| ホーム |
■ハル・クレメント/20億の針
男爵・よみメモ | 2006/12/12 23:59
ひさびさですね。読書メモ。
いかん、この作品の内容に全然ふれてない
【作品】20億の針/NEEDLE
【著者】ハル・クレメント/Hal Clement
【発表】1950
【発行】創元推理文庫

この「よみメモ」の企画を始める前のことになりますが…。以前読んだ「重力の使命」という作品が結構気に入りまして、、、その作者=ハル・クレメントの作品を探してました。そして最近、中野で見つけた「20億の針」、どうやら代表作みたいなのですが…。

あらすじ:
二隻の宇宙船が南太平洋に墜落した。一隻に乗っていたのは探偵、いま一隻に乗っていたのは犯人。ただし両者とも人間ではない。高度の知性と感覚をもったゼリー状の半液体生物である。そして彼らは宿主なしには生きられない。探偵は一人の少年の体内に寄生し、犯人は別の人間にとりついている。……

──って、これ小学生のころ読んだことある~~!!! なんたる偶然。いや、もちろん子供向けの児童書版だったのだが…。調べてみたら、「星からきた探偵」ってタイトルらしい↓。

参照:SFこども図書館与志田の貼雑帖より)

うおっ、なつかし!! そうそう、こんな表紙だった。

他に印象深いのは「恐竜の世界」、これは「失われた世界/ロストワールド」ですね。高学年になって、これとシャーロック=ホームズの作者が同じだと気付いて驚きました。

あとストーリーまで覚えてるのは「恐竜一億年」くらいかなあ。多分3回くらい読んだ。ラストの展開がイマイチ納得できなかったのを覚えている。…もういちど読みたい。

他に表紙だけで覚えてるのは、「次元パトロール」「時間けいさつ官」それから「海底パトロール」「超人の島」あたりかな。内容はさっぱり思い出せない。…気になるのでメモっておく。あとで調べよう。


【人名】捕り手、ホシ
    ロバート(バブ)・キンネアド。アーサー(アート)・キンネアド。チャールズ(チャーリー)・テロア。ノーマン(ノーマ)・ヘイ、ヒュー・コルビー。ケニス・マイルストローム/ちび。ケネディ・ライス/赤毛。シーバー医師。チップ。
【用語】ペリット。ビールス。養殖タンク。

▼参考リンク
ハル・クレメント - Wikipedia
翻訳作品集成(Japanese Translation List)

コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑

▽関連記事▽

アイザック・アシモフ/停滞空間 (2007/02/01)
アイザック・アシモフ/地球は空き地でいっぱい (2007/01/23)
アイザック・アシモフ/火星人の方法 (2006/12/20)
ハル・クレメント/20億の針 (2006/12/12)
R・A・ハインライン/栄光のスペース・アカデミー (2006/09/07)
アイザック・アシモフ/コンプリート・ロボット (2006/07/24)
山本弘/サーラの冒険 (2006/07/21)

<<野々原ちき/姉妹の方程式(3) | ホーム | アニマル横町~どき☆どきボーカルベストの巻~>>
コメント
コメントの投稿












(※転送エラーや、スパム回避の禁止ワードなどにより、反映されない場合あり。送信前に本文をコピーしておくよろし。)

トラックバック
| ホーム |