| ホーム |
■宇宙をかける少女・ロボ要素まとめとか
男爵・アニメモ | 2009/07/07 23:28
……ひょっとしたら、まとめてみた方がまだよかったのかな、このアニメ。


「宇宙をかける少女」というアニメは、登場人物もバカみたいに多かったけど、ロボっぽい要素も無闇に多くて、ロボット好きの男爵的にはわりと期待してました(過去形)。

先週おわったこのアニメの、ロボっぽい要素をまとめてみたよ。多少ネタバレするけど、別にいいよね!




【QTアームズ】直接操作・4つ足人型・4~6メートル
飛行形態にもなる4つ足ロボ。名目上は戦闘用多目的パワードスーツ。主人公たちが登場するメインのマシンゆえ出番は多いが、後半ただの乗り物になりさがった。なんかいつのまにか新型になってた。2ndオープニングの科学忍法火の鳥というか超重炎皇斬みたいなのは一体なんだったのか。



【メイドロイド・ナビ人】直接操作・人型・人間サイズ
ナビ人というサイボーグ(って公式にかいてある)が頭部にハイルダー・オンして操作するアンドロイド。ナビ人はイモちゃんの他にもでてくるが、中盤で「あのキャラもメイドロイドだったのか!」というサプライズがあったのはよかった。なんといってもねんどろいど化されたのがMVP。個人的には、登場人物全員メイドロイドでしたってオチを期待していた。


ソラかけロボ要素まとめとか
【ブレインコロニー】自律稼動・人工知能つき建造物・サイズ巨大
全長約15km/直径3.5kmの人工知能搭載型コロニー。物語の中心になる。まさかのコロニー同士の格闘などなど、序盤だけはワクワクした。コアとなるAIユニットだけでも活動できるが、たいして役には立たない。……いきなり最後に父とか息子とか言われても。



【ミスタークロオビ】自律稼動・人型・人間サイズ
ホンダのアレっぽいやつ。見た目から想像できないすごい戦闘力をもっているが、それが見られたのは登場した話だけだったぜ!



【首のない甲冑の幽霊さん】憑依操作・人型首なし・人間サイズ
亡霊さんが鎧をあやつってるらしい。いつきの怪奇課という仕事を説明するためだけにに登場ようなものだが、その仕事に関する細かい設定はどこへ? にもかかわらず最終回ちょいまえに再登場したちょっといい男。実は人体練成に失敗した弟を兄が鎧に(嘘)



【イグジステンズ】自律型・人型・人間サイズ。
たしか生体兵器だった気がする。人造人間なのか改造人間なのかは知らない。Gビット。出番は結構多い気もするが。もうちょっとなんとかならんかったか。



【ハコちゃん(フルカウル)】一体化・箱型・人間サイズ。
人が操作するのではなく、取りこんた人を逆に……とかけっこうエグい。中盤のメインになるストーリーだった気がするが。



【ズァンメン】スタンドアローン型の暗殺ドロイド。なんかどっかで登場して、誰か刺されてた。



【アレイダ】?・人型・人間サイズ
敵っぽい鋼鉄の乙女。見た目は白いアーマーレディ。1stオープニングで「アンドロイドじゃないもの~」という歌詞にかぶせて出てくる、正体はロボなのか全身鎧なのか思わせぶりの正体不明のキャラ。
中盤でフェイスオープンして素顔がちょっと見える。一応最終回で正体が確定するものの、「そのコトだったら、まあ……ゴメンネ♪」「あとは自分で考えて行動しなさい。じゃーね。」とかいろいろ放り投げまくっっっって、ラストをむりやりまとめた最重要キャラ。




【裸々イヴ新世紀】コスプレ・人型・人間サイズ
某AVENGERのエンディングテーマと同じく、SF小説「未来のイヴ」をモチーフにしている前期オープニング主題歌。未来のイヴは「アンドロイド」という言葉を最初に使った作品と言われており、そんなエッセンスに溢れた歌詞がとか言う以前にインパクトがありすぎてこまるCDジャケット。






そんな多すぎるロボ要素とか、多すぎるキャラとかが、これでもかと詰め込まれまくった1stオープニング映像を、今だからこそ、見返してみよう。




ああ、今見てもすげえワクワクするぞッ! 好きな2009年のロボットアニメは何かって聞かれたら、「TVアニメなら宇宙をかける少女(ただし前半)」って今の男爵は断言するねッ!

コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑

▽関連記事▽

新世紀XENOGLOSSIAとか(ニコニコ動画) (2009/07/14)
今回のヱヴァで一番ショックだったこと (2009/07/12)
舞-HiMEと舞-乙HiMEが Blu-ray BOX に、、、じゃあ次は! (2009/07/08)
宇宙をかける少女・ロボ要素まとめとか (2009/07/07)
アラド戦記の新OPが変わりすぎとか (2009/07/05)
タコスとか (2009/07/04)
ファイアボールDVDとか (2009/07/03)

<<舞-HiMEと舞-乙HiMEが Blu-ray BOX に、、、じゃあ次は! | ホーム | 20090706記事メモ>>
コメント
コメントの投稿












(※転送エラーや、スパム回避の禁止ワードなどにより、反映されない場合あり。送信前に本文をコピーしておくよろし。)

トラックバック
| ホーム |