| ホーム |
■二番手キャラが好き~けいおんの場合とか
男爵・アニメモ | 2010/07/07 12:47
うむ。やっぱり私ムギ派なんだわ。ここ先週までの話で再確認した。

以前私は、No.2が好きだというホルホースな志向のことを書いたのだが、けいおんの場合、それはムギなのだ。……ああ、わかってる、これは補足説明が必要だな。

どうやら私が言う「二番手キャラ」が好きというのは不完全な表現で、ただの順位のことではなく、逆を言えば「ナンバーワンにならないキャラ」ということらしいのだ。

唯はボーカルだし主人公だし、澪もボーカルなうえに校内でファンクラブできるほどの人気だし、りっちゃんは部長だ。それぞれ最前面にでる属性をもっているキャラなのだ。後から加わったあずにゃんだって唯一の後輩であり演奏の実力もあり練習やる気が一番あるし。

だがムギは違う。ムギが一番手になるのは財力とか筋力とか、「けいおん」という話に関係しない属性ばかり。

「常に一歩引いた位置」にいるキャラっぷりが徹底しているのだ。

場面上の役割を考えた場合、4人のだれかが入れ替わりトップになって話をひっぱり、そのどんな場合でもムギは常にバックにいるというのが「放課後ティータイム」の基本フォーメーションなのだ。後ろから見ているだけではなく、先頭に立って目立つのではなく、陰から場を制御しているのがムギなのだ。(それはひょっとしたらキーボードという楽器の役割ともダブるのかもしれない。)

2期は2クールという余裕があって、各登場人物にスポットを当てたエピソードがいい感じなのだが、半分経過した現段階になっても、ムギメインの話なんてない! さわちゃん回やら後輩3人組の回もあるのに! ……すばらしい。ますますもって素晴らしい暗躍振りだ。

だが、2期になってムギお嬢様の動きにあからさまに変化がある。

■参考:大人になったら大人になれるのかな。「けいおん!!」第10話 - たまごまごごはん



むしろムギが本気で動くような展開になってしまったら、けいおん全体の流れの中でも大きなターニングポイントになるのではないだろうか……。

……そんな期待と心配をしながら見た14話は……!

つづく。

タグ:けいおん | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
<ジャンル:アニメ・コミック / テーマ:けいおん!

▽関連記事▽

「伝説の勇者の伝説」方式でアニメのタイトルを変えてみた とか (2010/07/09)
2010夏の新番組チェックその1~伝説のオカルト執事の伝説 (2010/07/09)
真実の涙、是我痛、そして…… とか (2010/07/08)
二番手キャラが好き~けいおんの場合とか (2010/07/07)
ノブレス・オブリージュ とか (2010/07/06)
あなたたちは死んだのよ(タナカリエの声で)とか (2010/07/01)
今日6/30はソルティさんの誕生日! (2010/06/30)

<<けいおん!!14話でムギ以外の話とか | ホーム | ノブレス・オブリージュ とか>>
コメント
コメントの投稿












(※転送エラーや、スパム回避の禁止ワードなどにより、反映されない場合あり。送信前に本文をコピーしておくよろし。)

トラックバック
| ホーム |