| ホーム |
■今週の最強武将伝が素晴らしかった件とか
男爵・アニメモ | 2010/10/03 14:07
えー、観てる人は非常に少ないと思われるが、

これから録画分を再生しようってひとは、

ネタバレになるからとっとと観てくれい。



■■■■■■■■■■■■■■■■
以下、ネタバレするぞ!     
■■■■■■■■■■■■■■■■

 まずあれだ。オープニングがリニューアルして、歌詞が2番になりました。まあ、昔から定番といえばそうなのだが、1クールで歌が替わるアニメが大半のこの時代では、たまに見るとすごくイイ。2番のアレンジが好きでねえ。。。今年のベストソングに入れよう。うっかり忘れてなければ。

参考:【インタビュー】ささきいさおが語るデビュー50周年記念シングル「風の会話」 - TVアニメ『最強武将伝・三国演義』 (1) ささきいさお、デビュー50周年!

 それにしてもマイコミジャーナル、なぜ今頃になってこんなインタビュー記事を。。。いや良い記事なんですが。


本編はというといきなり華容道スタート。前回が赤壁最終戦で、趙雲と張飛から逃げてきた曹操が「げえっ、関羽!」で終わるというオイシイ引きかただったので後始末。

そう、関羽の情につけこんで見逃してもらうという、程イクさんの最大のファインプレー!となる名シーンである。だが当の曹操が「郭嘉さえ生きていれば」なんて言い出すもんだから、郭嘉だいすきの私にはたまらねえ。

で、諸葛亮の実に清々しい嫌味ったらしさったらもう! 「関羽将軍お待ちしておりました」「お出迎えもせず失礼しました……どうされました将軍、顔色がすぐれませんが」(←全部わかった上でな!)。この「清々しい嫌味ったらしさ」を最大限に引き出した諸葛亮のキャスティングは実にすばらしい(ああ、私は古畑任三郎も好きですからな)。

その後は、赤壁の陰で実に記憶が薄い南郡攻防戦。周瑜様がらみの話でも、孫策の活躍なんて全カットするのに、曹仁と牛金の見せ場はちゃんと描くとか、もうなんか実によいぞ。……まあ、おいしいところは諸葛亮が全部もっていくんだがな!

そしてラストシーン。「南郡を奪い返すぞ!」「まずは荊州と襄陽を奪いましょう」「そうだな、急いで向かえ!」「大都督ー! 荊州は張飛に、襄陽は関羽にとられました!」「なに!?」(たまらず傷口が開いて倒れる周瑜)「大都督!」「大都督!」「ただいまー」「おかえりなさい!ごはんにする?お風呂にする?それとも……カードゲーム、する?」って、間髪いれずに入るブシロードのCMな! 一瞬なにごとかと思ったわ!

ここまで周瑜様をハメまくっておいて、倒れた周瑜様どうなるの?ってとこで、次回、第二十八話「劉備の結婚(前編)」だからな! どこまでもスキががないわ、今週は。よいぞよいぞ。あ、ついでにエンディングも曲かわりました。

タグ:三国志 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑

▽関連記事▽

2010秋の新番組チェックその1~荒川のタクトがこんなにクマキリン (2010/10/29)
ハッピーエンドの後も おとぎ話は続く――緑色のすごい髪の女神降臨から5年 (2010/10/07)
TOKYO MXの火曜深夜がヒドイ (2010/10/05)
今週の最強武将伝が素晴らしかった件とか (2010/10/03)
今日は10月3日、あの惨劇から14年。。。【誰か説明してくれよぉ!】 (2010/10/03)
けいおん!!番外篇2――誰だよこのギミック考えたの……! (2010/09/29)
明日スト2最終回のネタバレされないためにはどうしたらいいか。 (2010/09/22)

<<10/03のツイートまとめ | ホーム | 今日は10月3日、あの惨劇から14年。。。【誰か説明してくれよぉ!】 >>
コメント
コメントの投稿












(※転送エラーや、スパム回避の禁止ワードなどにより、反映されない場合あり。送信前に本文をコピーしておくよろし。)

トラックバック
| ホーム |