| ホーム |
■【20周年】赤ずきんチャチャ 第55話「忘れちゃダメよ国王の印」(1995.01.27放送)
男爵・アニメモ | 2015/01/27 23:58
CHA54-99.jpg

 世界一の魔法使いとなったチャチャへの挑戦は、校舎に甚大な被害が出たため、学園内では禁止となった。例によって校舎を修理しているのか、しばらくうらら学園のシーンは出てこない。だからなんなんだこのシリーズ構成。

 そーいうわけでどんなわけで、チャチャの挑戦者は現住所・もちもち山のセラヴィー宅に押し寄せることになった。しかも魔法と関係ない勝負を。。。
CHA55-10.jpg CHA55-20.jpg
 セラヴィーも「のんびりとお茶でも飲んで暮らす」どころではなく……と思いきや峠の釜めしなど売りさばいていた。この師匠、ノリノリである。(……もしや、また校舎の修理代を請求されたのか?)

 なお、原作キャラのカルタ王カータンがまざっている。セラヴィーも原作で「時々こういう魔法とは全然関係ない勝負挑んでくる人来るんですよね」と困っていたが、時々なんてレベルじゃなくなっていた。もはや魔法の修行とは関係ない方向に、、、もしや計画倒れなのか。。。


私は可愛いー カゴの鳥なのー
CHA55-30.jpg
 周到に整理券を配り、挑戦者や取材のスケジュール管理をするマネージャーしいねちゃん。ミュージカルの時もディレクターをやっていたし、こういう仕事が向いているのかもしれない。

 毎日の試合つづきに、(第31話「特訓がいっぱい!」で歌っていた)まいごのねこのメロディで歌い出し現実逃避するチャチャ。次回この曲の最終章が流れることになる。



 そんなドタバタの中、伏線を張っていた「国王の印」の正体が、(忘れられないうちに)ついに明らかになる。


「それではご説明ー。
 ホーリーバードは国王の印とも呼ばれるように、マジカルキャッスルに祀られていた聖なる彫像のことなのです」

「心正しき人が使うと、ホーリーバードは世界中に花を咲かせ、穢れた地を清めることができます」
CHA55-40.jpg(※イメージ映像)
 玉璽的なものかと思ったら、結構なマジックアイテムでした。


「しかし、心悪しき者が使うと、世界は醜悪と恐怖に満ちた所へと変わってしまうのです」
CHA55-50.jpg(※イメージ映像)
 なんだか具体的にはよくわからないが、なんだかヤバそうなアイテムです。

 イメージ映像には、アリマッキン、ノロワレアーマー、ガンダー、キヨトーラ、フォクシー、きゅーちゃん、カザンダン、といったなつかしい刺客の面々が。全然こわくないのもまざってますが。



「はばたけホーリーバード! 逃げよ、悪しき者の手に届かぬところへ、ホーリーバードよ!」
CHA55-60.jpg
 大魔王の襲撃時、セラヴィーやジーニアス大王やリーヤのじいちゃんが、幼い王女とともに、プリンセスメダリオンや城への地図といった重要アイテムを持ちだしていたことは語られていました。

 そのとき、国王と王妃はホーリーバードを緊急脱出させていたのです。そのせいで逃げ遅れて大魔王に捕まったのでしょうか。。。現国王がその身を犠牲にしてでも守らなければならなかった、そして大魔王がアクセスという重臣を使ってまで探し求めた最重要アイテム。それが国王の印なのです。


「旅に、出る」
「…どこに、行かれるのですか」「あてはない」
「……いつ、戻られるのですか」「わからん」
CHA55-85.jpg
 大魔王の元での罪を赦されたうえ、国王直々の取り立てにより再就職もできてよかったねアクセスさん、と思ったらそんなことなかった。なんだこの罰ゲーム。(←婉曲表現)

 国王の印が見つかれば真の平和が訪れる、そしたら家族一緒に暮らせる……そんな思いを胸に、あてのない旅を続けるアクセス。なんか、人質がとられていないだけで、主が代わっても良いように使われているぞ……!

