| ホーム |
■藤田和日郎/からくりサーカス43(完)
男爵・お買い物 本 | 2006/08/11 23:59
前述の井上和郎の師匠、藤田和日郎のロボットマンガ「からくりサーカス」の最終巻。…よくもまあ、まとめきれたものです。
書き足しすぎ
…高校くらいまで、私は週刊サンデーを読む習慣がありませんでした。ジャンプとかコロコロとか、ガンガンとかギャグ王とか、まあそんなものでした。

週刊サンデーを(ついでにマガジンとチャンピオンを)定期的に読むようになったのは、大学の研究室に置いてあったからです。そのころ、すでに「からくりサーカス」は、サハラ砂漠だったりしましたので、まともには読んでいませんでした。だから、「なんか雑誌の雰囲気にそぐわない濃さのマンガ」という程度の印象でした。

「からくりサーカス」をちゃんと読むようになったキッカケは、あれです。とある漫画家が、翌月号で「からくりサーカス」を元ネタにするぞなどと、日記にかいていたからです。じゃあ、それが出るまでに1巻から読んでおくか、と。…丁度、マサルくんも過去を振り返りまくってたころです。結果的に、そのタイミングで読んどいてよかったです。

あやつり人形、からくり人形、脳改造に人体改造、人工知能に造物主に不老不死と、ロボ要素のオンパレード。ロボ好きにはたまりません。なんか、アシモフのロボット作品に通ずるところもあります。

なお、この最終巻、メチャクチャ書き足したためか、むりやりまとめたためか、ちょいと分厚くなってます。

タグ:からくりサーカス Asimov | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑

▽関連記事▽

島本和彦/新吼えろペン(5) (2006/08/15)
岬下部せすな/悪魔様へるぷ☆(3)【完】 (2006/08/14)
倉島圭/24のひとみ(1) (2006/08/12)
藤田和日郎/からくりサーカス43(完) (2006/08/11)
スーパー戦隊画報 第2巻 (2006/07/31)
山本弘/サーラの冒険(6) (2006/07/20)
原作完全版ジャイアントロボ上・下 (2006/07/04)

<<倉島圭/24のひとみ(1) | ホーム | 葵DESTRUCTION!3>>
コメント
コメントの投稿












(※転送エラーや、スパム回避の禁止ワードなどにより、反映されない場合あり。送信前に本文をコピーしておくよろし。)

トラックバック
| ホーム |