| ホーム |
■第3次α第60話
男爵・ゲーメモ | 2005/11/25 23:56
さて、最終話です。前回から15話ほどブッとばしましたが、ロボットアニメってのはそういうものです。

ここで、撃墜数ランキングでも発表して、男爵さんがどのロボットをひいきして使っていたのか、分析してみましょう。

兵隊怪獣
ホビージャパンのカードゲーム「トップをねらえ!」より



(以下の撃墜数はは59話クリア時点)

■9位 170機 シンジ (奇跡の戦士エヴァゲリオン初号機)
 同点9位が2人。隠し装備の入手条件が、「チルドレン3人で250機撃墜」だったため。中盤で意図的に稼ぎまくった結果。

■9位 170機 トロワ (ガンダムヘビーアームズ)
 世界レベルのピエロならば、これくらいは朝飯前さ。ビバミサイル!ビバ乱射!エンドオブワールドッ!!
 他のゲーム(ACEとか)で、男爵さんはヘビーアームズが愛機だったのです。もちろん、ACE2でも使いますよ。

■8位 171機 ヒイロ (ツバサのナイト・ゼロ)
 1機差で8位。…彼の主な役目は、敵味方両方を撃てるMAP兵器でイデオンの耐久度を下げ、適度に無限力を発動させることである。やはりMAP兵器もってるのは有利か。

■7位 182機 獅子王凱(勇者キング)
 第三次アルファ地上篇の主人公のひとり。前~中盤で強制出撃がやけに多かったのと、終盤のゴルディオンクラッシャーのせいで、常にランキング上位に。

■6位 196機 アスカ (EVA弐号機)
 前述の隠し条件のために、撃墜数が無理やりのびた。碇君より好成績だった要因は、初号機の追加装備が単体攻撃だったのに比べ、弐号機のそれが全体攻撃だったためであろう。
 なお、この2人の撃墜数の3割くらいは、無限に復活するイザーク(51話のデュエルガンダム)である。

■5位 230機 アキラ (ライディーン)
 別に思い入れはないし、昔はたいして使わなかった。ところが今回、ライディーンが早々に無限力を発動していまい、ゴッドボイスでシャウトしまくった結果がコレ。

■4位 268機 ノリコ (ガンバスター)
 宇宙怪獣が原作どおりでてきていたら、撃墜数は億単位になっていただろう。

■3位 275機 コスモ (伝説巨神)
 第三次アルファ宇宙篇の主人公のひとり。戦うのが面倒な敵を、イデオンガン×ソードで吹き飛ばした。途中まではずっと一位だったが、終盤で「手加減」できるようになってからは、ケズリ役オンリーに。
 
■2位 287機 北条真吾(戦国魔神)
 ブンドル様たちが結局ついてきてくれなかったため、6人乗りゴーショーグン(小説版)は実現できず。…その鬱憤を晴らすかのように、宇宙スペース・ナンバー2。

■1位 300機 神隼人 (ゲッター2)
 まあ、そうなるわな。勇者忍者とコンビで地上を走り回り、宇宙でも常に最前線でドリルをまわし続け、ザコを一掃しまくった。なお、対ボス用・ゲッター1の人は95機。


なお10位以下は、エキセドル(147機)、キラ(146機)、ベス(144機)、マックス(133機)、忍(128機)、ミリア(128機)、アスラン(126機)、一条輝(126機)、リュウセイ(117機)、ユング(115機)、フェイ・(111機)、綾波(107機)…とつづく。
なお、エキセドルとミリアは、天才マックスからの引継ぎが大半。

コメント(2) | Trackback(0) | pagetop↑
<ジャンル:ゲーム / テーマ:スーパーロボット大戦

▽関連記事▽

注目のゲーム発売予定 (2006/01/19)
第3次アルファ番外編1 (2005/12/16)
終焉の銀河ヘの航海日誌もくじ (2005/11/26)
第3次α第60話 (2005/11/25)
Another Century`s Episode2のBGM (2005/11/17)
第3次アルファ第44.5話 (2005/10/23)
第3次α第40~44話 (2005/10/18)

<<終焉の銀河ヘの航海日誌もくじ | ホーム | 週刊少年サンデー2005秋>>
コメント
ドリル好き
バロンとの唯一の共通点が
ゲッター2を愛用してる点ですな。
あんなに便利でよけまくるのに、
使ってる人、案外少ないのよね。
ムー * URL [編集]2005/11/26 01:16
いやいや
便利かどうかなんて関係ないかな。好きで使ってるだけだもーん。

さすがに素ではつらいので、改造と強化パーツとボルフォッグのジャミングで、無理やり使ってた。
男爵N * URL [編集]2005/11/26 01:55
コメントの投稿












(※転送エラーや、スパム回避の禁止ワードなどにより、反映されない場合あり。送信前に本文をコピーしておくよろし。)

トラックバック
| ホーム |