 ……まてよ。そういえばこの無理難題な任務を命ぜられた時、王妃が「アクセス、よいお子をお持ちで」などと最後に付け加えていたが、、、まさか。。。


「なんだかわかんないけど、あのアクセスが探してんだ、きっとなんかあるよ」
「こいつはとんだめっけもんだね、姉さん!」
CHA55-70.jpg
 ホーリーバードを偶然手に入れていた、音を操るソプラノとバリトンの姉弟。
 音の魔女とかいうわりに、武器がムチだったり鉄球だったりとよくわからないやつらだが、だまし討ちとはいえあのアクセスを打ち倒す強力な合体技を見せる。


「あの鳥はいったいなんなんだい」「知らぬ」
CHA55-80.jpg
 拷問ターイム。ムチをマイクに変化させ、いったいどんな拷問を! とてもお見せできないのか実際のシーンはカットされました。
 いそげしいねちゃん! パパがピンチだぞ!


「たぬきはポンポコ お馬はパカパカ ゴリラはウッホッホー!」
CHA55-90.jpg
 音には音で対抗! あの、誰も気にしてない(鷹以外)けど、近くでアクセスさんがぐったりしてるんですけど。。。

 なお、この歌の作詩は、今回の演出・佐藤竜雄とのこと。



「歌は心なり
 歌は人の心を打つもの
 心なき歌は 人の心動かすこと叶わず」

「今、そのときの気持ちを込めて歌うのだ、さすれば、勝てる!」
CHA55-A0.jpg

 無理難題な任務の重圧や拷問のような音圧に、ついに精神がアレになってしまったのか、アクセス。

 このシーン、小説版においても「チャチャの登場人物で、唯一シリアスなキャラクターだと思っていたら、とんでもなかった。ただし弁解するが、アクセス本人は超マジである」と描写されてる。



「やつらがあの合体技を出してきたときが勝負」
CHA55-B0.jpg
 それにしてもこの世界の鳥類は、剣になったり竪琴になったりギターになったりとたいへんである。


「そうかい、これがあのホーリーバードだったのかい」
「やめろ! お前の手におえる代物ではない!」
CHA55-C0.jpg
 若さの辞書には不可能はない! 時にしくじることがあるとしても! Try my best!(もういい)

 ていうか知ってたんかい!気づけよ! バードだぞバード!


「このままじゃ、世界がソプラノの好きな世界にされちゃう!」
「それだけではすまない。ホーリーバードは、封印された暗黒魔界の扉を開くことができるのだ」
CHA55-D0.jpg

 なんか魔族側にやばい情報が知れ渡っているんですけど。。。


 そして告げられた突然の別れ。次回、『さよならホーリーアップ』。

タグ:赤ずきんチャチャ | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑

▽関連記事▽

【20周年】赤ずきんチャチャ『ミュージカル 赤ずきんチャチャ』 (2015/02/25)
茅野 とか (2015/02/24)
【20周年】赤ずきんチャチャ 第56話「さよならホーリーアップ」(1995.02.03放送) (2015/02/03)
【20周年】赤ずきんチャチャ 第55話「忘れちゃダメよ国王の印」(1995.01.27放送) (2015/01/27)
【20周年】赤ずきんチャチャ 第54話「挑戦者ゾロゾロ」(1995.01.20放送) (2015/01/20)
【20周年】赤ずきんチャチャ 第53話「世界一になっちゃった!」(1995.01.13放送) (2015/01/13)
【20周年】赤ずきんチャチャ 第52話「脱走!脱走!大しっぱい」(1995.01.06放送) (2015/01/06)

<<01/27のツイートまとめ | ホーム | 01/26のツイートまとめ>>
コメント
コメントの投稿












(※転送エラーや、スパム回避の禁止ワードなどにより、反映されない場合あり。送信前に本文をコピーしておくよろし。)

トラックバック
| ホーム |