| ホーム |
■ノブレス・オブリージュ とか
男爵・アニメモ | 2010/07/06 23:11
えっと、最近『タイタンの妖女』っていう、いわゆるSF小説に一般的には分類される本を読んだんですよ。まあSFと言い切れるかというと随分ひねくれた話だなあとか、それはそれとして。

ここから作品の内容には全く関係ない話をするんだけど。こんな一節がでてくるんですよ。


――ノブレッス・オブリージの薄いベールごしに、ラムファードはサロに対して、機械とは鈍感なものであり、想像力にかけたものであり、下品なものであり、一片の良心だにない謀略家であるとほのめかしたのだ――(ハヤカワ文庫SF「タイタンの妖女」P303より)




この noblesse oblige という言葉、私が初めて聞いたのは仮面ライダーカブトなのだが、それ以来もう毎年のように聞いてる気がする。


『仮面ライダーカブト』(2006)より

 「高貴な者は、高貴な振る舞いをせよ。ノブレス・オブリージュ。美しい響きだ」





『機神大戦ギガンティック・フォーミュラ』(2007)より

 「ノブレス・オブリージュ、それは力なきものたちの為に、己の命を懸けることのできる、高潔な覚悟のことだ。(08話)」





『東のエデン』(2009)より

 「ノブレス・オブリージュ。貴方が今後も救世主たらんことを」





……まあその、ただ「ギガンティックって言いたかっただけ」なんですけどね。

あの時代はロボット分が豊富にあって、ギガンティック見てる場合じゃねえもうやめうかな、と思ってたときにその言葉を聞いたんですよ(え? 8話まで見ててやめるのかよって?……それくらいから本気を出し始めた「ゼーガペイン」って番組がその前年にありましてね、これも化けるんじゃないかと当時は我慢強く見てました)。まさか2年つつけてノブレス・オブリージュなんて言葉を耳にするなんて、思いもよりませんでしたし……その、そういうわけで、つい見続けちゃったんですよ最後まで。ギガンティックを。

今では記憶がすっかり美化されて、わりと好きです。ギガンティック。なんかちょっとだけ見直したいと一瞬だけ思いましたが、やっぱ2クールはつらいです。

タグ:ギガンティック | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑

▽関連記事▽

2010夏の新番組チェックその1~伝説のオカルト執事の伝説 (2010/07/09)
真実の涙、是我痛、そして…… とか (2010/07/08)
二番手キャラが好き~けいおんの場合とか (2010/07/07)
ノブレス・オブリージュ とか (2010/07/06)
あなたたちは死んだのよ(タナカリエの声で)とか (2010/07/01)
今日6/30はソルティさんの誕生日! (2010/06/30)
【没】2010春アニメチェック後編 とか (2010/06/29)

<<二番手キャラが好き~けいおんの場合とか | ホーム | 韓国人8948【没】>>
コメント
コメントの投稿












(※転送エラーや、スパム回避の禁止ワードなどにより、反映されない場合あり。送信前に本文をコピーしておくよろし。)

トラックバック
| ホーム |