送エラーや、スパム回避の禁止ワードなどにより、反映されない場合あり。送信前に本文をコピーしておくよろし。)

トラックバック
| ホーム |